福島で”放射線嫌悪の心理”報告 風評対応へ成果生かす ※安保法制反対に「第九」演奏 FBで呼びかけ新宿に集結 ※SEALDs等が「市民連合」結成 参院選の野党統一候補促す 共産は応じる用意

owlmoon06_normal@hosinoojisan

福島で”放射線嫌悪の心理”報告 風評対応へ成果生かす

安保法制反対に「第九」演奏 FBで呼びかけ新宿に集結

SEALDs(シールズ)などが「市民連合」結成 参院選の野党統一候補促す 共産は応じる用意

イラクのIS支配都市で奪還作戦が重要局面か

 

戦争法案に対して、日本の民主勢力は、着実に運動を強めているようである

その中核になるべき民主党が、「自分たちの政治生命がなくなる」状況にも拘らず、旧態依然とした「反共思想」を口実に、極めて消極的対応を取っていることが、運動の飛躍的前進を阻害している。

このままでは、民主党は、「消えていく政党」に化してしまうであろう。

この面で見る限り、松下政経塾の諸君を含め、政治的には『素人集団』と言ってよいであろう。

このままでは、来年の参議院選挙で、「大敗」を期することとなろう。

民主党内の体制派(野田・前原等)等を排除しない限り前進は不可能と言っておきたい。

 

しかし、憲法擁護・立憲主義を求める勢力は、確実に前進している。

来年は、経済・政治面で、安倍政権のつまずきがますます明らかとなろう。

日本の政治革新の大きな前進を齎す年となろう。

---

IS問題、ロシアの空爆参加で、大きく事態が変わろうとしてる

そういう意味では、USAの対外戦略が大きく崩れたことを意味する。

世界のトレンドは、アサド政権維持の体制下で、対話路線に変換しつつある

歴史は、正常に「展開」していると言ってよい。

日本も、USA戦略一辺倒でなく、独自の政治活動を展開すべしと言っておきたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

福島で”放射線嫌悪の心理”報告 風評対応へ成果生かす

2015年12月20日 09時00分  福島民友

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20151220-036874.php

 東大大学院情報学環教授で理学博士佐倉統氏を中心とした研究チームは19日、福島市で「『放射能』はなぜ嫌われるのか?―心理学者と地域の対話」と題したシンポジウムを開き、3年間の研究成果を発表した。

 シンポジウムは、原発事故後、人々が放射線を嫌って避ける心理的メカニズムや放射線を嫌う情報がツイッターなどでどのように拡散していくかを踏まえ、風評被害などへの社会的対応を考えた研究プロジェクトの成果を報告した。

 このうち人々が放射線を嫌って避ける心理的メカニズムを分析した行動免疫班の平石界慶応大准教授は「人々は福島第1原発事故をどう捉えているのか」などをテーマに全国約1700人を対象にしたアンケート結果を報告。

原発事故を原因とした被ばくによる健康被害推定について、公的機関の発表と個人の捉え方とは、かなりの乖離(かいり)がある」や「福島というエリア、生産物にネガティブな反応が少なからず見られる

「放射能に関しては、あらゆる情報源が信頼されていない」などと述べた。

 各報告後には、福島市の佐々木光洋ささき牛乳社長や宮崎真福島医大助手ら地域代表と対談が行われた。

☆☆☆

放射線リスクへの心理メカニズム 研究結果を報告 大学教授ら福島で意見交わす

( 2015/12/20 09:22 カテゴリー:主要 ) 福島民報

http://www.minpo.jp/news/detail/2015122027531

 東京大などの研究者グループによるシンポジウムは19日、福島市のコラッセふくしまで開かれた。放射線の健康リスクに対する心理的メカニズムについて大学教授らが研究結果を報告した。

 研究者グループは個人の心理を分析する「行動免疫班」、情報拡散を調べる「ツイッター班」、社会への影響を分析する「社会班」の3班で構成する。いわゆる「放射能」が人の心にどのような影響を与え、社会に広がるのかを3年間にわたって研究している。

各班の代表者が成果を報告し、県内の農業や食品、マスコミ関係者と意見交換した。行動免疫班は慶応大の平石界准教授が発表した。

インターネット調査の結果によると、国や県などの情報源が信頼できないとして「放射能」に過度な不安を抱く傾向があるとし、「(行政などによる)情報提供だけではマイナスな考えを変えるのに十分ではない」と指摘した。

☆☆☆

安保法制反対に「第九」演奏 FBで呼びかけ新宿に集結

2015年12月21日00時30分 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASHDN2RGZHDNUTIL001.html?iref=comtop_list_nat_n01

