スイッチ誤操作で冷却停止 福島第1原発2号機プール※ 漁業者「基本的に反対」 いわきで浄化後の水放出説明※ 戦意高揚 加担せぬ 高畑勲・降旗康男・山田洋次監督ら 秘密法反対映画人の会

owlmoon06_normal@hosinoojisan

スイッチ誤操作で冷却停止 福島第1原発2号機プール

漁業者「基本的に反対」 いわきで浄化後の水放出説明

戦意高揚 加担せぬ 高畑勲・降旗康男・山田洋次監督ら 秘密法反対映画人の会

グリーンピース、ナスカの地上絵を「破損」 ペルー政府激怒

福島第一で、ケアレスミスの事故が、多発傾向にある。

ハインリッヒの法則を考慮して対応をすべきであろう。

東電が、浄化後の水放出を漁業者に押し付けようとしているが、これは、問題であろう。

現代科学は、トリチウムの除去が不可能で、高濃度汚染水のままと言ってよい。

漁業者が反対するのは、当然と言えよう。

---

秘密保護反対映画人の会が、「戦意高揚」に加担しないと言う声明を発した。

歓迎したい。

---

グリーンピースが、バカな行動を起こして、国際的批判を招いている。

何かしら、世界のなかで、フールな行動を起こすものが増えている。

困ったものだ。

資本主義世界の退廃面が、もろに出始めたのであろう。

新しい世界への転換期と言っておきたい。

以上、雑感。

☆☆☆

スイッチ誤操作で冷却停止 福島第1原発2号機プール

2014/12/11 20:55 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121101001925.html

 東京電力は11日、福島第1原発2号機で11月に使用済み核燃料プールの冷却が一時的に停止するトラブルがあり、作業員が誤って周辺機器の運転スイッチに触れて切ってしまったのが原因だった可能性が高いと発表した。

 東電によると、プールの冷却停止は11月27日午後に発生した。冷却を制御する弁に空気を送るコンプレッサーと呼ばれる機器が停止して弁が閉じ、プールから水がくみ上げられなくなったことが原因と分かった。約5時間後に別の機器を起動して冷却を再開したため、燃料に異常はなかった。

当方注:

ハインリッヒの法則(1:29:300) を、思い起こすべきであろう。

☆☆☆

漁業者「基本的に反対」 いわきで浄化後の水放出説明

(2014年12月11日 福島民友ニュース)

http://www.minyu-net.com/news/news/1211/news8.html

 東京電力福島第1原発の建屋周辺の井戸「サブドレン」などから汚染地下水をくみ上げ、浄化後に海に放出する計画で、県漁連は10日、いわき市で、いわき地区の漁業者を対象にした説明会を開いた。国と東電は計画について「汚染水問題と事故収束に必要な対策だ」などと強調した上で、サブドレンと地下水ドレンの運用方針案を説明した。

 出席した漁業者からは「基本的に反対だ。放出される水は汚染されたもの。理由はそれ以上でも以下でもない」と否定的な意見が出た。同じ漁業者が野崎哲県漁連会長に対し「計画を受け入れるのか」と質問。野崎会長は「個人的な意見」とした上で「技術革新そのものは否定できない。地下水バイパスと同じ運用基準であるなら、受け入れてもらいたい」などと答えた。 11日には、相馬市で相双地区の漁業者を対象に開かれる予定。

当方注:

国と東電の説明には、致命的な欠陥がある。

トリチウムが、汚染されたまま海洋へ流されると言う事を、隠ぺいしている。

現在の科学水準では、トリチウムは、除染できない。

従って、政府と東電の説明を受け入れれば、福島原発周辺の水産業は、壊滅的被害を受けることとなろう。

これは、風評被害ではなく、事実なのだ!

☆☆☆

国と東電が漁業者に説明 浄化地下水の海洋放出計画

( 2014/12/11 08:30 カテゴリー:主要 ) 福島民報

http://www.minpo.jp/news/detail/2014121119771

 東京電力福島第一原発の建屋周辺にある井戸「サブドレン」からくみ上げた水を浄化して海に流す計画について、国と東電は10日、いわき市の小名浜魚市場で市内の漁業者を対象に説明会を開いた。水の浄化試験結果や運用内容などを示したが、漁業者からは反発の声が相次いだ。
約70人の漁業者が出席した。国と東電は計画の必要性や、浄化試験結果で地下水バイパス計画の安全基準を満たしたことなどを説明した。漁業者からは「(浄化したからといって)汚染された地下水だから反対だ」「流した瞬間に魚の市場価値が下がる。安全な水なら他県に持って行ってほしい」などの意見が出された。

 経済産業省資源エネルギー庁の糟谷敏秀廃炉・汚染水特別対策監は「(計画は)海側遮水壁工事などを進めるために必要。汚染水の増加が抑えられ、海の水質を改善できる。国としてできる限りの風評対策をする」などと語り、漁業者に理解を求めた。
11日は相馬市で相馬双葉漁協の漁業者を対象に説明会を開く。

☆☆☆

 ???

