ノーベル賞作家、来春に福島訪問 「チェルノブイリ以上」※福一汚染水漏れ続く 機器劣化も進行 トラブル温床に ※SEALDs 銀座をデモ行進 「憲法守れ!」と数千人 ※原発ノー 銀座大行進も

owlmoon06_normal@hosinoojisan

ノーベル賞作家、来春に福島訪問 「チェルノブイリ以上」

福一汚染水漏れ続く 機器劣化も進行 トラブル温床に

SEALDs 銀座をデモ行進 「憲法守れ!」と数千人

佐高信氏「は使いものにならない秘書官だった」「菅はゲッペルスのよう。いやらしい男だ」「公明党に仏罰を」

 

今日は、何となく時間が経過し、気が付けば、朝。

まとめをする時間を失したので、記録のみで、終了する。

 

☆☆☆

ノーベル賞作家、来春に福島訪問 「チェルノブイリ以上」

2015年12月6日 23時28分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015120601001786.html

 【ストックホルム共同】今年のノーベル文学賞を受けるベラルーシの女性作家スベトラーナ・アレクシエービッチさん(67)が6日、授賞式を前にストックホルムで記者会見した。東京電力福島第1原発事故について「チェルノブイリ事故以上に原子力エネルギーの危険性を世界に示した」と強調し、来年春に福島を訪問する意向を示した。

 訪日は自らの著書の出版に関連したもので、福島原発の近くや大学で行事に出席するという。

 アレクシエービッチさんは、チェルノブイリ原発事故で被害を受けた人々の証言を集めたノンフィクション作品「チェルノブイリの祈り」で知られる。

スベトラーナ・アレクシエービッチさん(共同)

スベトラーナ・アレクシエービッチさん(共同)

☆☆☆

福島第一汚染水漏れ続く 機器劣化も進行 トラブル温床に

2015年12月6日 東京新聞 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201512/CK2015120602000108.html

写真

 東京電力福島第一原発で、配管の劣化や工事ミスにより、汚染水が漏えいするトラブルが相次いでいる。いずれも漏れた量は多くはなく、周辺の堰(せき)内で食い止められた。ただ、事故から五年近くがたち、機器の劣化が進むことから、大きなトラブルが起きる前に芽を摘んでおく必要がある。

 最近、漏えいが集中的に起きているのが、淡水化装置。建屋地下の高濃度汚染水から放射性セシウムを除去した処理水から、特殊な膜を通して塩分を除去する装置だ。二〇一一年六月に稼働し、事故収束用に設置された機器の中で最も古い部類に入る。

 この装置で今年八月、ステンレス製の配管と配管を溶接した部分から霧状の汚染水が噴き出しているのが見つかった。

 その後の調査で、設置時に配管の金属が十分に溶けて接合されていなかった。配管には、処理する水を送る高圧ポンプの振動が伝わり続け、時がたつうち溶接不良の部分に無理な力がかかり続け、ひびが入った。

 十月には塩化ビニール製の配管が破断し、一リットル当たり五五〇ベクレルの放射性セシウムを含んだ汚染水約一トンが漏れた。配管の端に切れ込みを入れ、この部分を挟み込んで装置に固定していたが、ポンプの振動が切れ込み部に伝わり続け、配管全体が割れた。十一月にも、ステンレス製配管同士をつなぐ金具から汚染水が約〇・三トン漏えいしていた。

 淡水化装置以外では、十一月五日、2号機にたまる高濃度汚染水を別の建屋に移送する樹脂製の配管から漏れた。その後の調査で、五月下旬に建屋の配管貫通部周りを止水材でふさぐ工事をした際、白熱灯が配管に接触。そのまま作業を続け、配管の表面が過熱して溶けた。その後、弱くなった部分に力が集中して割れた。狭い場所で、ミスに気付かなかったという。

 東電は「配管の交換などで適切に対応している」と説明するが、敷地の外に漏れ出すような大きなトラブルを未然に避けるため、古い装置や配管などのチェックがさらに重要になってくる。 (荒井六貴)

☆☆☆

汚染水漏れ即座に感知 JAEA 新監視システム開発

( 2015/12/06 08:30 カテゴリー:主要 ) 福島民報

http://www.minpo.jp/news/detail/2015120627199

 日本原子力研究開発機構(JAEA)は東京電力福島第一原発構内の排水路と地上タンクからの汚染雨水、汚染水流出を即座に感知する新システムを開発した。一定濃度以上の放射性物質を含む水が流れ出た際、迅速に被害を食い止めることが可能となる。漁業者らが汚染水対策の徹底を求める中、東電は平成28年度の早い時期に導入する予定だ。