【動画】楽器を持った人たちが東京・新宿の街頭に集まって「第九」を演奏した=林敏行撮影

写真・図版

反戦平和の願いを込めて、「第九」をサプライズ演奏する参加者ら=20日午後、東京・新宿、岩下毅撮影

 東京・新宿のJR新宿駅前で20日、安保法制に反対する人たちがベートーベンの交響曲「第九」を演奏し、ジョン・レノン反戦歌「ハッピー・クリスマス」を合唱した。通行人らに平和や反戦を呼びかけた。

 7月に結成された30~60代のグループ「MIDDLEs」(ミドルズ、岩脇宜広代表)が主催。これまで国会前デモなどに参加してきたが、今回は「年末に多くの人が集まる場所で、音楽で平和を呼びかけたい」と企画した。

フェイスブックで呼びかけたところ、全国から集まった。直前に軽い音合わせをしただけで本番に臨んだ。楽器を手にした30人が演奏を始めると、約100人の合唱隊も現れ「すべての人々は兄弟となる」と呼びかける「第九」の合唱曲「歓喜の歌」を歌い上げた。予告なく突然始まった演奏に、道行く人が足を止めて聴き入り、終了後は拍手を送っていた。(編集委員・北野隆一

☆☆☆

SEALDs(シールズ)などが「市民連合」結成 参院選の野党統一候補促す 共産は応じる用意

2015.12.20 20:39更新 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/151220/plt1512200017-n1.html

 学生グループ「SEALDs(シールズ)」などの市民団体が20日、来年夏の参院選に向け、安全保障関連法廃止を訴える野党統一候補を支援する「安全保障法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」を結成し、都内で記者会見を開いた。

 市民連合は、シールズや安保法制に反対する「ママの会」「学者の会」など5団体の有志が呼びかけて発足した。山口二郎法政大教授は記者会見で「参院選の全ての1人区で野党統一候補を立てるというゴールに向け各党を動かしていく」と強調した。

 具体的には、

(1)安保関連法廃止

(2)立憲主義の回復

(3)個人の尊厳を擁護する政治の実現

-の3項目の「協定」を結ぶことを条件に、共闘で一致した野党か無所属候補を支援する。候補が当選した場合は特定の政党には所属せず、院内会派として活動することに同意を求めるという。

 市民連合側から候補は擁立しない方針だが、安保関連法廃止を掲げる統一候補の当選者が改選過半数に達することを目指す。来年4月の衆院北海道5区補選を参院選の前哨戦と位置づけ、今月19日に無所属での出馬を正式に表明した民主党道連役員、池田真紀氏(43)を支援する。

 共産党の志位和夫委員長は20日の札幌市内での講演で、補選で擁立する予定の独自候補の取り下げについて「いつでも話し合いに応じる用意がある」と述べ、他の野党や市民連合との共闘に重ねて期待を寄せた

☆☆☆

「共産の好き嫌いを言っているときでない」志位委員長

2015年12月20日17時50分 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASHDN5TRDHDNUTFK008.html?iref=comtop_list_pol_n04

志位和夫共産党委員長

 一緒に戦争法、安全保障関連法に反対した市民団体のみなさんが「市民連合」を立ち上げ、野党に対してぜひ、参院選で野党共闘して欲しい、特に1人区での(選挙協力の)協議をして欲しいという。

私たちは大歓迎だ。ぜひこの提唱を受けて真剣な話し合いを行っていきたい。(民主党内からは)「共産党アレルギー」という声も聞こえてくるが、共産党が好きとか嫌いとか言っているときではない

今、日本の政治が非常な危機的事態にある。好き嫌いがあっても、乗り越えて協力しようということだ。(札幌市で記者団に)

☆☆☆

クリントン氏が対決色 トランプ氏を真っ向批判

2015年12月20日 16時38分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015122001001086.html

 【マンチェスター共同】来年の米大統領選に向けた民主党候補者討論会が19日、東部ニューハンプシャー州マンチェスターであった。最有力候補のクリントン前国務長官(68)は、イスラム過激思想に対抗するには「イスラム系市民と協力しなければならない」と強調、排外的主張を掲げる共和党のトランプ候補(69)との対決色を鮮明にした。

 クリントン氏は、イスラム教徒の米入国禁止を訴えるトランプ氏の主張は米国への敵意をあおる過激派組織「イスラム国」(IS)の思うつぼだと指摘

ISはトランプ氏がイスラム教を侮辱する様子のビデオを見せて戦闘員を募っている」と非難した。

☆☆☆

候補一本化へ協力を=衆院補選で共産委員長

2015/12/20-18:16 JIJICOM

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015122000117

 共産党の志位和夫委員長は20日、来年4月24日投開票の衆院北海道5区補選について「(野党間の)真剣な話し合いとしっかりした合意が必要だ。みんなが協力しなければ勝てない」と述べ、野党候補の一本化に向けた本格的な調整入りを民主党などに促した。札幌市内で記者団に語った。

