原発ない福島に 再稼働許さない 県民集会に6000人 ※弁護団長「原発止められる時代へ」 ※「自衛隊の命を守れ」SEALDsら安保法施行前デモ ※志位氏「参院選は自公対5野党と市民・国民」

hosi@hosinoojisan

原発ない福島に 再稼働は許さない 県民集会に6000人

弁護団長「原発止められる時代へ」 高浜差し止めで集会

「自衛隊の命を守れ」SEALDsら安保法施行前にデモ

志位委員長「参院選は自公対5野党と市民・国民」

首相、参院選に向け改憲封印か 党大会で一言も言及せず

 

自民党の党大会、憲法改悪に関して、安倍首相は、一言も触れなかったようである。

安倍首相のヒトラー張りの戦略で、共産党攻撃を前面に押し出し、国民に誤解を与え、選挙後に一気に改憲を行おうと言う戦略である。

現在、野党5党が、野党協力を進めつつあるが、この戦略で、最大野党の腰が引けつつある

前回の国政選挙でも同じことをやって、選挙後、戦争法案(安保法制)を一気に進めたが、国民は、二度と同じ戦略には騙されないであろう

民主主義を守る闘いは、かってなく高まっており、彼らの野望を砕くこととなろう。

日本の民主主義を守るため、全力を投じたい。

---

今回の自民党大会、「自民党も落ちるとこまで落ちたね」と言う事態が明らかになった

そう、「SPEED」の今井絵理子(32)氏を全国候補に決定した事である。

氏は、内縁の夫が、沖縄で、「風俗店」を経営していたことを重々承知していながら、内縁関係を続け、自らそれを許容しているのである。

ご承知の通り、「風俗店関係者」は、反社会勢力との関係が深く、縁を切ったからと言って、関係が切れないことは、元巨人の清原氏を見ても明らかだ

今井絵理子氏を通じて、反社会勢力が、国政に関与する危険性が強いのである

こんな人物しか、推薦できないと言う事は、自民党も、人材がいないため、「落ちるとこまで落ちた」と思われてもしようがなかろう

自民党の諸君の自浄作用を期待したいものである。

---

日本の性風俗や技術研修名目の海外労働者が、「人権侵害」、「奴隷労働」と、海外で問題にされ始め、国連でも問題提起されている。

こんな状況を許している自公政権は、一日も早く、退陣させるべきと重ねて主張しておきたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

原発ない福島に 再稼働は許さない 県民集会に6000人

2016年3月13日(日) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-13/2016031301_02_1.html

写真

(写真)「原発NO!」とアピールする福島県民大集会の参加者=12日、福島県郡山市

 東京電力福島第1原発事故から5年を迎えた12日、「2016原発のない福島を! 県民大集会」が福島県郡山市の陸上競技場で開かれ、約6000人が参加しました。日本共産党の、いわぶち友参院比例予定候補、くまがい智参院選挙区予定候補も参加。集会後、デモ行進しました。

 角田政志集会実行委員長が「福島の現実置き去りの原発再稼働を許すことはできない。福島第2原発の廃炉、日本の原子力政策の見直しを求めていく」と強調しました。

さようなら原発一千万人署名市民の会呼びかけ人の鎌田慧さんが連帯あいさつしました

 4氏がリレートーク。福島原発事故津島被害者原告団長の今野秀則さんは「原発と人間社会は共存できない。安倍首相が言うようなコントロールはされていない。制御できない原発が事故を起こせば悲惨な事態になる。私たちはその過酷な現実を担い続けさせられている」と告発しました。

 大熊町の愛場学さんは家族がばらばらにされた怒りを込め「原発再稼働は到底容認できない」ときっぱり語りました。

 集会に初めて参加した女性=福島市在住=は「みなさんの話を聞いて今もすごく苦しんでいるんだなと痛感しました。原発は必要ないです」と話しました。

☆☆☆

弁護団長「原発止められる時代へ」 高浜差し止めで集会

2016年3月14日01時20分 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/ASJ3C77CMJ3CPTIL039.html?rm=415