「海洋汚染なし」と評価 東電福島第一原発の汚染水漏れ

( 2014/12/11 08:32 カテゴリー:主要 ) 福島民報

http://www.minpo.jp/news/detail/2014121119774

 昨年8月に東京電力福島第一原発の地上タンクから約300トンの高濃度汚染水が漏れた問題で、原子力規制委員会は10日、汚染水漏れにより健康や環境への影響を懸念すべき海洋汚染はなかったとする評価結果をまとめた。

■IAEAに報告へ

 約300トンの漏えいは一連の汚染水漏れで最大量。規制委は6月、福島第一原発の実施計画に基づき東電から最終報告を受け、内容を精査していた。

 規制委は、評価の理由について、漏えい前後の放水口付近のモニタリング結果に有意な変動が見られないことを挙げている。タンク周辺の汚染土壌の掘削で、東電が、漏えいした汚染水に含まれるストロンチウム90の約80%を回収したと見込んでいることも根拠とした。

 作業員の被ばく線量については、年間線量限度を十分下回っているとし、懸念すべき被ばくはなかったと結論付けた。

 規制委は10日の定例会合で評価結果を了承した。今後、国際原子力機関(IAEA)に報告する。

当方注:

「問題ない」の「ないないづくし」のため、逆に信憑性が疑われる。

☆☆☆

与党、原発争点回避か 候補者調査に大半回答せず

(2014/12/11 21:45カテゴリー:政治) 福島民報

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2014121101002006

 市民団体「脱原発法制定全国ネットワーク」などは11日、衆院選の小選挙区候補者に原発再稼働の賛否を尋ねたアンケート結果を公表した。反対が大半を占めたが、再稼働推進の自民党と、容認姿勢の公明党の候補者はほとんど回答せず、同ネットワークは「与党が原発の争点化を避ける姿が浮き彫りになった」としている。

 アンケートは全候補者のうち、連絡が取れない3人を除く956人を対象に実施。10日までに360人が回答した。再稼働反対が319人と最も多く、賛成は24人だった。賛否を二択で尋ねたが、その他が17人いた。

☆☆☆

戦意高揚 加担せぬ 高畑勲・降旗康男・山田洋次監督ら 秘密法反対映画人の会

2014年12月11日(木) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-12-11/2014121101_04_1.html

 「特定秘密保護法に反対する映画人の会」は9日、二度と戦争のない社会を願い、戦意高揚の映画作りに加担することのないようにという強い思いは消えることはないとし、「同法廃止の日まで声をあげ続けていく」とする声明を出しました。

 会の呼びかけ人は、新藤次郎、高畑勲、羽田澄子、降旗康男、山田洋次の各氏。監督、脚本家や俳優の大竹しのぶさん、吉永小百合さんほか多くの映画人が名を連ねています

☆☆☆

秘密法施行「廃止を」さらに 自由はひるまない

2014年12月11日(木)  しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-12-11/2014121101_03_1.html

 国民多数の反対意見を無視して秘密保護法が施行された10日、全国各地で同法の廃止を求める集会や宣伝が行われました。


写真

(写真)秘密保護法施行許さないと首相官邸にむかって抗議する学生たち=10日

官邸前 声上げ続けるSASPLが

 特定秘密保護法に反対する学生有志の会(SASPL)は、昨日に続いて同日夜、首相官邸前で抗議行動を行いました。参加した1700人(主催者発表、午後8時現在)は音楽に乗せて「憲法守れ」「安倍はやめろ」とコールしました。

 SASPLのメンバーの奥田愛基(あき)さんは「秘密保護法は施行されたけど、僕たちはまだまだあきらめていません。声を上げていきましょう」と呼びかけました。

 横浜市の女性(21)は初めてデモに参加しました。「こうしてデモをすることすら制限されるかもしれない秘密保護法には反対です。声を絶やさないことで、廃止につなげていきたい」

 京都市から友人と参加した大学院生(27)は「法が施行されたことは、腹が立つし、怖い。けどここに今日声を上げに来た人がこんなにいる。声を上げ続けます」と官邸をにらみました。

 「安倍政権になってから戦争への危機感を感じています」と話す専門学校生(19)は東京都八王子市からの参加。「僕たちは黙ってはいけない。秘密保護法を廃止させるまで声を上げつづけたい

反対こそ民意 実行委が行動

 首相官邸前には午前、360人が駆けつけ、「私たちのたたかいで安倍内閣を包囲し、秘密保護法を必ず廃止に追い込もう」などと怒りの声をあげました。「秘密保護法廃止へ! 実行委員会」が主催したもの。

 日本出版労働組合連合会「特定秘密保護法」廃止特別委員会の前田能成事務局長は「言論、表現の自由を守るため、希代の悪法の廃止を求めてたたかっていく」と表明。日本体育大学の清水雅彦教授は「憲法研究者として、憲法違反の悪法だと論文に書くなど訴え続けます」と訴えました。

