福島第一原発 「遮水壁」設置で汚染水さらに増加( 400屯)※ 安保法成立3カ月 声上げ続ける市民 各地でデモ ※戦争法廃止へ早大集い 知性のとりで 政権の暴走止めよう※沖縄県、国を提訴へ

owlmoon06_normal@hosinoojisan

福島第一原発 「遮水壁」設置で汚染水さらに増加(

400屯)

安保法成立3カ月 声上げ続ける市民 各地でデモ

戦争法廃止へ早大集い 知性のとりで 政権の暴走止めよう

沖縄県、国を提訴へ 辺野古埋め立て阻止 県議会が可決

 

福島原発の汚染水対策、打つ手打つ手が逆に作用しているようである。

遮水壁や凍土壁等で一日400トン程度の汚染水が増加したようである。

現状では、破綻して、海水汚染をまねくこととなろう。

--

戦争法反対の国民運動は、各地で、広がりを見せているようである。

この運動の広がりで、USAの思惑は実施できなくなるであろう。

--

とうとう、沖縄県が、国を提訴するようである。

司法当局が、独立性を発揮して、違憲判決を出すことを願いたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

「汚染水」新たに400トン 第1原発、海側遮水壁完成で増加

2015年12月19日 09時04分  福島民友

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20151219-036691.php

 東京電力は18日、福島第1原発の護岸沿いに鋼管を打ち込んで造った「海側遮水壁」でせき止められた汚染地下水を浄化設備に送ることができず、1日当たり約400トンの汚染水が新たに発生していると発表した。

1~4号機建屋内に流れ込む地下水と合わせると、1日当たり約600トンの汚染水が発生している。汚染水の発生量を減らすため、建屋周辺の井戸から地下水をくみ上げる「サブドレン計画」運用前の汚染水発生量だった同約300トンの2倍に相当する。

 東電によると、汚染地下水が海に流出するのを防ぐ海側壁は10月下旬に完成。護岸付近で上昇する地下水を「地下水ドレン」と呼ばれる井戸からくみ上げ、浄化設備で放射性物質を取り除いた後に港湾内に放出する計画だった。

 しかし、海側壁の完成後、護岸付近の地下水のトリチウム(三重水素)濃度が上昇し、五つある地下水ドレンのうち四つで、東電の放出基準値(1リットル当たり1500ベクレル)を超えた。トリチウムは水に性質が近いため、現在の技術では浄化できず、浄化設備ではなく建屋内に移す対応が続いている

 東電は、サブドレンのくみ上げ量をさらに増やすとともに、「凍土遮水壁」の運用で建屋周りの地中に氷の壁を造り、地下水ドレンからのくみ上げ量を減らす方針。しかし原子力規制委員会はいまだ凍土壁の運用を認めておらず、解決の見通しは立っていない

☆☆☆

福島第一原発 「遮水壁」設置で汚染水さらに増加

(12月18日18時28分)NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20151218/1828_syasui.html

東京電力福島第一原子力発電所では、護岸沿いに「遮水壁」と呼ばれる壁を設け、汚染された地下水が海に流れ出すのを抑えていますが、せき止めた地下水の大半を浄化設備に流すことができず、汚染水がさらに増えるという新たな課題が起きていることが分かりました。

福島第一原発では、ことし10月、護岸沿いに「遮水壁」と呼ばれる鋼鉄の壁が設けられ、汚染された地下水が海に流れ出るのを抑えていて、せき止めた地下水の多くは放射性物質を取り除いたうえで海に流す計画でした。

ところが東京電力は、18日に開かれた原子力規制委員会の会合で、「遮水壁」の周辺などからくみ上げた地下水を、海ではなく建屋内に1日当たり400トン入れていることを報告しました

その理由について東京電力は、護岸沿いの地下水には海水が混ざっていて塩分が濃く、浄化設備に流すことができないほか、くみ上げる量が想定以上に多くなったことを挙げています。