写真・図版

原発の再稼働反対を訴える人たち=13日午後、大津市、高橋雄大撮影

写真・図版

原発の再稼働反対を訴える人たち=13日午後、大津市、高橋雄大撮影

関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転を即時差し止めた大津地裁の仮処分決定について、住民側弁護団長の井戸謙一弁護士が13日、大津市内で開かれた集会で成果を報告した。原発反対を訴える市民ら約1500人(主催者発表)を前に、「日本中の原発のない社会を希求している人たちの力のたまものだ」と述べた。

 「今まで原発の運転を差し止める司法判断は、変わった裁判官とか、よほどの決心がないとできないと言われていた。これからは、普通に原発を差し止められる時代が切り開かれる

 井戸弁護士は今回の決定についてそう語った。自身も2006年、金沢地裁の裁判長として、北陸電力志賀(しか)原発2号機(石川県志賀町)の運転差し止めを命じる判決を言い渡した経験がある。退官を決めていた11年3月に東京電力福島第一原発事故が発生。「判決を書いた経験が生かせる。自分がやらなくては」と、退官後、弁護士として各地で原発関連の訴訟などに関わってきた。

ログイン前の続き今回の決定では、福島の事故原因が十分に解明されていない点を指摘。事故を教訓に策定された国の新規制基準に基づく安全対策について、関電の説明が不十分だと批判した。さらに新規制基準を満たせば十分とするだけでなく、避難計画などほかの安全対策にも注意を払う必要があると指摘した。

 井戸弁護士は「これまで新規制基準と合致しているかどうかが重視されていたが、それだけではだめで、福島の事故によってどう対応したのか、裁判所にわかるように説明すべきだとした。(避難計画を)規制内容に組み込むことが国の義務だとも言っている」と決定の意義を説明した。

 集会は、高浜原発大飯原発福井県おおい町)の再稼働に反対してきた滋賀県の住民や労働組合などでつくる実行委員会が主催。参加者らはその後、「ようやった! 地裁 原発NO」「原発いらない」と書かれたプラカードなどを掲げながら大津市内をデモ行進した。

 今回の仮処分決定を受けて関電は10日に高浜原発3号機の運転を停止。大津地裁に仮処分決定の効力を一時的に止める執行停止や、取り消しを求める保全異議を近く申し立てる方針。(島崎周)

☆☆☆

シールズら安保法反対集会 新宿で「自衛隊の命守れ」

2016年3月13日 18時39分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016031301001465.html

 安全保障関連法に反対する学者の会と大学生らのグループ「SEALDs(シールズ)」が13日、東京都新宿区のJR新宿駅東口前で集会を開き、法の施行で自衛隊の危険が増すとして「自衛隊の命を守れ」「派兵するな」と声を上げた。民主、維新、共産、社民各党の国会議員も登壇し、今夏の参院選に向けた野党共闘への支援を求めた。

 集会には主催者発表で約3500人が参加した。学者の会の佐藤学学習院大教授は、政府が法施行後に「駆け付け警護」などの任務拡大を検討する南スーダンについて「必要なのは兵士ではなく、医者と教師だ。世界の平和を推進する日本であり続けよう」と訴えた。(共同)

 安保関連法に反対し「SEALDs(シールズ)」などが開いた集会。国会議員も登壇し、参院選に向けた野党共闘への支援を求めた=13日午後、JR新宿駅前

☆☆☆

「自衛隊の命を守れ」SEALDsら安保法施行前にデモ

2016年3月13日19時26分 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ3F5TCCJ3FUTIL017.html?iref=recob

写真・図版

学生団体「SEALDs」のメンバーや「学者の会」、野党幹部らがスピーチに立ち、安保関連法反対や野党共闘などを呼びかけた=13日午後、東京・新宿、池永牧子撮影

写真・図版

 安全保障関連法の施行が29日に予定されるなか、学生団体「SEALDs(シールズ)」と「学者の会」が13日、東京・新宿駅前で反対集会を開いた。学生の音楽に乗せた「コール」に合わせ、約3500人(主催者発表)が「自衛隊の命を守れ」などと叫んだ。

 登壇者は、法施行で自衛隊のPKO(国連平和維持活動)派遣部隊の任務に新たに加わる「駆けつけ警護」の問題を強調。現地で民間人らを武器を持って助けに行く任務で、谷こころさん(20)は「人助けしたくて自衛隊に入った若者が、人をあやめることになるかもしれない」と訴えた。

