「シルトフェンス」は、「汚濁防止」に効果あるが、「放射能」はブロックできない⇒汚染雨水 月内にも港湾内へ ※ 震災関連死の増加「一番の問題」 シンポで福島・浪江町長

owlmoon06_normal@hosinoojisan

「シルトフェンス」は、「汚濁防止」に効果あるが、「放射能」はブロックできない⇒第一原発汚染雨水 月内にも港湾内

震災関連死の増加「一番の問題」 シンポで福島・浪江町長

「残業代ゼロ」制度:労基監督官「反対」半数 「指導の根拠失う」 労組アンケ

維新の党が上西氏除名⇒選定責任はどうなるの?

福一が、汚染雨水を今月内に「湾内」に「放出」する決定を行ったようである。

多くの皆さんが、湾内では、問題ないと認識されると思うが、それは、全くの誤りである

考えてみて欲しい。

もし、本当に安全ならば、ALPS等は不要で、全て湾内に放出すればよいのである

しかし、東電や政府は、湾内各所の汚染データを公表していない

相当の汚染が進行しているからであろう

しかも、シルトフェンスは、もともと汚泥防止幕で、放射能汚染はブロックできないのである。(詳しくは、当方注を見てください。)

そういう状況の中で、更に湾内放出を行えば、問題がさらに複雑化することとなろう

安易に、容認してはならないと言っておきたい。

---

大阪で、維新の党の女性議員問題、維新の党は、除名を決めたようだが、これで、トカゲのしっぽ切りは容認できない

もともと、維新の会は、「○×塾」とマスメディアで大宣伝し、候補者選定は、橋下自身が行った筈だ。

新人議員に対して、議員を育てるため、有能な?「公設第一秘書」の決定も、橋下指導部が行ったはず

今回の事案は、公設第一秘書が議員を籠絡し、議員を「支配下」に置いたことから問題が発生したと言われている。

参考までに、この秘書、自民党時代から品性がなく、問題があったようである

このような人物を決めた橋下指導部の責任はどうなるのであろうか

以上、雑感。

☆☆☆

「シルトフェンス」は、「汚濁防止」に効果あるが、「放射能」はブロックできない

第一原発汚染雨水 月内にも港湾内へ 排水路工事、東電が公開

( 2015/04/04 09:04 カテゴリー:主要 )福島民報

http://www.minpo.jp/news/detail/2015040421965

 東京電力は3日、福島第一原発で汚染雨水が港湾外の海に流れていた排水路と、港湾内に流れる別の排水路をつなぐ工事箇所を公開した。東電は、水をくみ上げる仮設ポンプなどの整備が進み、月内には排水先を港湾内に移せるとの見通しを示した。さらに、抜本的な対策として平成27年度内に、問題となった排水路の配管ルートを変え、港湾内に排水する計画を明らかにした

 仮設ポンプは8台ある。くみ上げた水は排水移送ラインを経由し、港湾内につながる排水路に合流する。その後、シルトフェンスなど海洋汚染を防ぐ対策やモニタリングが行われている港湾内に排水する。東電によると最大で毎時1700トンの水をくみ上げられるという。

 県は3日、東電などと結んだ安全確保協定に基づき、福島第一原発を立ち入り調査した。汚染水の処理状況を確認した樵隆男危機管理部長は「まだまだ課題は多いが、東電、国と連携し、対策を進めたい」と話した。

■「説明責任果たして」 県、東電に要望

 3日に東京電力福島第一原発を立ち入り調査した県の樵隆男危機管理部長は同原発の小野明所長と面会し、全ての放射線測定値を公表するとした東電の方針に対し、「情報を提供するだけではなく、説明責任も果たしてほしい」と要望した。小野所長は「しっかり情報発信する」と応じた。

 県からは樵部長の他、菅野信志原子力安全対策課長らが臨んだ。汚染雨水の排水路の仮設ポンプ設置工事状況などを確認したほか、東電の担当者から今後の汚染水対策について説明を受けた