■迅速な対策可能に

 JAEAが開発したのは放射線を感知するプラスチックの光ファイバー「プラスチック・シンチレーション・ファイバー(PSF)」を用いたシステム。直径1ミリのPSFを19本束ねた管を排水路や地上タンクに取り付ける。放射性物質を含む汚染雨水が流れた場合、瞬時に廃炉作業を統括する管理室に通知される。作業員が現場に駆け付け、流出量が増えるのを防ぐ。

 JAEAと東電は1~4号機建屋近くを通り、汚染雨水の流出が相次いでいるK排水路に早ければ来春、導入する方向で協議を進めている。豪雨などの際、汚染水の漏えいが後を絶たない地上タンクにも取り付ける方針だ。

 現在、排水路に流れている雨水に放射性物質が含まれているかどうかを確認するためにはサンプリング調査を行う必要があり、結果判明までには1日程度かかる。K排水路では今年度、法令基準を超える放射性物質を含んだ汚染雨水が海に流れ出るケースが9回発生した。

 平成25年8月に地上タンクから高濃度汚染水が漏れ出た際には作業員が気付かず、長期間にわたって計300トンが流出した。その後、1000基以上ある地上タンクを1日4回、パトロールしているが、夜間は発見できにくい傾向にあるという。

 県漁連は8月、建屋周辺の井戸から地下水をくみ上げるサブドレン計画を受け入れる際、東電に対し海洋への汚染水流出を防ぐよう要望している。一方、県と双葉郡内の自治体は汚染水問題が住民の帰還意欲を低下させるとして万全の対策を講じるよう求めてきた。

 JAEAの担当者は「新システムの管を複数の場所に張り巡らせば、漏えいの早期発見につながる」と説明している。

☆☆☆

原発ノー 銀座大行進 「野党は共闘」コール

2015年12月6日(日) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-06/2015120601_03_1.html

写真

(写真)原発再稼働するなとデモ行進する人たち=5日、東京都千代田区

 川内原発に続き、伊方原発、高浜原発などの再稼働に突き進む安倍晋三政権に、原発再稼働反対、エネルギー政策の転換を求める「KEEP CALM AND NO NUKES 反原発☆銀座大行進」が5日、東京都内で行われました。首都圏反原発連合(反原連)が主催し、3000人(主催者発表)が参加しました。

 ツイッターの情報を見て会社の同僚と参加した男性(40)=茨城県つくば市=は「4年前の3・11で原発は生活レベルの問題だと思い、見方が変わった。反対する人の話を聞かない安倍さんは辞めてほしい」と話します。

 日比谷野外音楽堂で開かれた集会では、吉原毅・城南信用金庫相談役、中野晃一・上智大学教授、小林節・慶応義塾大学名誉教授がスピーチしました。

 吉原氏は「原発は経済面でも環境面でも成り立たないことがはっきりした。あとは国民の力で変えていくしかない」と訴えました。中野氏は「立場の違いを乗り越えて連帯し、私たちの声を反映する政治を実現しよう」と強調。小林氏は「原発は人類が使ってはならない禁じ手。私たちの力で原発を推し進める構造を変えよう」と呼びかけました。

 日本共産党、民主党、維新の党、社民党、生活の党の代表があいさつ。日本共産党の笠井亮衆院議員は、再稼働を進める安倍政権を批判し、「力を合わせ、国民の声が届く政治を」と呼びかけました。野党の代表5氏がステージでつないだ手を挙げてアピールすると、参加者から「野党は共闘」のコールがわき起こりました

 6日の「戦争反対 銀座大行進」を主催するSEALDs(シールズ)の牛田悦正さんが「2日間続けて、安倍政権ノーの声を突き付けよう」と訴えました。

 この日、福井市でも「高浜原発3・4号機の再稼働を本気で止める!全国集会」が開かれ、福井からの連帯メッセージが紹介されました。集会後、参加者は銀座をデモ行進しました

☆☆☆

SEALDs 銀座をデモ行進 「憲法守れ!」と数千人

毎日新聞2015年12月6日 18時18分(最終更新 12月6日 21時56分)

http://mainichi.jp/articles/20151207/k00/00m/040/014000c

東京・銀座の数寄屋橋交差点付近で、戦争反対などを訴えて行進する学生団体「SEALDs」主催のデモ参加者たち=東京都中央区で2015年12月6日、山本晋撮影

 安全保障関連法に反対する大学生らの団体「SEALDs(シールズ)」が主催する「KEEP CALM AND NO WAR 1206銀座大行進」が6日、東京都内で行われ、学生ら数千人が参加した。

 日比谷公園を出発したデモの隊列は銀座の外堀通りなどを約1.5キロ行進。参加者はクリスマスシーズンでにぎわう日曜の繁華街の大通りを「戦争反対!」「憲法守れ!」「選挙に行こう!」などとアピールしながら練り歩いた。