 中野晃一・上智大教授(政治学)は参院選に向けた野党共闘に触れ、「時には叱り、時には褒めて野党を後押ししよう」。奥田愛基さん(23)も「選挙結果によっては(駆けつけ警護の任務を)延期させられるはず」と呼びかけた。(佐藤恵子)

☆☆☆

医療正常なら138人生存 岩手、宮城の被災病院 

2016年3月13日 22時12分 東京新聞(共同)

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016031301001478.html

 東日本大震災で被災した岩手、宮城両県の病院で亡くなった1042人中、約13%に当たる計138人が、通常の医療体制なら救えた可能性が高いことが13日、両県の医師が参加した厚生労働省研究班の調査で分かった。震災では、多くの病院が停電や断水による医療機器の停止や薬不足に見舞われた。次の災害に備え、医療機関が機器などを守る防災体制の強化が求められている。

 調査は震災発生日の2011年3月11日からの約20日間、岩手、宮城の災害拠点病院など主要な40病院で亡くなった患者が対象。記録などを基に、救急や災害医療の専門家が分析した。(共同)

研究班が判定した東日本大震災の犠牲者

研究班が判定した東日本大震災の犠牲者

☆☆☆

志位委員長「参院選は自公対5野党と市民・国民」

3月13日 17時58分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160313/k10010441851000.html

志位委員長「参院選は自公対5野党と市民・国民」

k10010441851_201603131926_201603131926.mp4

共産党の志位委員長は東京都内で開かれた集会であいさつし、夏の参議院選挙について、「対決の構図は自民・公明対野党5党と市民・国民だ」と指摘したうえで、定員が1人の「1人区」すべてで民主党などと候補者の一本化を実現したいという考えを示しました。

この中で共産党の志位委員長は、夏の参議院選挙について、安倍総理大臣が「自民党・公明党の連立政権対民主党・共産党の戦いとなる」と指摘したことに触れ、「対決の構図は自公対民共ではなく、自公対野党5党と市民・国民だ」と述べました。

そのうえで、志位氏は、全国に32ある定員が1人の「1人区」について、「ひとつひとつ丁寧に合意を重ねて、32の全部で野党統一候補を実現し、全部で自民党に勝とう」と述べ、民主党などと競合している選挙区で、安全保障関連法の廃止などを公約とすることを条件に、さらに党の公認候補者を取り下げるなどして、すべての「1人区」で候補者の一本化を実現したいという考えを示しました。

また、志位氏は次の衆議院選挙について、「衆議院選挙の小選挙区でも野党共闘の態勢を作ることが必要だ。安倍総理大臣が野党共闘つぶしのために解散・総選挙をやってきたら、返り討ちにしていこう」と述べました。

☆☆☆

首相、参院選に向け改憲封印か 党大会で一言も言及せず

2016年3月14日00時18分 朝日新聞

http://digital.asahi.com/articles/ASJ3F4PV6J3FUTFK001.html?rm=770

写真・図版

自民党大会で演説する安倍晋三総裁=13日午前、東京都港区のホテル、飯塚晋一撮影

写真・図版

安倍晋三首相は13日の自民党大会で、国会答弁などで再三意欲を示した憲法改正には一切触れず、夏の参院選に向けてアベノミクスの「成果」を強調した

これまでも選挙前には経済対策を中心に訴え、選挙後に集団的自衛権の行使容認や安全保障法制など肝いりの政策を一気に推し進める手法を繰り返してきた。

自民党内にも「参院選後の改憲推進」を前提とする空気が広がっている

 安倍首相は党大会の演説で、国会議員や参院選の立候補予定者、地方組織幹部ら約3500人を前に声を張り上げた。「アベノミクスとは何か。雇用を増やし収入を増やすことだ。経済政策は間違いなく結果を出している。名目GDP(国内総生産)600兆円に向かって歩みを進めていく」

 約20分間の演説ではアベノミクスの効果を訴える数字を並べた。「デフレ不況で失われた国民総所得を40兆円奪還」「110万人以上の雇用増」「有効求人倍率は24年ぶりの高い水準」「最低賃金は3年連続大幅増」……。

 演説の最後に持ち出したのは、民主など5野党の連携に対する牽制(けんせい)の言葉だった。「今年の戦いは、政治に国民に責任を持つ自民・公明の連立政権対、民主・共産の勢力との戦いになる」と強調。安保法廃止を求める野党を批判し、「廃止したら日米同盟の絆は損なわれる」と訴えた。

