【高浜原発】運転停止命じる仮処分が決定 稼働中に停める初の司法判断  ※ 原発事故は「運命」…元原子力安全委トップが笑顔で大放言

hosi@hosinoojisan

 

【高浜原発】運転停止命じる仮処分が決定 稼働中に停める初の司法判断

原発事故は「運命」…元原子力安全委トップが笑顔で大放言

 

今日のニュースは、何といっても、高浜原発運転中止を命じる大津地裁の仮処分決定であろう。

しかも、提訴原告団が、原発立地の自治体の住人でなく、30Km以上離れた地域の住民であることが、特徴と言える。

福島原発事故の影響は、多大であったことから当然であろう。

巻き返しの動きが強まるであろうが、国民の総力で、原発完全停止まで、運動を強める必要があると思っている

---

班目(まだらめ)春樹・元原子力安全委員長が、あるTVの番組の中で、とんでもない発言をしたようである。

原発事故は運命」だったと言っているようだ。

とぼけるなと言っておきたい。

こんないい加減な人物が原子力安全委員会のTOPだったから、福島第一原発事故が発生したと強調しておきたい

以上、雑感。

 

☆☆☆

関電高浜原発の運転差し止め決定 大津地裁、10日3号機停止へ

2016/3/9 23:26 共同通信

http://this.kiji.is/80189696566378500?c=39546741839462401

画像 

関西電力高浜原発3、4号機の運転を差し止める仮処分決=9日午後3時38分、大津地裁前

画像 

関西電力高浜原発3号機(手前)と4号機=福井県高浜町

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転禁止を隣接する滋賀県の住民が申し立てた仮処分で、大津地裁(山本善彦裁判長)は9日、「過酷事故対策や緊急時の対応方法に危惧すべき点がある」として運転を差し止める決定をした。決定は直ちに効力を持つ。2基のうち4号機はトラブルで既に停止中のため、関電は稼働中の3号機を10日に停止する

 決定は東京電力福島第1原発事故の原因究明が進んでいない状況を重視し、政府が「世界一厳しい」と強調する原子力規制委員会の新規制基準自体に「公共の安心、安全の基礎と考えるのはためらわざるを得ない」と疑問を呈した

☆☆☆

【高浜原発】運転停止命じる仮処分が決定 稼働中に停める初の司法判断

The Huffington Post  |  執筆者: 安藤健二

投稿日: 2016年03月09日 16時54分 JST 更新: 2016年03月09日 16時54分 JST

http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/09/takahama-nuclear_n_9415434.html?utm_hp_ref=japan

TAKAHAMA

大津地裁は3月9日、関西電力の高浜原発(福井県高浜町)で稼働中の原子炉2基の運転停止を命じる仮処分を決定した。朝日新聞デジタルなどが報じた。

稼働中の原子炉の運転停止を命じる司法判断は初めて。関西電力は、速やかに原子炉を止めなければならなくなった。

■仮処分に至った経緯

NHKニュースによると、高浜原発3号機と4号機について、滋賀県内の住民29人は「安全性が確保されておらず、重大な事故が起きる危険がある」として、再稼働前の2015年1月、運転の停止を求める仮処分を申し立てていた。

住民らは高浜原発から約30~70キロ圏内に居住。地震災害に伴う重大事故が原発で起きた場合、放射性物質で琵琶湖が汚染されて水が飲めなくなり、生命や健康を脅かされると主張していた

これについて、大津地方裁判所は「福島第一原発事故を踏まえた事故対策や緊急時の対応方法について危惧すべき点があり、津波対策や避難計画にも疑問が残るのに、関西電力は十分に説明していない」として、3号機と4号機の運転の停止を命じる決定を出したという。

高浜原発では1月に3号機、2月に4号機が、原子力規制委員会の新規制基準に合格して再稼働していた。

【関連記事】

☆☆☆

関電、原子炉停止で報告書提出 高浜原発4号機トラブル

2016/3/9 14:45 共同通信

http://this.kiji.is/80174776944082947?c=39546741839462401

 関西電力は9日、高浜原発4号機(福井県高浜町)の再稼働後に緊急停止したトラブルについて、原子力規制委員会に原因と再発防止策をまとめた報告書を提出した。

 関電のこれまでの調査では、送電線側から想定を超える電流が流れたため、検知器が反応して発電機が止まり、自動的に原子炉が緊急停止したことが分かっている。

 4号機は、2月20日に1次冷却水漏れが発覚した。関電は原因を突き止め対策を取ったとして26日に再稼働した。だが29日に発電と送電を開始する作業中、原子炉が停止した。

 緊急停止を受け関電は今月2日、4号機の1次冷却系の温度や圧力を下げる冷温停止状態にした。

当方注:

「送電線側から想定を超える電流が流れたため」としているが、何故このような事態を招いたのか原因を明らかにしていない

「想定外」で逃げることは許されない。

☆☆☆

原発事故は「運命」…元原子力安全委トップが笑顔で大放言

2016年3月9日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/176948

本当に専門家だったの?(C)日刊ゲンダイ 

本当に専門家だったの?(C)日刊ゲンダイ

 震災発生時の原子力安全委員会トップが大放言だ。8日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系)で、班目春樹・元原子力安全委員長が原発事故を笑いながら「天罰」「運命」と表現するシーンが放送された。

 班目氏が出演したのは、シリーズ特集「震災から5年 あの日から今へ」。3回目となる8日は、VTRに登場した班目氏が番組司会の伊藤利尋アナウンサー(43)に対し、福島第1原発事故の対応と問題点を振り返る内容だった。