 免震重要棟の緊急時対策室では社員らに対して感謝の意を伝えるとともに、「福島の復興には皆さんの力が必要不可欠」と激励した。
視察を終えた樵部長は「(廃炉作業は)進んだ点もあれば、新たな課題が見つかった点もある。県として労働者の安全管理にも目を向けていきたい」と話した。

 排水移送ラインを確認する樵部長(左から2人目)=3日午後2時20分ごろ(本社写真報道部長・猪俣広視撮影)

排水移送ラインを確認する樵部長(左から2人目)=3日午後2時20分ごろ(本社写真報道部長・猪俣広視撮影)

当方注:

通常、運転中原発は、年間、1~2兆ベクレルのトリチウムを海に放出しているが、福一の過酷事故の影響下にあるトリチウム汚染水は同一視できない

その理由は、様々な核種が完全に取り除けないためである

東電は、月々の港湾内各所の汚泥の検査結果を公表していないことがその査証言える。

オイルフェンス、おっと、シルトフェンスは、仕組みは単純で、一口で言えば、特殊な布をぶら下げているだけの構造である。

これは、汚濁水を防止する機能で、「放射性物質」を防御できるものではない

布にたまった汚泥が海底に落下する仕組みだけである

湾内には、このシルトフェンスから発生する汚泥が蓄積し、生息している様々な魚貝類が汚染され、汚染された魚貝類が、湾外に出て、食物連鎖で、湾外の魚貝類が汚染される構造は、阻止できないのである

今後大量の高濃度雨水が、不十分な処理で、湾内に放出されれば、汚染は拡大されるばかりである

ちなみに、地下水汚染水処理が能力いっぱいで、雨水等の処理能力には、疑問が残る。と言っておきたい。

トリチウムは人体に影響はないとIAEA等が主張するが、最近では、影響が懸念される事例が増えているようだ。

☆☆☆

被ばく管理せず車運行 富岡労基準署が是正勧告

(2015年4月4日 福島民友ニュース)

http://www.minyu-net.com/news/news/0404/news3.html

 東京電力福島第1原発事故に伴う旧警戒区域で車両通行などを監視する「車両巡回業務」で、富岡労働基準監督署が「特定線量下業務」に当たるのに被ばく線量の管理を怠ったなどとして、業務を行っていたいわき市のタクシー会社に是正勧告していたことが3日、内閣府などへの取材で分かった。

 内閣府や同社によると、同労基署が是正勧告したのは昨年8月で、対象は2012(平成24)年12月~13年3月に旧警戒区域内で車両を配置し、通行車両が脇道にそれないかなどを確認する業務。同社が内閣府から単独で委託を受け、車両約20台を使い、延べ約100人が従事した。

 特定線量下業務は、旧警戒区域などで空間線量が毎時2.5マイクロシーベルトを超える場所で行われる除染以外の業務。(1)被ばく歴調査(2)放射線教育(3)空間線量の事前調査〈4〉線量記録の交付―などを行う必要があるが、同社によると、特定線量下業務と認識せず、実施していなかったとしている。

タクシー会社「説明されず」

 同社は福島民友新聞社の取材に対し、「委託の打診から業務開始まで間がなく、車両準備や人集めで法令確認の時間がなかった。国から特定線量下業務に関する説明はなかった」とした。
内閣府は「法令確認などは、事業者に責任があると考えている」としている。

☆☆☆

(既報 再録)

容器水漏れ、濃度300万ベクレル 「結露」と思い公表遅れ

(2015年4月4日 福島民友ニュース)

http://www.minyu-net.com/news/news/0404/news7.html

 東京電力は3日、福島第1原発の汚染水処理に伴い発生する廃液をためる容器から水漏れがあった問題で、漏れた水の放射性物質濃度を調べたところ、放射性セシウムが1リットル当たり8700ベクレル、透過力が中程度のベータ線を出す放射性物質が同300万ベクレル含まれていたと発表した。