 民主党は同補選に党道連常任幹事の新人を無所属で立て、推薦する方針。これに対し、共産党は既に決めた新人の擁立を取り下げ、相乗りすることを検討している。だが、民主党では共産党との共闘に消極的な意見が根強いことから、志位氏は「好きとか嫌いとか言っているときではない」と訴えた。

 志位氏はまた、安全保障関連法廃止を主張する市民団体が共同で、来年夏の参院選に向けた野党勢力の結集を呼び掛けていることについて「私たちは大歓迎だ」と語った。

☆☆☆

イラクのIS支配都市で奪還作戦が重要局面か

12月21日 4時25分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151221/k10010347801000.html

過激派組織IS=イスラミックステートが支配してきたイラク西部の拠点都市、ラマディの奪還作戦を続けるイラク政府軍は、住民に対して72時間以内に避難するよう呼びかけていて、奪還作戦が近く重要な局面を迎えるのではないかという見方が出ています。

イラク西部、アンバール県の拠点都市ラマディは、ことし5月以降、過激派組織ISの支配下に置かれたあと、イラク政府軍が奪還に向けて大規模な軍事作戦を行い、これまでに中心部を除く広い地域を奪還しました。

こうしたなか、イラク政府軍は20日、ラマディ上空からビラをまいて住民に対して、72時間以内に避難するよう呼びかけたと発表し、奪還作戦が近く重要な局面を迎えるのではないかという見方が出ています。

ラマディは、シリア国境から首都バグダッドに至る幹線道路が通る戦略上の要衝で、イラク政府軍が奪還できれば、ISにとっては大きな打撃となります。

しかし、ISは中心部で住民を人間の盾にして立てこもっているとの情報もあり、政府軍が完全に奪還できるかどうかが大きな焦点になっています。

☆☆☆

国連安保理 シリア内戦終結へ決議 来月、公式交渉求める

2015年12月20日(日) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-12-20/2015122001_02_1.html

 【ワシントン=島田峰隆】国連安全保障理事会は18日、シリア内戦の終結へ向けて、同国政府と反政府勢力による公式の交渉を、来年1月初めをめどに国連の仲介で実施するよう求める決議を全会一致で採択しました

国連安保理がシリア内戦の終結を目指す政治過程について合意するのは初めてのことです。

 決議は、オーストリアのウィーンで先月開かれたシリア問題に関する関係国会合で合意した行程表を追認した内容となっています。

 潘基文(パン ギムン)国連事務総長に対し、シリア政府と反政府勢力の代表を集めて、政治移行に関する交渉を始めるよう要請。6カ月以内に「信頼できる、シリアの各層が参加する宗派的性格を持たない統治体制」を国連の支援のもとでつくり、新憲法制定の手続きを始め、18カ月以内に選挙を国連の監視下で実施するとしました。

 また政治プロセスの開始とともに全土停戦入りすることを支持し、停戦を監視、検証するメカニズムが必要だと指摘。潘氏に対し、同メカニズムの選択肢について1カ月以内に安保理へ報告するよう求めています。

 国連安保理では、シリアのアサド大統領の処遇をめぐって、欧米諸国とロシアが対立してきました。

 今回は、拒否権の行使なしで採択されました。過激組織ISの伸長やテロの拡大で、アサド政権との協力を容認する流れが欧米でも強まっていました

 潘氏は「内戦解決への政治的道筋に焦点を当てた最初の決議だ。われわれは、この重要な前進に依拠しなければならない」と語り、意見の違いを乗り越えて協力するよう各国に呼び掛けました。

☆☆☆

子育て給付金廃止を押し切り 稲田政調会長は官邸のパシリ

2015年12月20日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/172070

選挙目当ての愚策を押し切った稲田朋美政調会長(C)日刊ゲンダイ 

選挙目当ての愚策を押し切った稲田朋美政調会長(C)日刊ゲンダイ

 早速、子育て世帯から批判殺到だ。子ども1人当たり3000円の「子育て給付金」を廃止し、低所得の年金受給者には3万円のバラマキ――。選挙目当ての愚策への合意を与党内で押し切ったのは、2人の子を持つ母でもある稲田朋美政調会長(56)だ。

 子育て給付金の廃止の理由は軽減税率の安定財源確保がタテマエ。公明党の肝いり事業で廃止を渋っていたが、稲田氏は政調会長協議で「軽減税率が決まったから」とにべもなく突っぱねた。

 公明党関係者は「軽減税率のシッペ返しだ」とこぼしたらしいが、稲田氏自身のメンツを守るためでもあるのか、実にバカげた党利党略で給付金を打ち切られる親たちはタマらない。

