第一原発、7回目の汚染雨水流出…対策後なお ※ 大阪で2万人が反対デモ 参院審議大詰めを迎え ※14日に辺野古取り消し表明 沖縄県、知事会見を発表 ※ 難民受け入れ賛否巡り欧州各国でデモ

owlmoon06_normal@hosinoojisan

第一原発、7回目の汚染雨水流出…対策後なお

大阪で2万人が反対デモ 参院審議大詰めを迎え

14日に辺野古取り消し表明 沖縄県、知事会見を発表

難民受け入れ賛否巡り欧州各国でデモ相次ぐ

今日は、特筆すべき情報が少なかった。

ただ、EUでの「難民受け入れ問題」は、考えさせられることが多い

難民には、「戦争難民」「経済難民」「政治難民」というのがある。

「戦争難民」「政治難民」については理解できるが、・・・・

とはいっても、アメリカの経済侵略の延長線上にある「戦争難民」「政治難民」については問題意識を持っている

9.11にせよ、原因は、イラク戦争が、根源となっており、アメリカの石油権益確保という「侵略戦争」が誘因した事象と言えよう。

9.11以降、アメリカは、「有志連合」なるものを作って、「有志連合」に攻撃をさせている。

今回の「戦争法案」は、EU・NATO諸国が、「有志連合」の離脱・縮小を穴埋めするために、USAによって、画策されたものと見るべきであろう(従って、このような難民を作らないためにも、アメリカの侵略戦略にSTOPをかける以外にない。)

この法案が成立すれば、確実に自衛隊員や外交官、NGO等の命が奪われることとなろう

何としても、辞めさせる必要があると、強く主張しておきたい。

以上、雑感。

☆☆☆

第一原発、7回目の汚染雨水流出…対策後なお

2015年09月12日 13時23分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150911-OYT1T50149.html?from=ytop_ylist

 放射性物質入りの雨水はまた海に流れた。

 東京電力は11日、福島第一原発の排水路から汚染雨水が外洋流出したと発表した。防止対策を実施した4月以降、7回目。最近は強めの雨が降るたびに流出しており、東電の対応や見通しの甘さを指摘する声が上がった。

 流出が相次いでいるのは「K排水路」。東電によると、11日の流出は午前3時過ぎから午前7時過ぎにかけて計3回、断続的に続いた。原因は今回も「ポンプのくみ上げ能力を超える雨が降ったため」だった。

 K排水路の出口は外洋につながる海にあり、東電は4月、出口近くにせきを設けてたまった水をくみ上げるポンプを8台設置した。K排水路には原発事故で飛び散った放射性物質が入った雨水が流れ込んでおり、東電は昨年から濃度の高さと外洋流出に気付きながら伏せていた。ポンプ設置などの対策は、漁業者や地元自治体から強い批判を受けたのがきっかけだった。

 ポンプの設置後、くみ上げた水は外洋とは区切った港湾内につながる別の排水路に流しており、東電は今年度内にK排水路の出口を港湾内に付け替える工事を実施中。8台のポンプは1時間あたり14ミリの雨までくみ上げられるが、東電の担当者は「水がないのにフル稼働を続けるとポンプに負荷がかかるため、水位に応じて動き出す台数が変わる仕組みにしている。急に強い雨が降ると対応しきれない」と説明する。

 福島県は、排水路の上流側にポンプを増設するよう求めているが、東電側は「上流側の排水路は地下にあり、設置する場所がない」と主張して従っていない。東電は流れ込む雨水を減らすためとして新排水路の建設も進めているというが、完成は年末の見込み。県の担当者は「再発防止を求めているが流出は続く。東電は甘すぎる」と批判している

☆☆☆

人文字で「NO WAR」 安保法案に反対の市民ら

(2015/09/13 17:48カテゴリー:社会)

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2015091301001509

 参院で審議が続く安全保障関連法案に反対する市民団体が13日、広島市中区の公園で集会を開き、主催者発表で約7千人が「NO WAR NO ABE」の人文字をつくり、抗議の声を上げた。

