本宮で採取「フキノトウ」 福島県が出荷自粛要請 ※「立憲政治を取戻す」 学者、弁護士ら「国民運動」設立 ※甘利経済再生相 現金供与疑惑 建設業者が1200万円※広がる貧富の格差、ダボス会議

owlmoon06_normal@hosinoojisan

本宮で採取「フキノトウ」110ベクレル 福島県が出荷自粛要請

「立憲政治を取り戻す」 学者、弁護士ら「国民運動」設立

甘利経済再生相 現金供与疑惑 建設業者が1200万円

広がる貧富の格差、ダボス会議は世界の分断防げるか

 

初春の山菜であるフキノトウを「出荷自粛」するよう福島県が要請しているようだ。

これは、依然として、放射能汚染が深刻であることを示していると言えよう

海のマダラ汚染と共に、汚染状況が続いていることは、ストロンチウムの半減期からも明らかと言っておきたい

---

ダボス会議の主要命題が、「広がる格差是正」が中心になりそうだ。

グローバル経済と称して、グローバル展開企業が、国内外の労働者・国民を、搾取・収奪してきた結果がこのような状況を生み出したことから、これらの企業に対する国際的な規制強化が必要であろう。

日本でも、国民所得は年々激減し、半面、企業の内部留保は、300兆円に及んでいる

300兆円と言えば、日本の国家予算の3倍に当たる。

消費増税や、法人税減税の結果と、正社員削減、派遣労働党の無権利化が、このような事態を作り出したと言える

その結果、消費購買力が、激減し、国際的不況を誘引したと断定しても間違いではない。

ダボス会議では、貧困層に対する対策や、国・企業の搾取・収奪に対して厳しい対応策が望まれる。

有効なダボス会議にしてほしいものである。

---

自民党の閣僚の「政治資金規正法」違反の実態を、勇気ある「当事者」の告発によって明らかにされた。

その人物は、甘利経済産業大臣である

TPP問題で、アメリカの圧力をそのまま受け入れた大臣であるが、こんな人物は、政治の世界から放逐すべきであろう

以上、雑感。

 

☆☆☆

本宮で採取「フキノトウ」110ベクレル 福島県が出荷自粛要請

2016年01月20日 09時01分 福島民友

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160120-043581.php

 県は19日、3市村で採取された野生のフキノトウ5点の放射性物質検査結果を発表した。このうち本宮市で採取されたフキノトウ1点から食品の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える同110ベクレルの放射性セシウムが検出された。

 県は同日、同市や流通関係者らに、同市で採取されるフキノトウの出荷自粛を要請した。

 県によると、フキノトウは直売所などでの販売を目的に採取されたが、出荷前で流通していない。

☆☆☆

安倍政権打倒へ識者200人決起 進まぬ野党共闘に苦言続々

2016年1月20日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/173696

憲法学者の樋口陽一氏や小林節氏(左)が中心(C)日刊ゲンダイ 

憲法学者の樋口陽一氏や小林節氏(左)が中心(C)日刊ゲンダイ

 さあ、野党はどうする――。違憲の安保法成立から4カ月。なかなか進まない野党共闘を尻目に昨年、安保法制反対で先頭に立って声を上げた著名人たちが新しい団体を立ち上げ、19日、永田町の衆院議員会館で記者会見をした。

 団体の名称は「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」。代表世話人は憲法学者の樋口陽一東大名誉教授、弁護士の宇都宮健児氏、俳優の宝田明氏、音楽家の三枝成彰氏、音楽評論家の湯川れい子氏。事務局幹事が憲法学者の小林節慶大名誉教授だ。委員会には200人ほどが参加し、シールズの奥田愛基氏のほかママの会のメンバー、ジャーナリストなど老若男女が幅広く加わった。

 声明文では「選挙によって成立した政権が立憲主義を否定した暴走は、有権者が選挙で倒して立憲主義を回復すべき」と訴える。立憲主義の回復とは、分かりやすく言えば「安倍政権の打倒」だ。

 樋口陽一氏は「戦後、日本はわざわざ立憲主義という言葉を掲げなくても民主政治が続いてきた。それを今の安倍政権は正面から攻撃している。立憲主義を取り戻すのは、国民の品性の問題だ」と力を込めた。

 もっとも、この委員会は「政治運動」はせず、参院選の候補者擁立などに関与するわけではないという。あくまで、月1回集まって情勢分析し、情報発信するのが目的。

だから意見もそれぞれで、評論家の佐高信氏は「民主党は自由民主党と紛らわしいから、『立憲民主党』という名前にしたらどうか」などと提案した。また、中野晃一上智大教授は野党共闘について「市民がここまでまとまった。プロである政治家が、まとまれないはずはない」と苦言を呈した。