 首相は経済政策や野党批判を能弁に語る一方、意欲を見せている憲法改正については一言も触れなかった

党大会での言及は、谷垣禎一幹事長が党運動方針の説明で「憲法改正に向けた国民的な議論を深める」と述べた部分だけだった。

 ただ、これは安倍政権が繰り返してきた手法だ。首相が重視し、国論を二分しかねない政策について、選挙が近づくと「ブレーキ」を踏むように発言や公約での表現を抑制。選挙で勝利すると、白紙委任を得たかのように一気に進めるやり方だ

ログイン前の続き特定秘密保護法や集団的自衛権の行使を認める閣議決定は2013年参院選の公約に直接触れず、選挙後に推進。安全保障法制も14年衆院選の公約ではわずかに言及しただけで、翌15年の国会で成立させた。

民主党岡田克也代表は13日、記者団に「いつものことじゃないですか。秘密保護法も集団的自衛権の行使もそう。公約の中に小さく書いてあって、それを根拠にやる時はやるということだ」と語り、政権側を批判した。

 官邸幹部の一人も、首相が意欲を見せる憲法改正の議論を加速させるのは選挙後とにらむ。「参院選憲法改正は前面に出さない。しかし、参院選憲法改正の入り口になる。本格的なスタートは参院選が終わってからだ

■自民内に異論唱える空気なく

 首相は年明けから、夏の参院選後を見据えて、改憲への布石を打つような発言を繰り返してきた。

 年始のNHK番組では、改憲に前向きなおおさか維新の会を挙げて「自公だけではなく、改憲を考えている責任感の強い人たちと3分の2を構成していきたい」と述べ、「改憲勢力」で憲法改正の発議に必要な3分の2以上の議席を確保することを参院選の目標に掲げた。

 今月2日の参院予算委員会では「自民党は今年で立党61年を迎えるが、当初から党是として憲法改正を掲げている。自民党総裁として目指していきたい」と答弁。さらに「私の在任中に成し遂げたいと考えている」と踏み込んだ。

 こうした首相の発言には与党内から参院選への影響を懸念する声が出ていた。

 13日の自民党大会でも、来賓として出席した公明党山口那津男代表が、介護や医療、子育てなどを挙げて「国民の期待する課題、直面するテーマに向き合い、着実に実行することが使命だ」と訴えた。公明内や支持母体の創価学会には憲法改正に慎重な意見も少なくない。山口氏は参院選をにらみ、身近な社会保障などの政策を優先するようクギを刺したとみられる

 首相の演説を会場で聴いた自民の安田優子・鳥取県連幹事長は「憲法改正を下手に出すと、(参院選で)自民党(候補)は落ちる。女性だけでなくお年寄りも、憲法改正というとすぐに9条を連想する。大変なことになる」と語った。

 夏に改選を迎える参院議員も「党員も候補者も憲法改正を争点にしてほしいなんて思っていない。求められるのは景気回復や医療福祉で、憲法改正の意識はぐっと低い」と話す。

 しかし参院選後に、首相が改憲への「アクセル」を再び踏んだ時、自民内にあえて異論を唱えようとする空気はなさそうだ。

 自民内にはかつて、安倍首相の祖父・岸信介元首相ら「自主憲法制定」を唱えるグループに対し、「軽武装・経済重視」路線を掲げて改憲には慎重なグループがあった。高度成長を促す「所得倍増計画」を打ち出した池田勇人元首相が創設した派閥「宏池会」はその象徴的な存在だ。

 しかし、宏池会の流れをくむ谷垣氏は野党時代、党総裁として憲法改正草案を手がけた。「自主憲法の制定が我が党の基本的な考え方。そういう旗をきちっと掲げるのは当然のこと」と首相に歩調を合わせる。

 今月開かれた別の派閥の会合で、改憲に慎重な議員がこぼした。「自民党の議員は、立党の原点と言われたら憲法改正に反対できない。しかも、草案をつくったのは谷垣氏だとなるとなおさらだ

☆☆☆

日本での人身取引深刻 アジア政党国際会議 緒方副委員長が発言

2016年3月13日(日) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-13/2016031301_03_1.html

