凍土壁の凍結「待った」 福島第一原発、汚染水漏れ懸念 ※原発事故影響か、福島の海岸でフジツボなど減少※ 岩城法相は答弁不能で立ち往生…安倍政権は無能大臣だらけ

owlmoon06_normal@hosinoojisan

凍土壁の凍結「待った」 福島第一原発、汚染水漏れ懸念

原発事故影響か、福島の海岸でフジツボなど減少

岩城法相は答弁不能で立ち往生…安倍政権は無能大臣だらけ

宮崎議員は清原と同じ、浮気癖は治らないだろう

 

「国会議員も『育児休暇』を取るべきだ」と主張した自民党の宮崎議員、妻の出産をいいことに、「女性遍歴」(浮気)を行っていたことが明らかになった。

どうも、彼の主張は、「育児休暇」でなく、「浮気休暇」であったのであろう。

彼は、自民党の「公募」に応じ、選ばれたことから、自民党の責任は免れない。(加藤元自民党幹事長の娘婿であったが、離縁された経緯を持つ

方丈記に「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまりたるためしなし。世中にある人と栖と、又かくのごとし。」とあるが、長期政権を狙う安倍政権も、陳腐な大臣使命や所属議員の退廃で、同じように消えていく運命と言っておきたい。

岩城法相、島尻北方相、丸川環境相、そして、自民党の宮崎議員の恥ずべき実態が、そのことを証明していると言っておきたい。

---

国民を騙し続けたアベノミクス、とうとう、株価は、19000円から15000円台まで、4000円も激減した事によって、見事に失敗したことを示している

大企業は、ますます肥え太り、国民はますます疲弊が強まっている。

規制緩和名目で、大企業の横暴なやり口を規制していた「鎖」を解き放ったためである

大企業に対する「規制」を強化しない限り、日本の将来は、暗いものになるだろう

崩壊間際の安倍政権を潰すために、国民の総力を結集すべきと言っておきたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

凍土壁の凍結「待った」 福島第一原発、汚染水漏れ懸念

2016年2月10日10時27分 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ24107QJ23ULBJ01G.html

写真・図版凍土壁の狙いとリスク

東京電力福島第一原発汚染水対策の柱として建設している凍土壁が、凍結を始められない事態に陥っている地下水の動きによっては汚染水の増加を抑えるどころか、逆に汚染水が漏れ出すおそれがあるとして、原子力規制委員会が凍結開始を認可しないからだ。東電は9日、工事の完了を発表したが、規制委を納得させられるかどうかは見通せない。

凍土壁は1~4号機の建屋地下を長さ1500メートルの「氷の壁」で取り囲み、地下水を遮断する計画。計1568本の凍結管を約1メートル間隔で深さ30メートルまで埋め、零下30度に冷やした液体を循環させて周りの土を凍らせる。9日、最後に残った温度計の取り付け作業が終わり、スイッチを入れれば凍結できる状態になった。

福島第一原発では、溶けた燃料が落ちている建屋地下に地下水が流れ込むことで、高濃度汚染水が生まれ続けている。凍土壁は抜本対策の柱として経済産業省の委員会が2013年5月に導入案をまとめ、東電が14年6月に着工。研究開発名目で約345億円の国費が投入された。稼働すれば、建屋そばの井戸で地下水をくみ上げるなど他の対策とあわせて、1日約400トンとされる地下水流入を100トンほどに減らせると東電は期待する。

 だが、凍土壁を認可する立場の規制委は当初から効果を疑問視してきた。「氷の壁」で囲んで地下水位が下がりすぎると、建屋にたまっている高濃度汚染水が逆に地中へ漏れ出してしまうリスクがあるからだ。

ログイン前の続き安全に運用できるか審査する検討会で、東電に再三説明を求めてきた。他の対策もある中で凍土壁の早期凍結にこだわる東電への不信感もあり、田中俊一委員長は昨春、「凍土壁ができたら汚染水の問題がなくなるかのような変な錯覚をまき散らしているところに過ちがある」とまで述べた。

 実際、昨春に始まった試験凍結では、予想外に水位が下がる場所が見つかった。水位は場所ごとに異なり、流速や流れる向きも未解明な部分が多い。いったん凍らせると溶けるまでに2カ月ほどかかるといい、問題が起きてもすぐに後戻りできない

 東電は「地下水の予測には限界がある」と認めるものの、水位が下がりすぎてもくみ上げ用の井戸から水を注入するなどして漏れを防げると主張している。

 敷地内にたまった処理済みの汚染水は70万トンを超え、タンクの増設も難しくなってきた。新たな汚染水の発生をとにかく減らしたい東電。汚染水漏れは何としても避けたい規制委。昨秋の検討会では「一日も早い判断が欲しい」と言う東電幹部に、更田豊志委員が「判断できる材料が得られていない。受け入れ難い」と声を荒らげた。

