福島原発3号機のプルサーマル発電を、何故隠す。 炉心溶融による、放射能汚染の拡大では? 災害復旧に早く対策費の捻出を!

木村建一 @hosinoojisan

重ねて問いたい。

福島原発3号機のプルサーマル発電を、何故隠す

炉心溶融による、放射能汚染の拡大では?

 

 政府・保安院や東電は、中央制御室に通電を殊更大きく報道させ、事態の改善に希望を持たせているが、私もそうあってほしいと願っているが、事態は、逆に、深刻な状況に至りつつあるのではないかと危惧している。

 その理由は、様々あるが、原子力圧力容器の致命的な欠陥である。

 異常時に対する(炉内圧力増加時)対応で、ベントという作業が行われるが、ウエットベントにせよ、ドライベントにせよ、放射能除去のフィルターが最初から設定されていないことである。

 関係者によると、設計時、原子力安全委員会の「必要ない」とボスの「鶴の一言で」、外されたことが、今回の事故の「放射能漏れ」の原因になっているようである。

 併せて、冷却水系統の異常《モータダウンあるいは、パイプ、バルブ等の損傷》で、圧力容器内での燃料棒露出による温度上昇による燃料棒溶融、再臨界の可能性が否定できない状況が阻止できなかった点である。

 アメリカの事故直後の報告で、中性子を確認という事が、一部で報道されていたが、この事故が深刻な事態に至っていることを示していると言えよう。

 原子爆弾や、原潜等を持ち、原発先進国と言われるアメリカが、80KM退避を打ち出したのも、科学的根拠があるからと言えよう

 一昨日のベーター線熱傷事故も、たまった水の中の異常放射能汚染と、放射能汚染物質例えば、セシウム、コバルト等は、核反応しなければ生成されないものであり、保安院は、半減期の少ない物質のみ公表している。

 中性子の活動で、核反応が生じれば、半減期の長い放射能物質も生成されている筈である。

 私は、極めて毒性の強い、そして半減期2万年と言われるプルトニウムの漏えいを危惧しているが、ウランの燃焼で、プルトニウムが生成され、プルトニウムの燃焼で、危険な物質が多数生成されていると懸念している。

 

 以上のように、考えると、事態は、政府・保安院・東電の発表以上に「深刻」な事態になっていると推量する。

 このような危険な状況は早く、解消すべきで、真剣に対応されている皆さんには、敬意を表するが、事実を、隠蔽、小出しにして、責任を逃れようとしている東電や東電に癒着した保安院の官僚は許せないと言えよう。

 

☆☆☆☆☆☆

 

災害復旧に早く対策費の捻出を!

 

 政府は、未曽有の大震災を受け、早急に復旧すべきであるが、財政不足の今日、予算案組み換え等で、費用をねん出すべきであろう

 例えば、法人税減税は、中止。既決予算の大プロジェクトは、当分の間凍結等、早急に対応すべきであろう。

 自民党の、片山さつき氏が、「朝生」で4Hの廃止を強調していたが、「子ども手当」より先に、法人税減税の中止を主張していれば、国民の支持を得られたと思うが、このような姿勢では、自民党の再生は困難であろう。

 もとい

 自民党の態度には疑問があるが、民主党、公明党、みんなの党?、日本共産党、社民党、国民新党等すべての政党で、震災対策には共通して対応できると思われる。善処を望みたい。

☆☆☆☆☆☆

JBPRESS誌と、現代ビジネス誌に、面白い記事が掲載されていたので、記録しておこう。

一つは、

「放射能汚染列島ニッポン、本当の恐怖はこれから」

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/5735

 

一つは、

「大災害を奇貨とした「民主・自民」大連立など百害あって一利なし」

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2316

・・・・本日は、これまで・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

福島原発3号機のプルサーマル発電を、何故隠す。 炉心溶融による、放射能汚染の拡大では? 災害復旧に早く対策費の捻出を! への1件のフィードバック

  1. shinsirou より:

    3号機の漏れた水から、プルトニウムが検出されないのはおかしいと思います。隠ぺいしているとしか思えません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中