写真

(写真)ICAPP人身取引問題ワークショップで発言する緒方副委員長=12日、イスラマバード(井上歩撮影)

 【イスラマバード=井上歩】日本共産党の緒方靖夫副委員長・国際委員会責任者は12日、イスラマバードで開かれたアジア政党国際会議(ICAPP)主催の「人身取引問題ワークショップ」に出席し、日本での人身取引被害の深刻な実情と対策について発言しました。

 緒方氏は、性風俗産業などでの性的搾取政府の外国人「技能実習制度」のもとでの強制労働の2点で、日本に広範な人身取引被害があると報告。

国際社会から「人身取引根絶の最低基準を満たさない国」と批判されながら、国内では「“隠された社会問題”とされてきた」と指摘しました。

 緒方氏は、国際協力とともに“受け入れ大国”での人権侵害を止めることが喫緊の課題だと強調。人身取引根絶のためには法による摘発、貧困削減など包括的な行動が必要となるが、とくに「国民の意識向上と市民運動の発展、NGOと政党の協力強化が重要だ」と強調しました。

 緒方氏は日本軍「慰安婦」問題に言及し、「軍、国家権力による女性の搾取と尊厳の否定」が問題の本質であり、被害者への癒やしがなされず、名誉と尊厳が回復されていない未解決の問題だと指摘しました。

人身取引 人を金銭で売買するだけでなく、暴力その他の強制力による脅迫やその行使、詐欺、弱い立場につけこむなどの手段で人を支配下に置き、強制的に売春や労働をさせて搾取する行為

2000年採択の「国際組織犯罪防止条約人身取引議定書」(パレルモ議定書)で広く定義されました。重大な人権問題、「現代の奴隷制」だとして、近年その対策・根絶のための市民運動や国際的取り組みが強められています。

☆☆☆

自民党も落ちるとこまで落ちたね

今井絵理子 交際男性の経歴(風俗店経営)に問題なし 政治活動への影響を否定

2016年3月13日 13時15分 スポニチアネックス

http://news.livedoor.com/article/detail/11289017/

<第83回自由民主党大会>今夏参院選候補者でお披露目された今井絵理子 写真拡大

 今夏の参院選に自民党の比例代表候補として出馬することを表明した女性ユニット「SPEED」の今井絵理子(32)が13日、東京都内のホテルで行われた第83回自民党大会に出席。開会宣言の後に、国歌斉唱。候補者としてお披露目され、壇上で安倍晋三首相(党総裁)と握手を交わした。

大会終了後、一部週刊誌で報じられた交際男性については「お答えできない状況なんです、申し訳ございません」とし、男性の経歴が選挙や政治活動に支障をきたすのではないかという指摘には「そうは思っていません」と影響を否定した。

---当方省略---

 今井と事実婚状態にある男性が違法風俗店の元経営者だと、2月29日発売の「週刊ポスト」(小学館)が報道。

 今井と交際中の男性と、共同経営していたという男性の2人は昨年3月、沖縄県で経営する風俗店で、少女3人にみだらな行為をさせたとして、風営法違反容疑などで逮捕され、その後、不起訴処分になった。今井の所属事務所によると、今井と交際中の男性はその店を「キャバクラ店」と説明しているが、同誌は少女らに性行為もさせていたことを伝え、働いていた元少女の証言も掲載した。

 今井は2月20日、自身のブログを更新。党内から交際相手について懸念する声が上がってきた中で「決意の日。」と題してコメント。「去年から私を支えてくれる大切な人がいます」「温かく見守ってください」と、あえて交際相手への思いを示し、男性の経歴などに問題がないという認識を持っていることを強調。「私は政治を希望だと思っています」と男性とパートナー関係を続けながら国政を目指す決意を表明した。

当方注:

風俗店関係となると、反社会勢力との関係が深い

反社会勢力の「政治介入」の足掛かりになる危険性が極めて強い。

というよりも、国民的支持を失いつつある安倍政権が、一億総活躍社会と言って、「反社会勢力」の取り込みを図ったのではと言う疑念が強まる。(戦前のように、危険な社会になる可能性が強い)

自民党も、落ちるとこまで落ちたと言っておきたい。

心ある自民党員の奮起を促したい

国際的に「性奴隷」問題が大きくクローズアップされている中で、敢えて、自民党が、関係者を候補者に推したと言う事は、多くの議員が、反社会勢力に繋がる風俗店関係者から、多額の裏献金を貰っているのではとの疑惑も強まる。