 また、東電は容器を収めているコンクリート製の箱に水がたまっていたことを作業員が3月30日に把握していたが「結露が原因」と判断し、水たまりについての公表が遅れた。

 東電によると、コンクリート製の箱の内部や容器のふたの周りなどにたまっていた水の量は約25リットルだった。また、同じ敷地内にある別の容器1基でも約1リットルの水たまりが見つかった。この水からは放射性セシウムが1リットル当たり9000ベクレル、ベータ線を出す放射性物質が同390万ベクレルを検出した。

 原因は調査中だが、容器内のガスを逃がす穴から出た水蒸気が結露した可能性があるという。容器はコンクリート製の箱に収まっているため外部への漏えいや作業員への汚染はないが、東電は他の容器でも水漏れなどの有無を調べている。

 容器を保管する施設は同原発4号機の南西側にあり、671基(3月12日現在)の容器を収容している。

☆☆☆

震災関連死の増加「一番の問題」 シンポで福島・浪江町長

2015年4月4日 21時37分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015040401001789.html

 東電福島第1原発事故で今も全域が避難区域になっている福島県浪江町の現状を話し合うシンポジウムが4日、早稲田大(東京)で開かれ、馬場有町長が、避難後に体調悪化で亡くなったり自殺したりする「震災関連死」が増え続け、約350人に上っていると報告、「一番気になる問題だ」と訴えた。

 馬場町長は事故前に約2万1千人いた町民が全都道府県に避難したと説明し「『将来は町に戻る』と言う若い世代もいる。町と避難先との二重の住民票を(政府は)認めてほしい」と語った

 町民約1万5千人が月10万円の慰謝料増額を申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)についても議論した。(共同)

 シンポジウムで福島県浪江町の現状について報告する馬場有町長=4日午後、東京都新宿区の早稲田大学

☆☆☆

米の爆心地、今も高線量 世界初の核実験場跡公開

2015/04/04 10:05 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201504/CN2015040401001278.html

 3日、米ニューメキシコ州の核実験場跡地で、爆心地の碑を撮影する報道関係者(共同)

 【ホワイトサンズ・ミサイル実験場共同】米ニューメキシコ州アラモゴード近郊の「トリニティ・サイト」で世界初の核実験が行われてから7月で70年になるのを前に、実験場跡が3日、メディアに公開された

爆心地では今も高い放射線量を観測。実験に携わった技術者は、取り返しのつかないことになったと人類史上かつてない爆発の威力を振り返った。

 トリニティ・サイトはホワイトサンズ・ミサイル実験場の中にある。実験場入り口から約40キロ車で走ると、フェンスで囲まれた雑草の茂る砂地に「グラウンド・ゼロ」を示す溶岩の碑がある。

☆☆☆

「残業代ゼロ」制度:労基監督官「反対」半数 「指導の根拠失う」 労組アンケ

毎日新聞 2015年04月03日 東京夕刊

http://mainichi.jp/shimen/news/20150403dde041010073000c.html

 高年収で専門的な業務に就く労働者を労働基準法の時間規制から除外する「ホワイトカラー・エグゼンプション」(残業代ゼロ制度)について、労働組合の全労働(森崎巌委員長)が労働基準監督官にアンケートを実施したところ、過半数が「反対」と答えた。同制度を盛り込んだ労働基準法改正案が3日に閣議決定され、厚生労働相は同案を今国会に提出するが、「身内」の監督官にも反対の声が根強いという実態が浮かんでいる。【東海林智】

 全労働は、厚労省や都道府県の労働局、労働基準監督署、ハローワークなどで働く職員らで組織する労働組合で、組合員は約1万6000人。

 アンケートは、現場で働く労働基準監督官約2000人を対象に昨年11月に実施し、1370人から回答を得た。

 それによるとホワイトカラー・エグゼンプションの導入に「賛成」は13・3%、「反対」は53・6%、「どちらとも言えない」が33・1%で、反対が半数を超えた。

 同制度の導入による影響については、「長時間・過重労働がいっそう深刻化する」が73・4%、「長時間労働が抑制され効率的な働き方が広がる」は4・2%、「わからない」が22・4%で、懐疑的な立場が多数を占めた。

