もんじゅ運営「失格」の烙印に首相&高木大臣が頭抱えるワケ ※共産「戦争法廃止」の1千万署名開始へ シールズなどと連携

owlmoon06_normal@hosinoojisan

もんじゅ運営「失格」の烙印に首相&高木大臣が頭抱えるワケ

共産「戦争法廃止」の1千万署名開始へ シールズなどと連携

大阪W選「現地ルポ」 聴衆まばら…橋下維新は予想外の不人気

今日は、特別に記録すべき報道が少なかったので、このまま終了したい。

☆☆☆

もんじゅ運営「失格」の烙印に首相&高木大臣が頭抱えるワケ

2015年11月7日  日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/168763

無視したくてもできない…(C)日刊ゲンダイ

無視したくてもできない…(C)日刊ゲンダイ 拡大する

 福井県敦賀市にある高速増殖炉「もんじゅ」について、原子力規制委員会が「日本原子力研究開発機構」(JAEA)には“運営能力ナシ”の判断を下したが、これに安倍首相と高木復興相が頭を抱えている。核燃料サイクルの主役である「もんじゅ」の存続に赤信号がともったことはもちろん、JAEAという組織自体にバッテンが付いたようなものだからだ。

 JAEAはもんじゅ以外に全国に原子力関係の研究施設を抱えていて、事故を起こした福島原発の廃炉にも関わっている。

先月19日には福島県楢葉町に廃炉研究の中核となる「遠隔技術開発センター」をオープンさせたばかり。「原発の廃炉技術開発の世界的拠点をめざす」というもので、研究棟には国内最大級のスクリーンを使い3D画像で廃炉作業を体験できる設備がウリだ。開所式には馳文科相とともに安倍首相がわざわざ出席し、高木復興相も顔を並べていた。

「もんじゅの運営で『失格』の烙印を押されたJAEAが、世界に類例のないほど技術的に困難だといわれている『廃炉』で指導力を発揮できるのか、という疑問符まで付けられることになりかねません」(自民党関係者)

 特に「もんじゅ」の地元選出の高木復興相は、JAEAとはズブズブの関係だ。高木復興相の政党支部と資金管理団体が、JAEAの業務を請け負う企業3社にパーティー券354万円(98~06年)を購入してもらっていたことが報じられ、問題になったこともある。

「原子力規制委員会は余計なことをしてくれた、というのが政府・自民党の大方の感想でしょう。

規制委にもんじゅの運営主体を判断する権限まであるのか。規制委の勧告に強制力はありませんが、無視したら世論から批判を浴びるのは間違いない」(前出の自民党関係者)

 下着ドロに加え、選挙区内で香典を支出した公選法違反疑惑で追い詰められている高木復興相にとっては、弱り目にたたり目だ。

☆☆☆

共産「戦争法廃止」の1千万署名開始へ シールズなどと連携

2015.11.9 22:55更新 産経新聞
http://www.sankei.com/politics/news/151109/plt1511090025-n1.html

 共産党は9日の常任幹部会で、市民団体が2千万人を目標に今月始めた「戦争法廃止」を求める署名活動に関し、同党として半分の1千万人の署名集めに向け積極的に活動することを決めた。山下芳生書記局長は記者会見で「この運動の前進が戦争法廃止の要となる」と説明し、「自主的な取り組みだ」と強調した。市民団体には学生団体「SEALDs(シールズ)」などが加わっている。

関連ニュース

SEALDs、今度は「辺野古移設」で反対 会見で「民意無視の政府に怒り」

☆☆☆

大阪W選「現地ルポ」 聴衆まばら…橋下維新は予想外の不人気

2015年11月9日  日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/168989

素通りする人も(中央が市長選の吉村候補)/(C)日刊ゲンダイ

素通りする人も(中央が市長選の吉村候補)/(C)日刊ゲンダイ 拡大する

「どちらの候補がマシか選んでくださいよ」

 11月22日に投票される「大阪ダブル選挙」の最初の日曜日。雨が降りしきるなか、8日、大阪維新の橋下徹市長がこう声を張り上げた。知事選、市長選とも事実上、自民と維新の一騎打ちになっている。

「最新の世論調査では、府知事選は維新の松井知事が20ポイントの差をつけて優勢。市長選は当初、自民の柳本顕候補がリードしていたが、維新の吉村洋文候補が猛追し、いまは横一線です」(在阪ジャーナリスト)

 ただ、街頭の空気は意外なほど維新に冷たい。「大阪都構想」の住民投票が5月に行われたばかりとあって、「また都構想が争点なのか」と冷ややかだ。

 前日の土曜日の夕方、駅前で行われた街頭演説。橋下市長が登場したが、素通りする人も多く、聴衆はまばら。「さよなら維新」と書かれたポスターがあちこちに貼られ、以前のような熱狂的な維新人気は感じられない

 さらに思わぬ“敵”も出現。自民、民主、共産党だけでなく、学生団体「SEALDs」と友好関係を結ぶ大阪の「SADL」も、反維新として活動を展開している。

 維新のネックは敵の多さだけでない。市長候補の吉村洋文氏(40)について、怪情報が流れている。

「吉村さんは妻子がいるのに北新地のホステスに入れ込み、毎晩のように豪遊しているという話が流れているのです。大阪のホステスらしき人物がツイッターに書き込んだことで、一気にウワサが広がっています。たしかに吉村さんは、北新地で遅くまで飲むことが多かった」(大阪市議会関係者)

 吉村候補の事務所に怪情報について確認すると、「プライベートなことはお答えできない」とのことだった。

 松井知事もこの日、庶民とかけ離れた金銭感覚を露呈。自身の給料を1500万円だと明かし、「その程度なんです」と演説

これには会場もシーン。果たして大阪の有権者はどっちの「マシ」な候補を選択するのか。

☆☆☆

外務省:「13%が援助交際経験」撤回を…国連側に抗議

毎日新聞 2015年11月10日 01時23分(最終更新 11月10日 01時39分)

http://mainichi.jp/select/news/20151110k0000m040140000c.html

 外務省は9日、子どもの人身売買やポルノ問題を担当する国連特別報告者が「日本の女子生徒の13%が援助交際を経験している」と客観的な根拠に基づかず発言したのは不適切だとして、窓口の国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に抗議し、発言撤回を求めたと発表した。

 国際社会での日本の名誉を不当に傷つける動きに厳しく臨むとした安倍政権の対応の一環。政府として、来年3月に国連人権理事会へ提出予定の報告書に客観的証拠に基づかない数値を書き込まないよう特別報告者に強く働き掛ける。(共同)

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

2015 November 9

https://youtu.be/vgfWH3g9kpY

Assembly of The International Space Station
Animation Credit:
NASA‘s Johnson Space Center

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート85±10、体温37.4℃でやや高めなるも、問題はない様である。

他は変化なし。

今日は、男性の師長が研修に来たので、患者家族から見た問題点を指摘しておいた。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中