 小林節氏は「ぜひとも我々と反対の意見の人たちと公開討論会を行って、世論の理解を深めたい」とも。参院選を前に、安保法に賛成派VS反対派で激論バトルが繰り広げられれば、有権者の理解も進むと期待しているという。

☆☆☆

「立憲政治を取り戻す」 学者、弁護士ら「国民運動」設立

2016年1月20日 東京新聞 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201601/CK2016012002000124.html

写真

立憲政治を取り戻す国民運動委員会が発足し、会見する小林節氏(左)や樋口陽一氏(右)=19日、東京・永田町の衆院第1議員会館で(佐藤哲紀撮影)

 安全保障関連法の成立から四カ月を迎えた十九日、同法に反対してきた学者や弁護士らが「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」を設立した。 

 憲法学者の樋口陽一東大名誉教授や小林節慶大名誉教授ら約二百人が参加。安保法に対するさまざまな反対運動を支えたり、夏の参院選に向けて広く政治のあり方について考えてもらったりするため、学識的に情報を分析し、発信していく。

 十九日、東京・永田町で開いた会見では、安保法の強行成立は、立憲主義を否定した暴走だとする声明を発表。代表世話人の樋口氏は、「明治政府の権力者たち自身が採用した立憲政治が、今の安倍政治によって正面から攻撃された。取り戻さなくてはならない」と強調した。

 世話人の水島朝穂・早稲田大教授は、「改憲が正面に据えられる参院選に向けて、どこを選ぶのか、どういう政策を取るのか、安全保障をどうするかを全部棚上げし、立憲主義を壊してきた政権にどう向き合うか。有権者に論点を提示し続けたい」と語った。

 参院選に向けては野党共闘を呼びかける「市民連合」などの動きもあるが、事務局幹事の小林氏は「この団体としては政治運動は一切しない」とした。

◆代表世話人・世話人

 樋口氏、水島氏、小林氏を除く代表世話人、世話人は次の皆さん。

 ▽代表世話人=宇都宮健児(弁護士)、三枝成彰(音楽家)、宝田明(俳優)、湯川れい子(音楽評論家)

 ▽世話人=青木理(ジャーナリスト)、伊勢崎賢治(東京外国語大院教授)、伊藤真(弁護士)、今井一(ジャーナリスト)、岩上安身(同)、大谷昭宏(同)、大森典子(弁護士)、岡野八代(同志社大院教授)、奥田愛基(SEALDsメンバー)、角谷浩一(政治ジャーナリスト)、香山リカ(立教大教授)、木内みどり(女優)、古賀茂明(元経産官僚)、佐高信(評論家)、佐藤学(学習院大教授)、角田由紀子(弁護士)、寺脇研(京都造形芸術大教授)、中野晃一(上智大教授)、長谷部恭男(早稲田大教授)、原中勝征(医療法人理事長)、福岡政行(白鴎大教授)、福山洋子(弁護士)、吉原毅(城南信金相談役)

☆☆☆

安倍首相は憲法に従え 4回目 演劇人の会「19日」抗議

2016年1月20日(水) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-20/2016012014_01_1.html

写真

(写真)プラカードを持ってアピールする青年劇場有志の劇団員=19日、東京都新宿区

 演劇、音楽、舞踊など舞台表現に関わる人たちでつくる「安保法制と安倍政権の暴走を許さない演劇人・舞台表現者の会」は19日朝、都内13カ所と神奈川、京都の駅頭で、戦争法反対のプラカードを掲げ無言で持つ「サイレント・スタンディング」を行いました。

 この行動は、戦争法成立阻止を目指して昨年9月16日に初めて行われました。その後、「国会で強行された19日を忘れない」ようにと、毎月19日朝8時半から一斉に駅頭に立ち続け、今回で4回目になります。

 雪が残り冷たい風が吹くなか、東京都新宿区の新宿御苑前駅では、青年劇場有志の13人が参加。手作りの「日本を戦争する国にさせるな!! 安倍政治ぜったいはんたい!」「STOP! 戦争する国」などと書かれたプラカードのほか、戦争法廃止を求める2000万署名も掲げて道行く人々に訴えました

 行動に参加した福島明夫さん(青年劇場代表)は、「こちらを見る人々や、『頑張ってください』と声をかけてくれる人もいた」と手ごたえを語りました。

 新宿区の信濃町駅前で行動した文学座有志の西川信廣さん(演出家)は「声をかけてくる人や、写真を撮っていく人もいました。前回『憲法9条を守れ』では弱いと通りがかりの人から言われ、『憲法に従え』と掲げました。まだまだ政権に批判的だったり、不安や疑問を持っている人は多く、関心も高いと感じました」といいます。