☆☆☆

暴行を告発された河井首相補佐官の地元で“落選運動”急拡大

2016年3月13日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/177189/3

中村氏の左腕に残る痛々しいアザ(左・提供写真)、河井氏の公式HPから削除された抗議文 

中村氏の左腕に残る痛々しいアザ(左・提供写真)、河井氏の公式HPから削除された抗議文

「週刊文春」(3月10日号)に元秘書に対する「暴力とパワハラ」を報じられた安倍首相の“側近”河井克行首相補佐官。
本人は公式ホームページで〈記事の内容はその大半が悪意に満ちた事実無根、事実誤認であり、非常に許しがたいものであります〉〈週刊文春への謝罪及び訂正記事掲載等を求める通告書を出した〉と反論したが、11日、ひっそりと“抗議文”が削除された。

 消された河井の“抗議文”に怒りをあらわにするのが、週刊文春に実名告発した元秘書の中村秀雄氏(74)だ。中村氏は1999年4月から7月にかけて河井氏の秘書兼運転手を務めた。その直後から、運転の仕方や言葉遣いが気に食わないと革靴のまま左腕を蹴りつけられ、全治2週間の大ケガを負った。日刊ゲンダイ本紙が入手したのは、その時の痛々しいアザが残る証拠写真である。

「私が河井氏に毎日のように殴る蹴るの暴行を受けたのは、紛れもない事実です。何が事実無根なのか。ウソと言い張るなら、週刊文春に通告書を出す前に、私に抗議すべきでしょう。なんなら、国会に呼んでもらって証人喚問してくださって結構ですよ。あの人はいつも平気でウソをつく。いつでも私に蹴りを入れられるよう、当時乗っていたセルシオの助手席をわざわざ倒すように命じていたじゃないですか。思い出すだけで鳥肌が立ちます」

 中村氏は広島県警に傷害罪で河井氏を2000年12月に告訴。県警はこれを受理したが、河井氏は不起訴処分となった。中村氏は今でも悔いていることがあるという。告訴前のまだ河井氏の秘書だった当時、河井氏の選挙ポスターをカッターナイフで切り裂き、器物損壊で現行犯逮捕されてしまったのだ。

「どうしても河井氏のことが許せずカッとなりやってしまった。そのことは反省しています。しかし、だからといって、私に暴行を加えたことが事実無根ということにはならない。今では、ただただ悔やまれます」

 河井氏の中村氏に対する“暴行”は事実無根なのか。河井氏の事務所は弁護士を通じてこう回答した。

「週刊文春に対して通告した理由のひとつは、記事中の中村氏の逮捕時と告訴時の時系列が違っていたからです。しかも河井氏は不起訴処分になったわけだし、15年以上前の話を今さら蒸し返す目的が不明です」

■地元広島には「嫌いな人」がいっぱい

 中村氏のように河井氏に迷惑を被った人は地元にたくさんいる。今、河井氏の選挙区「広島3区」では、「被害者の会」が結成されようとしている。その名も「広島KKK」。「河井克行が嫌いな会」を略したものといい、元秘書、地元県議、市議、創価学会員、元同級生などがズラリと名を連ねている。参加者のひとりがこう語る。

私らは、本当に河井氏に辟易しとるんです。次の総選挙で保守系の無所属を擁立し、河井氏を蹴落とすために全力で応援するつもりです創価学会婦人部も彼の横暴さを毛嫌いしています。約2万票ある学会票も対立候補に流れるように運動しとる最中です」
地元では急速に落選運動が広がっている。安倍側近で安泰なんて思っていたら大間違いだ。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 March 13
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

Neon Saturn (ネオン土星)
Image Credit:
VIMS Team, U. Arizona, ESA, NASA

説明:

赤外線の3バンド(赤、青、緑の波長)で撮影された土星の合成写真です。

2007年、カッシーニ宇宙船で撮影されたもの。

☆☆☆

妻純子の状況:

ペグ交換も終わり安定状態になっている。

ただ、ストマ周辺の傷のケアのため、しばらく状況を見ている。

気持ち良さそうに寝ていたので、起こさずに帰宅した。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中