 市民団体は「ストップ!戦争法ヒロシマ集会実行委員会」。被爆者や大学生、小さな子どもの家族連れなども参加し、「9条守れ」「戦争NO」などのプラカードを掲げて「私たちの思い国会に届け」と叫んだ。

 2児の母である広島市の内野知恵さん(29)は「子どもたちを戦地に行かせるわけにはいかない。過去から武力で平和はつくれないと学んだはずだ」と訴えた。

☆☆☆

安保法案:大阪で2万人が反対デモ 参院審議大詰めを迎え

毎日新聞 2015年09月13日 21時05分

http://mainichi.jp/select/news/20150914k0000m040029000c.html

安全保障関連法案反対のシュプレヒコールを挙げて御堂筋をデモ行進をする人たち=大阪市中央区で2015年9月13日午後5時56分、山崎一輝撮影

安全保障関連法案反対のシュプレヒコールを挙げて御堂筋をデモ行進をする人たち=大阪市中央区で2015年9月13日午後5時56分、山崎一輝撮影 拡大写真

安全保障関連法案反対のデモに集まった人たち=大阪市西区で2015年9月13日午後4時34分、山崎一輝撮影

安全保障関連法案反対のデモに集まった人たち=大阪市西区で2015年9月13日午後4時34分、山崎一輝撮影 拡大写真

安全保障関連法案反対のシュプレヒコールを挙げて御堂筋をデモ行進する人たち=大阪市中央区で2015年9月13日午後5時40分、山崎一輝撮影

安全保障関連法案反対のシュプレヒコールを挙げて御堂筋をデモ行進する人たち=大阪市中央区で2015年9月13日午後5時40分、山崎一輝撮影 拡大写真

安全保障関連法案反対のシュプレヒコールを挙げて御堂筋をデモ行進する人たち=大阪市中央区で2015年9月13日午後6時47分、山崎一輝撮影

安全保障関連法案反対のシュプレヒコールを挙げて御堂筋をデモ行進する人たち=大阪市中央区で2015年9月13日午後6時47分、山崎一輝撮影 拡大写真

 安全保障関連法案の参院審議が大詰めを迎え、法案に反対する学生団体「SEALDs KANSAI(シールズ関西)」などが呼びかけた「戦争法案に反対する関西大行動」が13日、大阪市内であった。政府・与党が今週中の成立を目指す中、主催者発表で約2万人が御堂筋をデモ行進し、「戦争法案絶対反対」「今すぐ廃案」と訴えた。

 シールズ関西の他、京都、滋賀など関西2府4県で法案に反対する若者らの10団体が参加した。スタート地点となった大阪市西区の靱(うつぼ)公園では、シールズ関西のメンバーで、関西学院大4年の寺田ともかさん(22)が「今決めるべきことがあるとすれば、この欠陥法案を廃案にすることです」とスピーチ。大阪府寝屋川市の高校3年の女子生徒(17)も「武力ではなく、話し合いで解決しようと呼びかけることが本当の積極的平和主義ではないですか」と訴えかけた。参加者は「私の国に、戦争はいらない」「憲法守れ」などと書かれたプラカードを手に歩いた。

 デモには、公明党の支持母体である創価学会の会員の姿も。兵庫県姫路市の山川知子さん(59)は創価学会の「三色旗」を描いたプラカードを持って行進。「公明党はもはや政権のブレーキ役ではなく、法案成立に向けて一緒にアクセルを踏んでいる。目を覚まし、軍事力で平和は築けないと考え直してほしい」と話した。【遠藤孝康】

関連記事

☆☆☆

14日に辺野古取り消し表明 沖縄県、知事会見を発表

2015年9月13日 19時10分 東京新聞 (共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015091301001603.html

 沖縄県の翁長雄志知事は、14日午前10時から県庁で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認取り消しを表明する。沖縄県が13日、会見の予定を正式に発表した。

 国と県が8月から実施した普天間問題に関する集中協議は決裂し、政府は今月12日、辺野古沿岸部で移設関連作業を再開した。

 翁長氏は7月、自らが設置した有識者委員会から、仲井真弘多前知事による埋め立て承認に「法的な瑕疵がある」との報告書を受け取っていた。(共同)