☆☆☆

甘利経済再生相 現金供与疑惑 建設業者が1200万円

毎日新聞2016年1月20日 19時59分(最終更新 1月21日 01時38分)

http://mainichi.jp/articles/20160121/k00/00m/040/063000c

記者会見で記者の質問に厳しい表情を見せる甘利明・経済再生担当相=東京都千代田区で2016年1月20日午後6時52分、竹内紀臣撮影

 千葉県内の建設業者が甘利明経済再生担当相やその秘書らに口利きを依頼し、見返りに現金を供与したとする記事が、21日発売の週刊文春に掲載されることが分かった。記事によると、現金供与や接待の額は少なくとも1200万円で、政治資金収支報告書にはその一部しか記載されていないという

 記事について、甘利氏は20日の記者会見で「国民のみなさまに疑惑を持たれないよう説明責任を果たしたい」と述べた。秘書が同誌の取材を受けたことは安倍晋三首相に伝えたが、自身の進退については「(首相に)全く相談していない」とした。菅義偉官房長官は同日の記者会見で「政治資金の取り扱いについて疑問を持たれることがあれば、政治家自らが説明する必要がある」と述べた。

 同誌によると、甘利氏側に現金を渡したのは千葉県白井市の建設会社の総務担当者。建設会社は、同市などにまたがる千葉ニュータウン整備事業を進める都市再生機構(UR)の道路工事により損害を被るなど、URと複数のトラブルを抱えているとして甘利氏の事務所に解決を依頼。その一つが解決し、建設会社に2013年8月、URから約2億2000万円の補償金が支払われたという。

 記事によると、総務担当者は解決の見返りとして、13年8月に公設秘書に現金500万円を供与。うち400万円については甘利氏が代表の自民党神奈川県第13選挙区支部の領収書を渡されたが、同支部の政治資金収支報告書には寄付100万円の記載しかない

 甘利氏本人にも同年11月に大臣室、14年2月には神奈川県内の事務所で現金50万円ずつ計100万円を直接手渡した。13年の50万円は解決のお礼で、14年の50万円はURとの別のトラブルの解決を依頼した際に渡したが、このトラブルは解決していないという

 総務担当者は秘書らに飲食などの接待を繰り返したとも証言

現金や接待の額は録音テープやメモ類を残している分だけでも1200万円という。このうち、昨年10月の公設秘書への現金20万円供与は、同誌記者の目の前で行われたという。

 総務担当者は20日の取材に、同誌編集部を通じて「甘利大臣や秘書たちが事をうやむやにしようとしている態度に不信感を抱き、取材を受けた。話した内容は真実だ」とのコメントを出した。

甘利氏「説明責任果たす」

 甘利氏は衆院神奈川13区選出で11回当選。1998年に初入閣し、第1次安倍内閣で経済産業相、第2次内閣以降は経済再生担当相。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の大筋合意にこぎ着けた手腕が安倍首相に評価されている。

 甘利氏の20日の記者会見は、経済再生担当相としての月例経済報告だったが、詰めかけた報道陣から口利き疑惑を巡る質問が相次いだ。甘利氏は硬い表情で「まだ明日発売の週刊誌で読んでいない」と述べ、「最終的に記事がどんな書き方か確認させてほしい。しっかり調査した上で説明責任を果たしたい。これが今、私が言える精いっぱいのことだ」と強調した。

 建設会社に対する自身の口利きの有無について聞かれると、「国民から後ろ指をさされるようなことはしていない」と述べた。秘書に問題があった場合の監督責任については「予断を与えるような発言は……」と言いよどむ場面もあった。【樋岡徹也、本多健】

☆☆☆

アングル:広がる貧富の格差、ダボス会議は世界の分断防げるか

2016年 01月 20日 15:36 JST REUTERS

http://jp.reuters.com/article/angle-world-divided-davos-idJPKCN0UY03O?sp=true

 1月18日、今週20日から23日まで、スイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開催されるが、政治家やビジネスリーダーたちは、ますます分断された世界に直面している。ダボスで撮影(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

 1月18日、今週20日から23日まで、スイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開催されるが、政治家やビジネスリーダーたちは、ますます分断された世界に直面している。ダボスで撮影(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

[ダボス(スイス) 18日 ロイター] – 今週20日から23日まで、スイスのダボスで世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開催されるが、政治家やビジネスリーダーたちは、ますます分断された世界に直面している

超富裕層の陰で貧困層はさらなる苦境に追い込まれ、欧米や中東では過去数十年で最も深い政治的亀裂が走っている

国際非政府組織(NGO)オックスファムが18日発表した格差に関する報告書によると、世界資産保有額ランキングの上位62人(うち男性53人)の総資産は、下位50%(36億人)の総資産に匹敵する