 隔たりが埋まらないまま工事完了が近づいた昨年12月。規制委は、建屋から汚染水が漏れ出すおそれが少ない凍土壁の部分凍結を文書で「提案」する異例の対応をとった。

 東電は全面凍結を目指す姿勢を崩さないが、「提案」の検討も進める。次の検討会は今月15日。広瀬直己社長は9日、廃炉の全体状況を説明するとして規制委を訪れ、凍土壁について田中委員長に「ご意見を踏まえ、しっかり(回答を)返していきたい」と話した。(熊井洋美)

☆☆☆

<福島第1>凍土遮水壁の設置完了 開始未定

2016年02月10日 水曜日 河北新報

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201602/20160210_63011.html

設置工事が完了した凍土遮水壁の配管(東電提供)

写真特集へ

 東京電力は9日、福島第1原発の原子炉建屋への地下水流入を減らす「凍土遮水壁」の設置工事が完了したと発表した。稼働に必要な原子力規制委員会の認可が得られておらず、冷却の開始時期は決まっていない。

 遮水壁は、1~4号機の周囲1.5キロに1568本の凍結管を打ち込み、地下30メートルの氷の壁を造る。稼働すれば、高濃度汚染水の発生原因となる地下水流入は、1日50トンと3分の1に減ると見込んでいる。

 2014年6月に着工し、海側を除く3辺は工事が完了。15年4月には試験凍結が始まり、海側も11月に凍結管の設置がほぼ終わっていた。補助事業として国が約345億円を支出している。

 規制委は、建屋内の地下水位のコントロール手法などに関し、東電の説明が不十分だとして、運用開始に難色を示している。

☆☆☆

凍土遮水壁の設置完了 凍結開始時期は決まらず 第一原発

( 2016/02/10 13:00 カテゴリー:主要 )福島民報

http://www.minpo.jp/news/detail/2016021028731

 東京電力福島第一原発の汚染水対策の切り札とされる「凍土遮水壁」の設置工事が9日、完了した。東電は今年度中に稼働させ、凍結を完了させる予定だが、原子力規制委員会が運用を認めていないため、凍結開始時期は決まっていない

 冷却材の温度計の調整などを完了し、9日午後3時15分ごろに工事を終了した。平成26年6月から設置工事を始めた。1~4号機を囲むように凍結管計1568本を埋設し、マイナス30度の冷却材を循環させて地盤を凍らせる。建屋への地下水流入量を現在の約200トンから半減できると試算している。

 しかし、規制委は、遮水壁の効果で建屋周辺の地下水位が下がると、建屋内にある高濃度の汚染水が外に漏れだす可能性があると指摘。東電はサブドレンと呼ばれる建屋周辺の井戸からのくみ上げ量調整などで水位管理が可能としているが、規制委は1月27日の検討会で、安全性の説明が不十分とした。

 15日に開かれる検討会で指摘を受けた項目を東電が説明する。規制委の理解が得られなければ、今年度中の凍結は不透明な状況となる可能性が高い。

凍土遮水壁の設置完了

☆☆☆

原発事故影響か、福島の海岸でフジツボなど減少

2016年02月06日 17時58分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/science/20160206-OYT1T50090.html?from=ytop_ylist

 福島第一原子力発電所から南に10キロ・メートル以内の海岸で、原発事故後にフジツボなどの「付着生物」が減少しているとの調査結果を、国立環境研究所が発表した。

 原発事故との関係ははっきりしないが、「海に出た放射性物質などの影響で、一時的に大量死した可能性がある」と分析している。

 2013年5~6月、福島、宮城、茨城の3県7地点の海岸にある消波ブロックに付着したフジツボや巻き貝などを50センチ四方の範囲で採取し、数などを調べた。

 4か所ある福島県内の調査地点のうち、原発の南1・2キロ・メートル(大熊町)では1平方メートルに換算して2864匹、9・5キロ・メートル南(富岡町)では2404匹だった。残る5地点の平均は1万8592匹で、原発北側の福島県内の2か所(南相馬市、双葉町)ではそれぞれ、3万1728匹、5324匹が採取され、大熊町、富岡町の調査地点より多かった。

 調査した堀口敏宏・生態系影響評価研究室長は「原発に近く、潮の流れに沿った南側の減少が著しい。付着生物の回復状況などの調査を続ける」と話している。

☆☆☆

福島第一原発 汚染防護服などの試験焼却処分を延期

2016年02月10日 (水) NHK

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/237508.html#more

東京電力福島第一原子力発電所では、この5年近くの廃炉作業で出た使い捨ての防護服などが大量にたまり、大きな課題となっています。東京電力はこうした廃棄物について10日から試験的に焼却処分する予定でしたが、装置に水漏れが見つかり、11日以降に延期されました。