 デモ行進前に日比谷野外音楽堂で行われた集会には主催者発表で約4500人が参加。来年夏の参院選に向け野党共闘の必要性を強調した

俳優の石田純一さんも壇上に上がり、「世界一平和で安全な国をなぜ変える必要があるのか」などと訴えた。【山本晋、佐藤賢二郎】

☆☆☆

安保法に反対するグループ 東京都内で集会

12月6日 17時51分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151206/k10010331761000.html

安保法に反対するグループ 東京都内で集会

k10010331761_201512061815_201512061821.mp4

ことし9月に成立した安全保障関連法に反対する活動を続けている学生や学者のグループが、6日、東京都内で集会を開き、俳優の石田純一さんらも参加して、憲法を守ろうなどと訴えました。

東京・千代田区にある日比谷公園の野外音楽堂には、主催者の発表でおよそ4500人が集まりました。

この中で、安全保障関連法に反対する若者のグループ「SEALDs」のメンバーで大学院生の諏訪原健さんが「憲法を守れなどと当たり前のことを言わなければいけない社会は終わりにしよう」と訴えました。

集会には俳優の石田純一さんも参加し、「世界一平和で安全な国をなぜ変える必要があるのか、憲法の解釈を変えてどこを目指しているのだろうと思います。改めて審議を尽くすことを求めたい」と訴えました。また、女優の大竹しのぶさんは「自分の考えていることすら発言しにくくなっている今ですが、俳優として個人として自分のことばを伝えられる人間でありたいと心から思います」というメッセージを寄せました。

参加した人たちは、このあと、東京・銀座までデモ行進して安全保障関連法を廃止するよう訴えました。

☆☆☆

【安保法廃止集会詳報】(6)

佐高信氏「は使いものにならない秘書官だった」「菅はゲッペルスのよう。いやらしい男だ」「公明党に仏罰を」

2015.12.7 00:43更新 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/151207/plt1512070013-n1.html

 【佐高信氏】(評論家)

 「(会場近くの【右翼⇒当方】街宣車に対し)安倍晋三(ママ、以下同)を支持する人がどういう人なのか。安倍が何を望んでいるのかということを、あのスピーカーは私たちに教えてくれた。

ああいう人たちが私たちの言論を封殺する社会を私は、私たちは許さない。11月14日と15日、ここにお集まりの皆さん方は読んでいないであろう産経新聞と読売新聞に全面意見広告が出た。それは渡部昇一とか、例の愛国者もどきの人たちが呼び掛けた意見広告で、全部が(TBSの報道番組)NEWS23のアンカー、岸井成格(しげただ)に対する個人攻撃だった」

 「岸井が…、また呼び捨てになってしまうが、彼は私と大学のゼミが同期で、50年のつきあいだ。だから呼び捨てにすることを許していただきたい。岸井がそこで個人攻撃を受けたのは、戦争法案、安保法案は廃案にすべきだということを繰り返し主張したからだそうだ。当たり前のことじゃありませんか。ここで内輪話といっても通らないが、岸井は決していわゆる革新的な人間ではない。私ともしょっちゅうぶつかってきた。しかし、あの決め方、そして、あの法案というのは許すべきではないんだということを思っているまっとうな人間だった」

 「岸井は毎日新聞の出身で、どっかの首相のおやじ(故安倍晋太郎元外相)も毎日新聞だった。そのおやじが外相当時、岸井は担当記者であり、非常に近い関係にあった。そのとき外相の秘書で全く使いものにならなかったのが安倍晋三だ。

安倍晋三は、自分のそういったことを知っている人間に対して非常に複雑な感情を抱いている。よくいわれるように平沢勝栄という人は、安倍晋三の家庭教師をしていた。だから絶対大臣にはなれないと言われている。

この愚かなる安倍晋三をゲッペルス(ナチスドイツの国民啓蒙・宣伝大臣)のように支えているのがスゲ…、菅義偉(すが・よしひで)だ。この男のいやらしさ、しつこさ、その一つを私は岸井から直接聞いた

 「岸井成格が私的に開いている勉強会に、わざわざ菅はやってきて、最後までいて、そのころは沖縄県知事の翁長(雄志)さんにも会う暇がないほど忙しいときだったはずだ。それなのに最初から最後までいて、岸井に『いいお話を聞かせていただきました』というふうに言ったそうだ。それは内輪の話だ。ぜひオフレコにお願いしたい。その後、岸井にゆっくりと話を聞かせてほしいと言ったと言われた。岸井が言ったので、ぜひ50年来の友人を一人だけ連れて行きたい。そうやって言えと言っておいたが、その会談はまだ実現していない」