 東京都内の監督署に勤務する監督官は、毎日新聞の取材に「残業に対する企業の意識を変えないまま労働時間の規制から除外したら、残業させ放題になる」と制度を批判する。北関東の監督官は「労働時間の規制は労働者を守るための基本。それを除外することは、監督指導の根拠を失うことにもつながる」と指摘した。

 アンケートの結果について、厚労省の幹部は「現場の監督官から懸念の声があることは深刻に受け止める。理解してもらう努力が必要だ」と話した。森崎委員長は「現場を知る監督官の声に耳を傾け、結論を急がずに制度の是非を検討してほしい」と十分な議論を求めている。

 労働基準監督官は働く人の職業生活や健康を守り、労働条件の確保と改善を図ることを任務とする専門官。法令などに基づき、工場や事務所への立ち入り、労働実態の調査、事業主に対する指導などを行う。

 全国の労働局や労働基準監督署に約3000人が配属されている。

☆☆☆

実質賃金22カ月連続減 賃上げ、物価上昇に追いつかず 毎月勤労統計

2015年4月4日(土) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-04-04/2015040401_03_1.html

 厚生労働省が3日発表した2月の毎月勤労統計調査(速報)によると、物価上昇を加味した実質賃金指数は前年同月比2・0%減となりました。下落は22カ月連続となりました。賃金の上昇が、安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」による物価上昇に追いついていないことが改めて示されました。

 厚労省はおおむね3年に1回、調査対象の事業所を入れ替えており、今回同時に発表された1月確報で過去にさかのぼってデータを修正しました。その結果、賃金水準が下方修正され、実質賃金が2月で22カ月連続前年割れとなりました。1月(確報)は2・3%減となり、下落幅が速報値より拡大しました。

 2月の現金給与総額(名目)は前年同月比0・5%増の26万1344円、基本賃金にあたる「所定内給与」は0・5%増の23万8883円でした。

☆☆☆

これは、議員はもとより「維新の公設第一秘書」の問題では?

維新の党が上西氏除名 都構想、選挙への影響懸念

(2015/04/04 23:45カテゴリー:主要) 福島民報

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2015040401001402

 維新の党は4日、大阪市内で党紀委員会を開き、2015年度予算案を採決した衆院本会議欠席をめぐる問題で、上西小百合衆院議員(比例近畿ブロック)を除籍(除名)とする処分を決めた。松野頼久幹事長が記者団に明らかにした。衆院会派からも除名するとしており、近く衆院事務局に届け出る

 これに先立ち、傘下の政治団体「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)も除籍処分を決定。大阪都構想の賛否を問う住民投票や統一地方選への影響拡大を避けるため、厳しい姿勢を示した。

 松野氏は党の処分理由について、本会議欠席に関する手続き上の問題はなかったとした。

当方注:

この問題、候補者の選定および、公設秘書を選定をした「維新の会」そのものの責任はどうなるの?(○×塾等を大げさに開き、橋本自身が選定し、応援した筈)

どうも、公設秘書の資質が悪く、議員が籠絡された形のようである。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2015 April 4
See Explanation.  Clicking on the picture will download
 the highest resolution version available.

Voorwerpjes in Space (宇宙のハニーオブジェクトたち)

Image Credit: NASA, ESA, William Keel (Univ. Alabama)

説明: 神秘的な「ハニー Voorwerp」、「ハニ ーのオブジェクト」のオランダ語は本当に巨大であり、天の川銀河のサイズについては、緑色の光の中で強く光るイオン化された酸素原子によって生成されます。古代銀河合併により、照らされた遠い渦巻銀河 IC 2497 の中心に生息するクエーサーの爆発によりイオン化された材料の潮汐の尾であると考えられます。オランダ語教師のハニー バン アルケル氏は、 オンライン ギャラクシー動物園プロジェクトに参加しながら、エキサイティングな検索をして、 2007年発見以来 8 つのより不気味な緑宇宙の機能の発見をしています。これらのパネルにハッブル宇宙望遠鏡によってイメージを合成、すべての 8 つエネルギッシュなコアを持つ銀河近くに表示されます。

☆☆☆

妻純子の状況:

状況に変化なし。

北九州、現在猛嵐中。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中