米軍普天間飛行場の移設に向け、関連作業が再開された辺野古の海上でにらみ合う、反対派(左)と海上保安庁の船

 米軍普天間飛行場の移設に向け、関連作業が再開された辺野古の海上でにらみ合う、反対派(左)と海上保安庁の船=13日、沖縄県名護市

☆☆☆

難民受け入れ賛否巡り欧州各国でデモ相次ぐ

9月13日 9時53分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150913/k10010232181000.html

難民受け入れ賛否巡り欧州各国でデモ相次ぐ

k10010232181_201509131015_201509131016.mp4

中東などからの難民が急増しているヨーロッパでは、各国で難民の受け入れを分担する案を検討していますが、賛成派と反対派の市民デモが、各国で相次ぎ、域内の世論は二分しています。

ヨーロッパに中東のシリアなどから大勢の難民が押し寄せていることを受け、EU=ヨーロッパ連合は難民の受け入れ数を16万人まで引き上げ、各国で分担して受け入れることを義務づける案を今月14日の内相会議で協議することにしています。

これを前に、12日、ヨーロッパ各地で難民の積極的な受け入れに賛成する市民と、反対する市民が大規模なデモを行いました。

このうち、ポーランドの首都ワルシャワではおよそ2万人が集まり、EUから新たに求められた9000人を超える難民の受け入れに反対の声を上げました。

難民の受け入れには、東ヨーロッパの国が反対していて12日は、このほかスロバキアでも義務化に反対するデモが行われました。

一方、イギリスのロンドンでは、政府が5年間で2万人を受け入れると独自に示した方針では不十分だとして、数千人がさらに増やすよう訴えました。

このほか、デンマークやスペイン、ポルトガルでも人道的な立場から紛争地からの難民を積極的に迎えるべきだと大勢の市民がデモを行いました。

二分する世論を背景にヨーロッパ各国の主張の隔たりは深まっており、EUがどこまで一致した対応を打ち出せるか予断を許さない情勢です。

当方注:

アメリカの石油資本の権益強化を目的に進められた、USAの中東政策によって、イラクやシリア等の「政府」が破壊された結果、生じている問題である。

従って、この政策に加担した「NATO」を中心とした「有志連合」諸国はその責任を果たすべきであろう

いわゆる「テロ戦争」も、イラク戦争後 勃発、USAの9.11だけでなく、スペイン等も「列車爆破」事件等で、犠牲を蒙った以降、「有志連合」を離脱した国が多い。(17か国以上) イギリスも、縮小と、撤退を表明している。

「有志連合」関係国は、人道的側面もあるが、難民発生の「根本的責任」を果たすためにも、「難民」を受け入れる責任があろう

「戦争法案」は、多くの国が『有志連合』を離脱した穴埋めに、日本を参加させようとする側面があり、「同じ命題」を「招く」こととなろう。

蛇足だが、アメリカは、「有志連合」を前面に出し、表に出ない『作戦』である。

☆☆☆

シリア難民優遇:イラク人らが反発 ギリシャ・コス島

毎日新聞 2015年09月13日 13時56分(最終更新 09月13日 16時54分)

http://mainichi.jp/select/news/20150913k0000e030140000c.html

廃墟になったホテルで暮らすパキスタン人移民ら=ギリシャ東部コス島で8日

廃墟になったホテルで暮らすパキスタン人移民ら=ギリシャ東部コス島で8日 拡大写真

コス島の位置

コス島の位置 拡大写真

 中東やアフリカからトルコ経由で欧州を目指す難民・移民の「玄関口」にあたるギリシャ・コス島で、シリア難民と他国出身者の間の緊張が高まっている。

ギリシャ本土への渡航のための登録手続きで、内戦を逃れたシリア難民が特別扱いされ、貧困からの脱出や、より良い仕事への就職が目的の経済移民とみなされるイラク人やパキスタン人が「人種差別だ」などと反発しているためだ。