 「いてもたってもいられず、参加した」という女性(67)=東京都練馬区=は「『戦争する国づくり』を進める安倍首相に、秘密保護法反対が民意だと突きつけるため、声を上げ続けます」と語りました。

ジャーナリスト

 秘密保護法が違憲だとして東京地裁で裁判をたたかうフリージャーナリストらは、緊急シンポジウム「“廃止”をあきらめない」を東京都内で開き、100人を超える市民らが参加しました。

 原告でフリージャーナリストの寺澤有さんが「この法律は政治家と役人が自分たちの失敗や失政を隠すための法律。テロ防止や外交は、口実にすぎず、必ずこの法律を廃止させたい」と訴えました。

 集会では原告団が「国会議員の過半数が賛成すれば、いまからでも『秘密保護法』を廃止できる」とする声明を発表しました。

 シンポジウムでは、元日弁連会長の宇都宮健児弁護士が「情報公開の徹底が必要な日本が、この法律をつくったことは、これまで以上に情報の隠ぺいの危険が高まっている」と発言。刑法が専門の足立昌勝関東学院大名誉教授は、政府が導入を狙う共謀罪や盗聴範囲拡大と秘密保護法のかかわりについて発言しました。

牧 師

 「特定秘密保護法に反対する牧師の会」は9日夜、緊急集会を東京都千代田区のお茶の水クリスチャンセンターで開き、同法の施行に反対し、廃止を求めるアピールを発表しました。全国各地からプロテスタントのさまざまな教派の牧師、信徒ら160人が参加

 講演したノンフィクション作家の田中伸尚さんは、「同法が成立したあとも反対運動が継続し、人々の危機感も強い」と指摘。「それぞれの場で抵抗の核となる種をまき続け、戦争に向かうあらゆるものごとをかぎわける嗅覚を育て、意識を共有することが大切」と呼びかけました。

 集会に先立つ記者会見で、牧師の会の朝岡勝共同代表(徳丸町キリスト教会牧師)は、「同法は戦争する国づくりの中でつくられた。自由にものが言えなくなる社会を憂えている。私たちはこうしたことに敏感にならなければならない」と強調。呼びかけ人の城倉啓牧師(泉バプテスト教会)は、「同法は権力をしばるはずの憲法を、主権者をしばるものに変えようとし、立憲主義に反する。廃止法の国会提出を働きかけるなどあきらめずにたたかいたい」とのべました。 

☆☆☆

グリーンピース、ナスカの地上絵を「破損」 ペルー政府激怒

AFPBB News AFPBB News AFPBB News

16 時間前

【AFP=時事】国際環境保護団体グリーンピース(Greenpeace)が、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産に登録されているペルーの「ナスカの地上絵(Nasca Lines)」の横に、気候変動への対応を呼び掛けるメッセージを設置したことに対し、ペルー政府が遺跡を傷つけたとして猛反発している。グリーンピース側は10日、謝意を表明したが、同国政府は受け入れない意向を示した

 グリーンピースは同国の首都リマ(Lima)で開催されている国連気候変動枠組み条約第20回締約国会議(COP20)に合わせて、「ハチドリ」をかたどったナスカの地上絵の一つのすぐそばに「変化の時だ!将来は再生可能だ」のメッセージを設置していた。

ハチドリをかたどったナスカの地上絵(Nasca Lines)の一つ(2005年8月2日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

© AFPBB News 提供 ハチドリをかたどったナスカの地上絵(Nasca Lines)の一つ(2005年8月2日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

バカなグリーンピース(Stupid green peas)

写真は、AFP 【バカなグリーンピース(Stupid greenpeace)←当方】

 ペルー政府はこの行為を「攻撃」だと強く非難。「グリーンピースの違法行為により遺跡に深刻な影響が与えられた」として、実行した者の刑事責任を追及する考えを表明した。一方のグリーンピースは、働いてしまったかもしれない無礼について「深く憂慮している」との見解を表明。しかし、団体の代表と面会した同国政府高官は、団体側が「損害をもたらしたことを認めていない」として、「謝罪は受け入れなかった」という

 1994年に世界遺産に登録されたナスカの地上絵は、プレ・インカ(Pre-Inca)時代にあたる約2000年前に描かれたとされている。

【翻訳編集】AFPBB News

---

ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」付近に掲げられたメッセージ(グリーンピース提供、ロイター

グリーンピース1

ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」付近にメッセージを描くグリーンピースの活動家ら(8日、AP)

グリーンピース2

☆☆☆

付録

「集団的自衛権」篇 ネットCM

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=h78wW5bSYHc

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2014 December 11
See Explanation.  Clicking on the picture will download
 the highest resolution version available.

Moondog Night (幻月夜 )

Image Credit & Copyright: Martin Ratcliffe

☆☆☆

妻純子の状況:

ハートレート 85±10 で、推移中。 体温 36.5℃で、安定的推移。

他は、変化なし。

明日は、入浴日。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中