また、世界の上位1%を占めるスーパーリッチ層は、他の99%よりも多くの富を持っているという。

意義深いのは、貧富の格差が予想よりも早いペースで拡大していることだ。上位1%が残りの99%の富を上回るというのは、オックスファムの1年前の予想よりも1年早い。

不平等の拡大や、市民と政治的指導者の間の信頼感ギャップの拡大は、スイスのアルプス山地で開催されるダボス会議に集う世界のエリート層にとって大きな課題となっている。

こうした分断は、「持てる者と持たざる者」をはるかに超えたところでも広がっている。中東では、イスラム教シーア派とスンニ派の隔たりが危機的状況にあり、内戦やイスラム過激派の残虐行為で混沌とするこの地域で、イランとサウジアラビアは影響力を拡大しようと張り合っている。

中東の紛争は欧州にも波及。第2次世界大戦以降で最悪となる難民危機の対応をめぐり、深いイデオロギー的亀裂が生じている。また、英国が欧州連合(EU)を離脱する可能性は、60年にわたり推し進めてきた「1つの欧州」の将来について疑問を投げかけている。

一方、米著名実業家のドナルド・トランプ氏が大統領選の共和党候補指名争いでトップに立っていることは、米国内の大きな政治的分裂を露呈しており、世界的な混乱が広がるなかで米同盟諸国の不安をかき立てている

ダボス会議にはバイデン米副大統領、ケリー米国務長官、キャメロン英首相、カナダのトルドー首相、イスラエルのネタニヤフ首相、そしてイランとサウジ両国の外相が参加。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁のほか、レオナルド・ディカプリオやケビン・スペイシーら映画スターも出席を予定している。

<ポピュリズム>

PR会社のエデルマンによる年次調査では、所得不平等や将来への異なる期待などから、多くの国で上流層と一般大衆の間で信頼感にかつてないほど大きなギャップが見られた。このギャップは米国が最も大きく、英国、フランス、インドが後に続く。

同社のリチャード・エデルマン社長兼最高経営責任者(CEO)はロイターに対し、「こうしたことの結果が、トランプ氏や(仏極右政党・国民戦線の党首)ルペン氏によって体現されているようなポピュリズムだ」と指摘する。

また、第4次産業革命と称され、ダボス会議の焦点の一つでもある技術革新の新たな波も、社会的混乱に拍車をかける恐れがある。従来の仕事の多くがロボットに取って代わられる可能性があるからだ

オックスファムの報告書は、世界的な不平等が過去1世紀以上見られなかった水準に到達していることを示唆している。

同報告書によると、世界の資産保有額の上位62人の資産は過去5年間で44%増加した一方、下位50%のそれは1兆ドル以上減少。「所得と富は少しでも下へと伝わるどころか、警戒すべき速さで上へと吸い上げられている」と指摘している。

また、タックスヘイブン(租税回避地)の問題も指摘しており、個人資産の推計7.6兆ドルが現在オフショアで保有されているとしている。この額は英独の経済規模を合わせたよりも大きい。

これは大きな警鐘だ。不平等は経済の健全性にとって最大の脅威の一つであり、対処する必要がある」と、140カ国5000万人の鉱山、エネルギー、製造部門で働く労働者を組織するインダストリオール・グローバルユニオンのユルキ・ライナ書記長は語った。

オバマ米大統領も12日の一般教書演説でこの問題に言及し、テクノロジーの変化で世界は生まれ変わると指摘。「機会も不平等も広がる可能性がある。それを好むと好まざるとにかかわらず、そうした変化のスピードは加速する一方だろう」と述べた。

また大統領は、「グローバル経済のなかで企業はどこにでも拠点を構えられるし、より厳しい競争にさらされる。その結果、労働者はますます賃上げを期待できなくなり、企業はコミュニティーへの忠誠心を失っている。そして、さらに多くの富と所得が最上位に集中している」と語った。

(Ben Hirschler記者、Noah Barkin記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 January 20
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

Stars and Globules in the Running Chicken Nebula(ランニング・チキン星雲の星と小球体  )

Image Credit & Copyright: Martin Pugh

説明:

この巨大な鶏の卵は星に形成することができます。科学的に割り当てられた色で表示機能を備えた発光星雲は、IC 2944としてカタログに、その大きな外観の形状のためにランニングチキン星雲として知られています。

宇宙塵を曖昧に富み、小さな、暗い分子雲は、画像の上に向かって見られています。彼らはまた、急速に近くの若い星からの強い放射線によって侵食されているときに自分の運命は不確実であるが、これらの「卵」は、新しい星の重力縮合のための潜在的な部位は、彼らの発見のためにサッカレーの小球と呼ばれるています。

一緒に斑状輝くガスと塵を反射する複雑な領域と、これらの大規模かつエネルギッシュな星は、オープンクラスタザル249。この豪華な天空は星雲の推定6,000光年の距離で大きさは、約60光年に及ぶ形成します。

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート90±10、体温36.1℃で安定推移。

血糖値 136。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中