 インタビューで班目氏は、当時の菅直人首相(69)から「水素爆発はあるのか?」と尋ねられたことを明かし、格納容器の中に酸素はないため爆発はしない、と回答したと説明。しかし、その数時間後に1号機建屋で水素爆発が発生した。

 このことについて班目氏は、格納容器から水素が漏れ出して建屋内で爆発する可能性までは菅首相に説明していなかったことを「大失敗だったとは思う」と後悔しつつ、間違った説明ではなかったとの認識を示した。また、爆発後、菅首相から信頼されなくなったことを「ひしひしと感じました」とも語った。

 その後の事故対応について、「あんな人(菅首相)を総理にしたから天罰が当たったんじゃないかって、このごろ運命論を考えるようになっちゃってますよ」と笑いながら回答

伊藤アナから「唯一の専門家として、もうちょっと(何とか)できなかったか」と尋ねられても、「あの時、(専門家は)ずっと私1人だけだった」「原子力保安院が図面を持ってこなかった」などと、終始のらりくらりと答えていた。

 他人ごとのように5年前を振り返った班目氏。当時の責任者がこれでは、最悪の事故を招いたのも当然だ。

 

当方注:

「あんな、下らん人(班目春樹・元原子力安全委員長)を『原子力安全委員長』にしたから事故を招いた」と言ってよい。

☆☆☆

参院選の選挙協力に温度差 5野党共闘に影響も

毎日新聞2016年3月9日 21時36分(最終更新 3月9日 21時36分)

http://mainichi.jp/senkyo/articles/20160310/k00/00m/010/063000c

 民主、共産両党が進める夏の参院選の候補者一本化に関し、「選挙協力」に対するスタンスの違いが表面化してきた。民主が党内保守系などへの配慮から「候補者調整」だとして限定的な協力を強調するのに対し、共産党は「選挙協力の一形態」と指摘し全面協力を主張。維新、社民、生活を含めた野党5党の共闘にも水を差しかねない事態となっている。

 「参院選1人区に続き、衆院選小選挙区でも5野党間で協力を始めてほしい。衆参共に協力することで安倍政権との対決をより力強く打ち出せる」。安全保障関連法に反対する学生団体「SEALDs(シールズ)」などの市民団体は9日、国会内で5野党の幹事長・書記局長と会談し、5党が協力するよう強く求めた。

 5党は先月19日の党首会談で「国政選挙などあらゆる場面で5党のできる限りの協力を行う」ことで合意。共産は参院選1人区での独自候補の原則取り下げ方針を決め、宮城選挙区など1人区での一本化が加速している。

 しかし、共産が合意内容を文字通りの選挙協力と受け止めているのに対し、民主幹部からは「候補者調整は選挙協力ではない」「できる範囲での協力は選挙協力ではない」などと否定する声が続出。「共産の自主的な候補取り下げは選挙協力でも候補者調整でもない」との解説すら出ている。枝野幸男幹事長も9日の記者会見で「定義のはっきりしない選挙協力という言葉を使うべきでない」と慎重姿勢を示した。

 民主が共産との選挙協力を否定するのは、党内保守系や支持団体の連合から共産との接近に懸念が出ているためだ。3日の両院議員懇談会では保守系から共産との連携にクギを刺す意見が相次いだ。「民主は共産と組む革新勢力だ」との与党からの批判を打ち消す狙いもある。

 次期衆院選への対応でも両党の違いは明らかだ。共産の山下芳生書記局長は9日、記者団に「合意したのは国政選挙での選挙協力だ」と衆参いずれでも選挙協力を行う考えを強調。これに対し、民主の枝野氏は会見で「我々は単独政権を目指す。衆院選は政権選択選挙で、参院選とは位置づけが違う」と否定した。民主側は衆院選の候補者の一本化について明言を避けており、両党の溝は深まっている。【飼手勇介、田所柳子】

当方注:

野党共闘をどうしても破壊し、自民党安倍政権を擁護する動きが強まっている。

多くの国民は、共産党を含め5党の協力を強く求めている

民主党の諸君が、何故、民主党政権が崩壊したのか反省し、反共主義を克服しない限り、前進は、出来ない事を理解すべきであろう。

☆☆☆

野党統一候補=民共合作候補 自民、ビラで野党共闘批判

2016年3月10日05時12分 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ395133J39UTFK008.html?iref=comtop_6_03

自民党は今夏の参院選に向け、野党5党が進める統一候補擁立を批判するビラを作成した。赤字の大きな見出しで「『野党統一候補』=『民共合作候補』」と主張し、理念も政策も違う民主、共産両党がタッグを組むと強調。参院選を「『自公の安定政権』か、『民共合作の革命勢力』かの選択」と位置づけている。

 ビラでは「『理念なき民主党』と『革命勢力・共産党』の打算と思惑の産物」と痛烈に批判したうえで、日米安保条約の破棄と自衛隊廃止という共産の主張を取り上げ、「どうやって日本を守るのか」と疑問を投げかける。

 党所属国会議員に配るほか、12日の全国幹事長会議などを通じて地方議員らへの周知徹底を図る予定だ。

☆☆☆

 

☆☆☆

Total eclipse Live streaming(23:00 UTC-) /皆既日食LiVE2016 in インドネシア (約4時間かかります)

https://youtu.be/xpwrhFFjsos

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 March 9
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

Edge-On Galaxy NGC 5866(エッジオン銀河NGC 5866)

Image Credit: NASA, ESA, Hubble Legacy Archive; Processed & Copyright: Hunter Wilson

☆☆☆

妻純子の状況:

胃瘻交換終了、Zn不足の状況なので、対応した治療を行うとのこと、傷の改善が見られれば、比較的早く退院できそうだ。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中