一方で東京電力は、建屋の周辺にある「サブドレン」という井戸から地下水をくみ上げる対策などで建屋内に流れ込む地下水を当初の1日400トンから200トンに抑えたとしていますが、遮水壁の周辺からくみ上げた地下水を建屋内に流しているため、汚染水の増え方がかえって早まるという新たな課題となっています。

東京電力は、「今後、上流での地下水のくみ上げ量が増えていけば、護岸でくみ上げる地下水の量は減っていくほか、水質の変化を見ながら浄化設備に流す量を増やし、汚染水の増加を抑えたい」としています。

☆☆☆

戦争法廃止へ早大集い 知性のとりで 政権の暴走止めよう

2015年12月19日(土) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-19/2015121903_01_1.html

写真

(写真)早大大隈講堂で開かれた「立憲主義・民主主義と平和を考える早稲田大学の集い」=17日、東京都新宿区

 安全保障関連法(戦争法)の廃止を求める早稲田大学有志の会は17日、「立憲主義・民主主義と平和を考える早稲田大学の集い」を早大大隈記念講堂(東京都新宿区)で開きました。

同大メディア・シティズンシップ研究所との共催。会場は2階まで満席で、約1500人が参加しました。

 早大有志の会の中垣啓(あきら)早大教授は、戦争法や沖縄米軍新基地、原発再稼働などの安倍政権の暴走を止めなければならないとして、「反知性主義に抗するとりでとして大学は極めて重要な役割をもっている」とあいさつしました。

 戦争法廃止の運動が全国で高まっていることについて、憲法学者の長谷部恭男早大教授は「集会やデモで民意を示していく必要がある。最後は議会の選挙(で民意を反映させること)が必要だ」と述べました。

 講談師の神田香織さんが核兵器の残虐さを伝える講談を演じたのに続き、「自由と平和のための東京芸術大学有志の会」が学徒出陣を二度と繰り返させないようにと戦没学徒にささげる鎮魂歌を歌いました。

 戦争法廃止に向けた国会内外の活動について4氏が発言。「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の高田健氏は、戦争法廃止の2000万署名運動について「2000万を集めて、今度の参院選の(争点の)中心に戦争法制をすえ、安倍内閣に立ち向かっていきたい」と訴えました。

日本共産党の田村智子参院議員は「参院選で、別次元の問題として安保法制の廃止を大争点にする一大運動を」と強調し、「ハードルがあっても国民が野党共同を求めれば政治は動きます。野党も誠実に話し合っていきたい」と語りました。立憲デモクラシーの会共同代表の山口二郎法政大学教授、民主党の福山哲郎参院議員も発言しました。

☆☆☆

安保法成立3カ月 声上げ続ける市民 各地でデモ

毎日新聞2015年12月19日 21時18分(最終更新 12月19日 23時40分)

http://mainichi.jp/articles/20151220/k00/00m/040/075000c

安保法制の廃止を訴えるデモに出発する高校生ら=東京都渋谷区で2015年12月19日午後3時41分、後藤由耶撮影

 賛否を巡り国民の間や国会で大激論があった安全保障関連法の成立から、19日で3カ月が経過した。国会を取り巻いた抗議の人波は消え、安倍晋三首相は野党の求める臨時国会を開かず、安保法制への積極的な言及もない。世間の関心は薄れたかにみえる。それでも声を上げる市民や若者たちは、各地にいる。【鈴木美穂、木村健二、石川裕士、川瀬慎一朗、塩路佳子】

 ●東京

 「安保関連法で日本の安全保障環境が悪化した可能性がある。主権は国民にあるということを、改めて確認しないといけない」

 東京都千代田区でこの日午後、キリスト教系「東京YWCA」によるクリスマスイベントに招かれた「SEALDs(シールズ)」(自由と民主主義のための学生緊急行動)のメンバーが参加者に訴えた。