福島第一原発では、1日当たりおよそ7000人の作業員が廃炉作業に携わっていて、使い捨ての防護服などの衣類やシート、木材といった廃棄物の量は、去年12月末の時点で6万6000立方メートルと、25メートルプールにして100杯分を超えています。

京電力は、こうした廃棄物を焼いて灰にすることで体積を10分の1にするため、10日から新たな施設で実際に汚染した衣類を試験的に燃やす予定でした。

ところが、10日朝になって排気ガスを水で冷やす装置で僅かに水漏れが見つかり、その後も完全には止まらないことから、点検のため試験焼却を11日以降に延期しました。

この施設は1日最大でおよそ14トンの廃棄物を処分でき、排気筒には放射性物質を取り除くフィルターがつけられていて、焼いたあとの灰は放射性物質の濃度が上がるため密閉したドラム缶に詰め、放射線を遮る頑丈な建物で保管することにしています。

東京電力は水漏れの原因を調べたうえで試験焼却を再開する方針で、具体的な見通しは現時点ではたっていないほか、今年度中としていた本格的な運用開始への影響もまだ分からないとしています。

☆☆☆

北の「人工衛星」、今回は姿勢安定…米政府高官

2016年02月11日 00時33分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/world/20160210-OYT1T50126.html?from=ytop_main2

 【ワシントン=三井誠】北朝鮮が長距離弾道ミサイルで打ち上げ、地球周回軌道に投入したとされる「物体」について、ロイター通信は9日、米政府高官の話として、姿勢が安定していると伝えた。

 北朝鮮が2012年12月の発射で放出した物体は、周回軌道に入った後に不安定な回転を続けたとみられることから、今回の打ち上げでは技術が向上した可能性がある。

 北朝鮮は打ち上げた物体については「人工衛星」だと主張している。地球観測などを担う衛星として機能するには、姿勢を安定させる必要があるが、今回打ち上げられた物体から地球への信号などは確認されていない

☆☆☆

問われる任命責任…島尻北方相「歯舞」読めないおバカぶり

2016年2月10日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175077

島尻安伊子沖縄北方担当相(C)日刊ゲンダイ 

島尻安伊子沖縄北方担当相(C)日刊ゲンダイ

 小学生以下だ。島尻安伊子沖縄北方担当相の9日の記者会見が、大問題になっている。北方領土のひとつ、歯舞群島の「歯舞(はぼまい)」という漢字を読めなかったのだ。島尻大臣は北方領土の元島民でつくる団体「千島歯舞諸島居住者連盟」が主催する北方領土ネット検定を紹介した際、手元の資料を読みながら「千島、はぼ……ええと、何だっけ」とストップ。そばにいた秘書官が「はぼまい」と伝えた。

 さらに、島尻大臣は会見でこのネット検定の初級編を3、4年前に受けたことを明かし、「(点数は)恥ずかしくて言えない。これからまた勉強したい」と話したのだ。島尻大臣の事務所は「ちょっと慌ててしまったのか、度忘れしてしまったのでしょう」と説明しているが、島尻大臣は北方領土返還に向け、国民の世論を喚起する担当相。笑い話では済まない話だ。地元紙記者はこう言う。

「歯舞群島から根室の納沙布岬までの距離は、わずか3.7キロ。望遠鏡でも見える距離で、道民は『いつの日か、いつの日か』と眺めながら返還を待っている。北方四島の中で最も日本に馴染みがある島です。『歯舞昆布』は上質な昆布で最高級のダシが取れることで有名です。地元では『やはり、沖縄県選出の島尻氏は北方領土のことなんかどうでもいいんだ』という声が漏れています」

 この発言は外交にも大きく影響するだろう。安倍首相は5月にロシアのプーチン大統領と非公式会談をする方向だからだ。北方領土も議題に上がるはずだったが、担当大臣がこのレベルではロシアになめられるだけだ。

「現在は5月の会談に向けて、事務方同士が最終調整を行っている最中。今月15日には次官級協議も予定されています。そのタイミングでの今回の会見は、ロシアに『交渉する気はありません』というマイナスのメッセージを送っているようなもの。しかも、今月7日は『北方領土の日』でした。日比谷公園で行われた全国大会で、島尻氏は最後にあいさつもしている。安倍首相の任命責任を問われても仕方ありません」(北方領土に詳しいジャーナリスト)

 もともと、沖縄選出の島尻氏を大臣に起用したのは辺野古移設の地元対策みたいなものだ。慣例で北方領土担当をくっつけた。高木下着大臣といい、甘利ワイロ大臣といい、丸川おバカ環境相といい、安倍首相の人事はムチャクチャだ。