 さらに驚くのは、17日の自民党の合同部会で、高齢者3万円給付の了承を取り付けるため、稲田氏が発した言葉だ。若手議員からバラマキ批判が続出する中、「首相の指示で組まれた予算だ。了承してほしい」と言ってのけた

「党幹部として、首相の肩書を持ち出さなければ党内をまとめきれないのも情けないし、政調会長といえば政策立案の最高責任者のはず。

『政高党低』と揶揄される中、政策立案を放棄した“官邸のパシリ”のような人が要職を務めていれば、自民党の存在意義は薄れるばかり。

本人は安倍首相の言いなりになればポストが転がり込んでくるという考えかも知れませんが、その程度の理念なき政治家が“女性初の総理の最有力候補”と持ち上げられているのですから、政界の人材払底は深刻です」(政治評論家・山口朝雄氏)

 度重なるコスプレといい、このセンスのなさは致命的である。

☆☆☆

集団的自衛権、意見求めつつ「修正は困難」 安保局文書

2015年12月21日02時35分 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/ASHDN5W9MHDNUTFK00B.html?rm=704

安倍内閣集団的自衛権の行使を認めた昨年7月1日の閣議決定について、内閣官房国家安全保障局が、修正意見は受け入れ困難だという「留意事項」をつけた上で、閣議決定前日になって各省庁に半日の回答期間で意見を求めていたことがわかった憲法解釈の変更を伴う歴史的な閣議決定だったが、省庁間の意見集約は形式的だったことが浮き彫りになった。

 朝日新聞が入手した安保局の文書などによると、安保局は昨年6月30日午前10時40分ごろ、閣議決定文の案とともに全省庁にメールで「『国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について』について(協議)」と題する文書を送信。意見がある場合、メールに添付して、同日午後9時までに提出するよう求めた。同時に、「留意事項」として「(閣議決定の案文は)関係省庁と与党との調整を経て作成されているため、修正を求める御意見については、基本的に受け入れることが困難である」とも記載した。

 安保局は朝日新聞の取材に「(閣議決定の案文の)調整プロセスに関与していた(外務省防衛省警察庁など)関係省庁、それ以外の省庁からも修正意見が示されることは想定されなかったが、重要性に鑑み、全省庁に対し正式に事前協議を依頼した」としており、実際に異論はなかったという。

 複数の省庁の官僚によると、閣議決定する文書は担当省庁が各省庁に意見照会するのが慣例だという。税制改正大綱など与党間協議を経て「政治決着」した文書や、首相の施政方針演説など政治色の強い文書に対して意見を聴く際は、「変更は困難」などの文言を添えることもあるといい、形式的な意見照会が常態化していることがうかがえる。

ログイン前の続き■異論封じ、国会への「アリバイ」か

 国家安全保障局が行った各省庁への意見照会は、極めて不十分なものだ。

 確かに、安保局が各省庁に意見を求めた段階で、閣議決定の案文は自民、公明の与党協議を経て事実上、政治決着していた。

 しかし、歴代政府が長年、使えないとしてきた集団的自衛権を使えるようにする重要な閣議決定だったうえ、憲法学者からは違憲だとの指摘も数多く出ていた

だからこそ、安保局は閣議決定の「重要性に鑑み」て省庁の意見を聴いたはずだ。ならば、わずか半日ではなく、もっと時間を取るべきだったし、「修正は困難」という前もって異論を封じるかのような文言を添えるべきではなかった

 「『政府には異論はなかったのか』という国会質問に備えたアリバイ作り」(ある省庁の担当者)と言われても仕方がない。(蔵前勝久)

☆☆☆

 

☆☆☆

 

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2015 December 20
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

A Dark Earth with a Red Sprite(赤いスプライトとダーク地球 )

Image Credit: ISS, Expedition 31 Crew, NASA

説明:

地球のこの絵では非常に珍しいものがあります – あなたはそれを見つけることができますか?あなただけのどこを見れする知っていれば一度だけの伝説であると考えられてつかの間の現象が新たにキャッチされています。特色画像を4月下旬に周回国際宇宙ステーション(ISS)から採取し、左端と右端にロボットアームの一部に精通して、ISSの太陽電池パネルを示していました。まれに画像化されない現象が赤いスプライトとして知られており、それだけで画像の右側に明るい領域の上に、かすかながらも、見ることができます。

この明るい領域と赤のスプライトが白フラッシュ、より一般的なタイプで、稲妻の異なる種類があります。スプライトは限り300年のために逸話的報告されているが、それらは最初に1989年にフィルムに摘発された – 偶然。多くはスプライトは、それらが発生どのように大気のグローバル電気回路への影響を含めて約不明のままであり、それらは何らかの形でこのようなブルー​​ジェットや地上ガンマ点滅のような他の上位の大気雷現象に関連している場合。

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート90±10、体温36.3℃で安定中。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中