 シールズには最近、講演依頼が多数寄せられているという。依頼主は既成の労組から地方の市民グループまでさまざま。メンバーの一人は言う。「学生が納得できないことに抗議し、説明を求める姿がメディアを通して可視化され、市民は抗議ができるという当たり前の権利が社会に再認識されました」

 成立後、メンバーの一部が大学教授や弁護士らと政策提言を目指すシンクタンクを創設したり、貧困や格差の是正を求め路上で声を上げる別のグループが派生したりと、多様な動きが起きている。

 19日に反対の声を上げたのはシールズだけではない。東京・代々木公園周辺では安保関連法に反対する高校生ら1000人前後がデモを行った。パーカ、ニット帽、制服など思い思いの姿で、軽快な音楽に合わせて「民主主義って何だ?」「立憲主義って何だ?」と声を張り上げた。

 主催は高校生らの組織「ティーンズ ソウル」。千葉県から参加した高校2年の女子生徒(17)は「戦争になれば、行くのは私たち。反対の声を上げるのは普通のことです」。

 ●大阪

 大阪市では高校生らでつくる「T−ns SOWL west」(ティーンズ・ソウル・ウエスト)が、御堂筋をデモ行進した。中高生約30人に支援者を加えた約200人(主催者発表)が参加。「うちらの未来に戦争いらん」と声を上げた。

 先導のトラックの荷台では中高生がスピーチ。受験勉強の合間に参加した堺市の高校3年の女子生徒(18)は「勉強したり遊んだり、私たちの幸せは平和の上に成り立っている。この幸せを守るために声を上げることが大切です」と主張した。

 ●広島

 広島市中区の繁華街でもデモ行進があり、商店街の入り口には市民団体が「戦争法を私たちは止める」と書いた横断幕を掲げ、署名を呼びかけた。高校2年の次女と署名した広島市西区の主婦、及川由美子さん(51)は「世界の情勢が不安定で、戦争に向かっているように感じる。安倍首相はアメリカのご機嫌取りのような政策をやめ、世界が平和になるよう考えてほしい」。

 ●京都

 京都市内では「戦争アカン!京都おんなのレッドアクション」と「安保関連法に反対するママの会@京都」が共催で、四条河原町周辺を行進した。約150人(主催者発表)の参加者は「ママは戦争しないと決めた」などと声を上げ、政府への怒りを表すためにマフラーなど赤色の物を身につけて抗議。2歳と5歳の娘を連れて参加した京都府長岡京市の主婦、山地みのりさん(35)は「強行採決を忘れない。子供にも、母親が抗議の声を上げている姿を見てもらいたい」と話した。

 ●奈良

 奈良市では「戦争をさせない奈良1000人委員会」が集会を開き、「シールズ関西」のメンバーでニュージーランド在住の大学生、田中和琴さん(20)が講演。「戦争になれば自国だけじゃなく、相手の国も誰かが犠牲になる。9月、民主主義が崩壊した日を忘れない。しかし、また(民主主義を)始めよう。私たちには間違いが起こらないよう学び、伝える責任がある」と強調した。

 ●北九州

 北九州市のJR小倉駅前でも、安保法成立後にできた市民団体「平和をあきらめない北九州ネット」が初めて集会を開いた。事務局の池上遊弁護士は「戦争を正当化する法律は許さない。未来の子供たちの命を絶対に渡さないという思いで活動を続けよう」と訴えた。

☆☆☆

高校生らが安保法反対デモ 東京、大阪で「あの日忘れない」

(2015/12/19 19:18カテゴリー:社会) 福島民報

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2015121901001704

 安全保障関連法の成立から3カ月となる19日、同法に反対する高校生らのグループが東京と大阪の中心部でデモを行い「あの日を忘れない」「戦争反対」と訴えた。東京のデモには、福島県から夜行バスで駆け付けたという女子高生の姿もあった。