☆☆☆

岩城法相は答弁不能で立ち往生…安倍政権は無能大臣だらけ

2016年2月10日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/175079

無能バカ大臣が続々…(右が岩城法相)(C)日刊ゲンダイ 

無能バカ大臣が続々…(右が岩城法相)(C)日刊ゲンダイ

 岩城光英法相(66)が、TPPについて全く理解していないことが明らかになった。

 9日の衆院予算委員会で、外国企業と訴訟になった場合、国際機関と日本の最高裁判決のどちらが優先されるのか野党議員に問われたが、答えられず、審議が度々ストップ。

岩城大臣はシドロモドロになりながら、「どちらも有効。当事者が選択することも可能だ」と答えた。竹下亘予算委員長も「答弁できますか?」と呆れ顔だった。

 8日の予算委でも、「国際交渉だから法務省には答えられない」「国内では最高裁判決が優先する」と意味不明の答弁を連発していた。

 野党にとっては格好の標的だ。

■丸川環境相は問題発言を謝罪

 丸川珠代環境相も“問題発言”を国会で追及され、謝罪した。問題になっているのは、丸川大臣が7日に長野県松本市で行った講演での発言。

 原発事故に伴う除染で国が長期目標として示している年間追加被曝線量1ミリシーベルトについて、「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる。そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」などと発言した。

 しかし「1ミリシーベルト」は、民主党政権が、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告に基づき定めたもの。科学的根拠は示されている

 9日の衆院予算委で追及された丸川大臣は、「もし誤解を与えるようであれば、言葉足らずであったということについてはおわびを申し上げたい」と陳謝した。

☆☆☆

清原と同じ、浮気癖(女性遍歴癖)は治らないだろう

自民党内からも離党論 9日には派閥幹部に土下座も 宮崎氏12日に記者会見

2016.2.11 00:45更新 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/160211/plt1602110006-n1.html

衆院本会議に出席し、着席時頭を下げた自民党の宮崎謙介衆院議員=9日午後、国会(斎藤良雄撮影)

衆院本会議に出席し、着席時頭を下げた自民党の宮崎謙介衆院議員=9日午後、国会(斎藤良雄撮影)

 女性タレントとの不倫疑惑を週刊文春で報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員(35)=京都3区=が12日に記者会見する方向で調整していることが分かった。事実関係を説明するという。宮崎氏が所属する党二階派関係者が10日、明らかにした。

 自民党総裁の安倍晋三首相は10日の衆院予算委員会で、宮崎氏に関し「政治家はしっかりと自らの行動を律する必要がある」と強調した。「国民の信頼の上に政治活動がある。政策を実行していく上でも国民の信頼が基礎だ」とも述べた。

 二階派会長の二階俊博総務会長らはこの日、宮崎氏から事情を聴取。宮崎氏は9日には同派顧問の伊吹文明元衆院議長宅を訪ね「ご迷惑をおかけした」と土下座し陳謝したという。伊吹氏は10日の派閥総会で「非は非として認め、しっかりおわびをする。グズグズしているのは許されない」と不快感を示した。ただ派としては「仲間の絆を強めてやってもらいたい」と強調した。

 宮崎氏は妻の同党議員、金子恵美氏の出産(5日)に合わせ育児休業を取得すると表明していた。国会議員の「育休」制度化を求め同僚議員を巻き込んで活動していただけに、党内では厳しい意見が噴出。「かばう要素はない」(幹部)などと離党論も出ている。

☆☆☆

 

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 February 10
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

Galaxies in the River(川の中の銀河)

Image Credit & Copyright: CEDIC TeamProcessing: Markus Blauensteiner

説明:

大きな銀河は、小さなものを食べることによって成長します。
我々自身の銀河さえ銀河の共食いを行います。そして、あまりに間近になって、天の川の重力によって占領される小さな銀河を吸収します。
実際、共食いは宇宙で一般的で、南の星座の銀行から、エリダノス座(川)を相互作用している銀河のこの著しい一組で例示しました。

5000万光年以上離れて位置して、小型の銀河NGC 1531(センターの権利)(結局、より小さな銀河が失う闘い)との重力闘いに閉じ込められるのを、大きな、ゆがめられた螺旋NGC 1532で見られます。

見られるエッジにスパイラル NGC 1532 にまたがり、約 10万光年です。このシャープな画像で素敵な詳述、NGC 1532/1531年ペア顔にスパイラルと M51 として知られている小さな仲間は、よく研究のシステムに類似する考えられます。

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート90±10、体温36.1℃で安定中。

血糖値 131。他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中