 「その岸井降板の画策は、すでに2カ月前から行われている。これははっきりした事実だ。その岸井の後に予定として託されているのが朝日新聞の星浩(特別編集委員)だ。骨なしクラゲのような男だ。私は『週刊金曜日』で、岸井成格一人がそんなに怖いのか。もし、その骨なしクラゲの星が引き受けるとしたら、それは火事場泥棒だろうと書いた」

 「岸井のNEWS23担当は月曜日から木曜日までだ。とりあえず月曜日から木曜日まではTBSのNEWS23にチャンネルをあわせてほしい。視聴率が高ければ、いま押しくらまんじゅうしているところ、とりあえずの動きはそうだということをぜひ皆さんにお願いしたい。岸井は私と違って、たたかれ慣れていない男だ。ただ私も今、必死に支えている。ただ、安倍からみると、私が支えていることが岸井にとっていいことなのかどうか、ということもあるが、ぜひ支えてあげてほしい。発言をまとめてくださいというので、最後に強引にまとめると、私は今度の参院選までぜひ皆さんの合言葉としてほしいというのをあの国会前のプラカードでみつけた。自民党に天罰を! 公明党に仏罰を!」

☆☆☆

岸井氏攻撃許さない JCJ 意見広告めぐり声明

2015年12月6日(日) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-06/2015120614_01_1.html

 TBSの報道番組「NEWS23」のアンカー・岸井成格氏による審議中だった戦争法案に関するコメントを、「放送法違反」とした意見広告が「読売」「産経」に掲載されたことについて、日本ジャーナリスト会議(JCJ)は5日、「岸井氏への不当な攻撃を許さない」との声明を発表しました。

 「(岸井氏の)コメントは、安保法に対する圧倒的多数の国民の反対の声を伝えたもので、放送法違反でも何でもない」と強調。「メディアの萎縮効果を狙ったもの」と批判し、掲載した「読売」などの「見識が疑われる」としています。

 NHKのやらせ番組をめぐり、自民党の調査会が同局幹部を呼び出したことなどを放送倫理・番組向上機構(BPO)が批判したことに関し、安倍政権が介入を正当化していると指摘。「不当な攻撃・介入を視聴者・読者・市民と共に総がかりではね返そう」と呼び掛けています。

☆☆☆

米軍、日本の研究者に資金

Domestic | 2015年 12月 6日 17:28 JST REUTERS

http://jp.reuters.com/article/idJP2015120601001439

 米軍が2000年以降、少なくとも日本国内の12の大学と機関の研究者に2億円を超える研究資金を提供していたことが6日、分かった。米国政府が公表している情報を基に共同通信が取材した。政府の集団的自衛権の行使容認で、今後は一層増加する可能性もあり、軍事と研究の在り方をめぐる議論に影響を与えそうだ。

 米政府は、12を含む日本国内26の大学などの研究者に計150万ドル(現在のレートで約1億8千万円)超を提供したとしている。

 このうち12の大学、機関が、公表されていなかった資金を含めて受け入れを認め、総額は2億2646万円となった。

当方注:

日本政府は、様々な理由をつけて、現在、7800億円を超える金額をアメリカに提供している。

何のことはない、「資金援助」名目で、日本の研究成果を「ただ取り」しているとしか言いようがない

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2015 December 6
See Explanation.  Clicking on the picture will download
 the highest resolution version available.

A Force from Empty Space: The Casimir Effect (空【から】のスペースからの力:カシミル効果)

Image Credit & Copyright: Umar Mohideen (U. California at Riverside)

説明:

 この小さいボールは、永久に宇宙が膨張するという証拠を提供します。 1ミリメートルの1/10より多くの長さがわずかにあり、ボールは、 空のスペースの真空でのエネルギー変動に呼応してスムーズなプレートに動きます。

 アトラクションは、 カシミル効果〈 55年前その発見者 のために名付けられた〉として知られています なぜ マヨネーズのような流体がそんなにゆっくり動くかを理解しようとしていた 。

 今日、証拠は、 宇宙のエネルギー密度のほとんどが 未知の形ダビングダークエネルギーにあることを示します

 暗いエネルギー(ダークエナジー)の形と起原はほとんど完全に未知であるけれども、 カシミル効果と同様な真空変動と関連するけれども、何とかして、スペース自身により生成されるように仮定されます。

 この広大で、神秘的な ダークエネルギーは 、すべての問題を重力ではねつけるようで、たぶん 、後に宇宙を永久に膨張させます。 理解真空エネルギーは 研究の最前線にもあり 理解 私達の宇宙 を改良しないだけのけれども 、 励みから一緒に分かれます

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート90±10、体温36.9℃で、安形推移。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中