 主催したのは「ティーンズ・ソウル」と「ティーンズ・ソウル・ウエスト」。

 東京では、買い物客でにぎわう原宿や表参道を行進。風船で飾ったトラックを先頭に音楽のリズムに乗って「集団的自衛権はいらない」「憲法守れ」とシュプレヒコール。

 大阪では、高校3年の女子生徒が「立憲主義が踏みにじられた、あの日を忘れない」と集会で訴え、デモ行進した。

☆☆☆

野党候補支援、反安保で新団体設立へ

2015年12月19日 22時35分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20151219-OYT1T50146.html?from=ytop_ylist

 反安全保障関連法を掲げる学生らで構成される「SEALDs(シールズ)」などの市民団体は20日に、来夏の参院選で野党候補を支援するための新団体「市民連合」の設立記者会見を東京都内で開く。

 シールズや「安保関連法に反対するママの会」など5団体が呼びかけたもので、約20団体が参加する見通し。野党各党に統一候補の擁立を促し、野党が連携して与党に対抗する構図を作り出したい考え。選挙戦では統一候補への推薦や支持を打ち出す方向だ。

 民主、共産、維新、生活、社民の各党は市民団体側の動きに賛同している。一方で、おおさか維新の会や日本を元気にする会は独自に候補者の擁立作業を進めている。

☆☆☆

共産 志位委員長 野党一本化なら参院選候補取り下げも

12月19日 19時07分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151219/k10010346901000.html

共産 志位委員長 野党一本化なら参院選候補取り下げも

k10010346901_201512192057_201512192057.mp4

共産党の志位委員長は大阪市で記者団に対し、来年夏の参議院選挙では安全保障関連法に反対する立場で野党の候補者が一本化されるのであれば、いったん擁立した公認候補者を取り下げる用意があるという考えを示しました。

この中で共産党の志位委員長は、来年夏の参議院選挙を巡り、熊本選挙区で自民党の現職に対抗するため、民主党など野党が無所属の候補者を連携して支援する方針を確認したことについて、「野党の統一候補が誕生することになり、大変よい動きだ。しっかりとした選挙協力の合意ができれば、当然、共産党の候補者を降ろす」と述べました。

そのうえで志位氏は「できるだけ筋の通った選挙協力が実現するように、粘り強く一つ一つ力を尽くしていきたい」と述べ、安全保障関連法に反対する立場で野党の候補者が一本化されるのであれば、いったん擁立した公認候補者を取り下げる用意があるという考えを示しました。

また志位氏は、おおさか維新の会について「与党で安倍政権の補完勢力であり、改憲の先兵だというのが実態だ。来年の参議院選挙では自民党公明党とともに、その補完勢力であるおおさか維新の会にもノーの審判を突きつけたい」と述べました。

☆☆☆

沖縄県、国を提訴へ 辺野古埋め立て阻止 県議会が可決

2015年12月19日(土) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-19/2015121901_01_1.html

 沖縄県議会は18日、定例会最終本会議を開き、翁長雄志知事が行った名護市辺野古の埋め立て承認取り消しに対する石井啓一国土交通相の執行停止決定を取り消すための抗告訴訟を起こす議案と訴訟関連の補正予算案を、日本共産党、うまんちゅの会など与党会派、その他の賛成多数で可決しました。自民党は反対し、公明党は退席しました。

 うまんちゅの会の比(ひ)嘉(が)みずき議員は、補正予算案にたいする賛成討論に立ち、「この抗告訴訟は、安倍政権が強権的に進めている新基地建設工事作業を止めるためのもの」と強調しました。

 比嘉氏は新基地について、美しい大浦湾を埋め立て、滑走路を2本に増やし、弾薬庫と巨大軍艦の接岸できる機能を持つ最新・最強の基地造成工事であり、200年以上も基地を固定化するものだ、と指摘しました。

 オスプレイ配備撤回、普天間基地を閉鎖・撤去し、県内「移設」断念を求める「建白書」の精神に立って心一つに頑張り、新基地を断念させることができれば、普天間基地の閉鎖・撤去に追い込むことができると力説。「公約実現のために行うべき訴訟であり、圧倒的多くの県民が支持している」と結びました。

