北朝鮮問題、「制裁強化論」では、事態の悪化を招くだけ、知恵ある対応を!

 
 自民党と民主党の党首討論、期待していたが、内容が乏しかった。
 麻生首相の討論姿勢、この場を使って、国民に理解を求める場に使うべきだが、品もなく、野党攻撃ばかりで、あれでは顰蹙を買うだけだろう。
 その点、鳩山党首は、 無難なくやり過ごした点はよしとするが、「国民目線」と主張しながら、「国民生活」に発生している諸問題での切り込みがなかったのは残念である。
 まあ、初回だったので、よしとするが、次回から、年金問題や後期高齢者医療制度問題、介護問題、そして、現在最大の問題とも言える、雇用「確保」問題での切り込みに期待したい。
 
 北朝鮮問題、この状況になって、はじめて、「制裁強化」の方向では事態が悪化するばかりだとの声が、大きく報道されるようになってきた
 喜ばしい限りである。
 この問題については、私は当初から、「経済制裁」は、「戦争突入」前の戦争行動の一環の行動であり、「戦争のできない日本」にとっては、何ら効果を上げないだろうと予見していたが、その通りになっている。
 当初、アメリカの武力攻撃に期待をかけたのであろうが、アメリカが、度重なる武力攻撃の失敗で、「対話」路線を歩んでいる今日、その方向は取れないであろう。
 ならばと、知恵のない自民党や民主党の防衛族と称する政治家や評論家が、先制攻撃論や核武装化論を展開しているが、もし、日本がこの方向を選択するならば、アメリカは、北朝鮮への対応と違って、日本には武力攻撃を含むあらゆる選択肢を使って、日本に圧力をかけてくるであろう
 日本の政治状況は、きわめて危険な状況になっているといえよう。
 この問題については、憲法の改悪とそれに伴って、戦争を希求する、産経新聞や読売新聞はともかく、朝日新聞や毎日新聞等マスメディア各社は、もう少し、厳しい批判報道をすべきではなかろうか
 野党の、日本共産党や社民党の皆さんは、この問題に対して、強い国民的運動を起こすべきであろう。
 
・・・本日はこれまで・・・
広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中