 今月7日、コス島にとどまるイラク人のうち約200人が対応の改善を求めてデモを繰り広げた。参加した元IT技師のバッサム・アドナンさん(31)は「シリア人が優先されているのは人種差別。自分は政治難民」と主張する。バグダッドで要人警護に関するコンピューターのソフトウエアを担当していたため、武装勢力とみられる男から「情報を渡せ」と脅迫電話を受け、出国を決心したという。

 シリア難民は登録手続きを担当するコス市中心部の警察署前にテントを張って待機しているが、資金に余裕のないパキスタン人やアフガニスタン人は、閉鎖されて廃虚となった郊外のホテルに集まっている。パキスタン東部ラホール出身のナジールさん(25)は「貧乏なので、ドイツで職にありつきたい」と25日間、登録書類ができるのを待ち続けている。

 ヨルゴス・キリツィス・コス市長(55)は毎日新聞のインタビューに「シリア人は戦争難民なのですぐに登録されるが、パキスタン人、アフガニスタン人、イラク人は経済移民だ。彼らは本国に送還されなければならず、手続きが異なるのが理由だ」と説明する。

 廃虚のホテルで食料を配布する非政府組織(NGO)「暫定難民援助」によると、イラク人やパキスタン人の中にはパスポートを故意に破棄して「シリア人だ」と言い張るケースもあるという。このため、キリツィス市長は「島にいる難民・移民約4000人の大半はシリア難民だが、虚偽申告もあるため正確な人数は分からない」と話している。【コス島(ギリシャ東部)で福島良典、写真も】

関連記事

☆☆☆

山形市長に佐藤氏=安保推進の与党勝利

(2015/09/14-00:29)2015/09/14-00:29 JIJICOM

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015091400005

 任期満了に伴う山形市長選が13日投開票され、無所属新人で元経済産業省職員の佐藤孝弘氏(39)=自民、公明、次世代、改革推薦=が、元防衛省職員の梅津庸成氏(48)=民主、共産、社民、生活推薦=、飲食店経営の五十嵐右二氏(64)の無所属2新人を破り、初当選した。投票率は56.94%(前回47.60%)。

 市長選は、今国会の焦点である安全保障関連法案をめぐる与野党対決と同様の構図だった。国会審議が大詰めを迎える中、佐藤氏が法案反対を掲げた梅津氏に競り勝ったことで、与党は粛々と採決を進める方針だ。

 佐藤氏は、約50年間続いた非自民系市政からの転換を掲げ、医療関連産業の集積による雇用確保や健康寿命を延ばす政策を主張。市長選と法案を絡めない戦略を取り、地元選出の遠藤利明五輪担当相らの支援を受けた。

 一方、梅津氏は「法案は違憲の可能性がある」と主張。学生時代の恩師で、衆院特別委員会の参考人質疑で法案を違憲と断じた小林節慶応大名誉教授や、山形県の吉村美栄子知事らの応援を受けたが、及ばなかった。五十嵐氏はしがらみのない市政運営を主張したが、浸透しなかった。

◇山形市長選当選者略歴
佐藤 孝弘氏(さとう・たかひろ)東大法卒。経済産業省職員、日本経営合理化協会職員を経て07年3月から東京財団研究員。39歳。北海道函館市出身。当選1回。

◇山形市長選確定得票
当 56,369 佐藤 孝弘 無新
54,596 梅津 庸成 無新
3,737 五十嵐右二 無新

当方注:

約1800票差で、しかも、自民党の現職国会議員がいる中で、互角に闘ったと言ってよいだろう。

これをもって、「戦争法案」が認知されたと主張はできないであろう。むしろ、ここまで、「反対」が強いと言う事を知るべきであろう。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2015 September 13
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

A Partial Solar Eclipse over Texas (テキサスの上の部分日食
Image Credit & Copyright:
Jimmy Westlake (Colorado Mountain College) & Linda Westlake

  説明:
大部分の太陽がなくなっていたこと以外は、典型的テキサス日暮れでした。
サンのなくなった部分の位置はミステリーでありませんでした-それは月の後にありました。
2012年に起こった部分日食にかかるより面白いイメージの1つが、一時的に三日月形のブラシの後の赤くされた空の太陽の位置と風車。

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート90±10、体温36.5℃。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中