 抗告訴訟案は賛成26、反対14、退席・離席6、訴訟関連予算案は賛成26、反対13、退席・離席7でした(定数48、欠員1)。

 県は訴状や証拠書類作成などの準備ができ次第提訴します。

☆☆☆

米爆撃機の人工島付近飛行を中国が非難

12月19日 17時12分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151219/k10010346741000.html

米爆撃機の人工島付近飛行を中国が非難

k10010346741_201512192050_201512192051.mp4

アメリカ軍の爆撃機B52が先週南シナ海で訓練中に、中国が造成する人工島の12海里の中を飛行したことについて、中国政府は19日、「軍事的な挑発行為だ」とするコメントを発表して非難しました。

アメリカ国防総省の当局者によりますと、南シナ海で訓練中のアメリカ軍の爆撃機B52が先週、南沙(スプラトリー)諸島のクアテロン礁で、中国が造成する人工島から12海里の中を飛行したということです。

一方で、今回の飛行は定期的な訓練の一環であり、「12海里以内の飛行は意図していなかった」という認識を示しています。

これについて中国国防省は19日午後、コメントを発表し、今月10日の早朝、2機のB52が南沙諸島の中国の島付近の空域に無断で入ったとしたうえで「中国軍の部隊は、アメリカ軍機の活動を厳しく監視した。

そして島の守備隊が、高度の警戒態勢をとって、アメリカ軍機に警告し、追い出した」と述べ、B52の動きを把握していたと強調しました。

そのうえで「爆撃機の派遣は地域の平和と安定を脅かす一種の軍事的な挑発行為であり、南シナ海の情勢を複雑化し、ひいては軍事化を助長する」と述べて非難しました。

中国としては、南シナ海の問題でアメリカとの対立を先鋭化させることは避けつつ、地域の緊張を高めているのはアメリカ側だとして、島の軍事拠点化を正当化するねらいもあるものとみられます。

☆☆☆

安倍首相と橋下氏が会談 憲法改正などで意見交換か 菅長官と松井代表も同席

2015.12.19 18:36更新 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/151219/plt1512190014-n1.html

安倍首相との会談のため、東京都内のホテルに入る橋下徹氏=19日午後

 安倍晋三首相は19日夜、都内のホテルの日本料理店で約8年間の政治活動を終えて引退した橋下徹前大阪市長と会談した。菅義偉官房長官とおおさか維新の会代表の松井一郎大阪府知事も同席した。

4人の会談は6月14日以来。首相と橋下氏は双方が目指す憲法改正や、来年夏の参院選の連携などについて意見交換したとみられる。

 首相は会談前、記者団に「(橋下氏の)慰労会だ。『ご苦労さま』と言おうと思う」と述べた。関係者によると、会談は首相側が持ちかけたという。

 憲法改正について、橋下、松井両氏は参院選で自民、公明、おおさか維新の3党で改正の発議に必要な「3分の2以上」を確保すべきだと強調

橋下氏は「安倍首相にしかできない」と述べている。首相側には参院選を視野におおさか維新の協力を取り付けたいとの思惑もありそうだ。

 自民党推薦候補と橋下氏側が対決した11月の大阪ダブル選で、菅氏は中立の立場をとった。首相も大阪都構想に理解を示し、橋下氏らと気脈を通じてきた。首相は都構想が住民投票で否決された後の6月の会談で、引退を表明した橋下氏に政界復帰を期待する発言をしており、この日も話題に上ったとみられる。

 橋下氏は法律政策顧問として今後もおおさか維新に関与するが、党内には政界復帰への期待が大きい。首相が野党のトップと個別に会談するのは異例で、他の野党は「野党の分断工作」との懸念を強めそうだ。

☆☆☆

ワタミ過労自殺「和解」も…遺族が渡辺美樹氏に辞職勧告

2015年12月19日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172067

渡辺美樹参院議員と森美菜さんが残したメモ(右)/(C)日刊ゲンダイ 

渡辺美樹参院議員と森美菜さんが残したメモ(右)/(C)日刊ゲンダイ

 遺族の思いは“和解”からほど遠い。

 2008年に居酒屋チェーン「ワタミ」子会社のワタミフードサービスに入社後2カ月で「過労自殺」に追い込まれた森美菜さん(享年26)の両親が18日、民主党の部会に出席。両親とワタミ側の裁判は8日和解したが、美菜さんの父・豪さんは、創業者の渡辺美樹参院議員(56)に対する憤りがおさまらないようで、想像以上に厳しい言葉を繰り出した。

労働基準法に抵触する残業を社員にやらせていた渡辺氏が、立法府に居続けていいのでしょうか。議員を辞めるべきじゃないですか。『残業代ゼロ法案』など、労働者を追い込むような法律がつくられれば、娘と同じような思いをする人が出てくるかもしれない」(豪さん)

 労基法の「時間外労働の限度に関する基準」で、残業は1カ月45時間が限度と示されている。ところが、美菜さんは月140時間の残業を強要されていた。和解条項でワタミ側は業務が原因の自殺を認めている

法に触れる残業を強いた経営者が、法をつくる国会議員のイスに座り続けているのだから“ブラックジョーク”だ。

 このタイミングで和解となったことについて豪さんは、「ワタミ側にとって都合のいい方向に持っていく狙いがあるのではないか」と話した。というのも、「ブラック企業」のイメージがついたワタミは、客足が激減。15年3月期は126億円の赤字で、マイナスは2期連続だった。これ以上裁判が長引けば、さらなる業績悪化は避けられないため、見せかけの謝罪で和解を急いだと疑っているのだという。

 部会終了後、美菜さんの母・祐子さんは本紙にこう語った。

「『法律違反を重ねた経営者に国会議員になる資格があるのでしょうか』と自民党に訴えましたが、いまだ返答はありません。渡辺氏からは娘の死の直後、一度手紙が来ただけです。とても読む気になれず、放置したままです」

 豪さんは「マスコミの前に出るのは、これで最後にします。言うべきことはだいたい言えましたし、あまりエネルギーがないので……」と疲れた表情を見せていた。

 議員辞職の意思について渡辺事務所に問い合わせたが、回答はなかった。

 当選して2年が経ったものの、全く存在感のない渡辺氏。自ら辞職を申し出たらどうか

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2015 December 19
See Explanation.  Clicking on the picture will download
 the highest resolution version available.

Star Streams and the Whale Galaxy(星の流れとクジラ銀河  )

Image Credit & Copyright: R Jay Gabany (Blackbird Observatory)
Collaboration: David Martínez-Delgado (University of Heidelberg),
et al.

説明:

NGC 4631は、よく訓練された北の星座猟犬座に向かって、唯一の25万光年離れて見つかった渦巻銀河です。 EGE-に見られる、銀河が天の川のサイズに似ています。その歪んだくさび形状は、人気モニカ、クジラ銀河いくつかの宇宙のニシンにし、他の人に示唆しています。大銀河の小、著しく明るい楕円コンパニオンNGC 4627は、ちょうどその埃っぽい黄色がかったコアの上にあるが、また、実際にはかすかな拡張以下の機能(以上)NGC 4631.のハロー内で最近発見された、かすかな矮小銀河識別可能であるNGC 4631今潮スター・ストリームとして認識されています。星の流れは、約35億年前に始まったクジラで繰り返し出会いによって破壊矮小衛星銀河の残骸です。でも近くの銀河では、潮の星の流れの存在は、私たち自身の天の川の形成を含む銀河形成の宇宙論的モデルによって予測されます。

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート90±10、体温36.2℃で安定中。

他は変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中