放射線監視装置の数値が一時上昇 喜多方 ※オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず=米国政府 ※創価学会が「パナマ文書」に「SOKA GAKKAI, INC.」の関係団体の名で

hosi@hosinoojisan

放射線監視装置の数値が一時上昇 喜多方

高浜原発で審尋 住民「差し止めは正当」 関電、新証拠提出なし

オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず=米国政府

創価学会が「パナマ文書」に「SOKA GAKKAI, INC.」の関係団体の名で

高市氏らの党支部が報告書不記載 寄付金に関し、市民団体が告発状

 

オバマ大統領が、広島を訪問することが明らかになった。

USAは、「謝罪」ではないとしているが、オバマ氏が、直接、広島原発記念館等を直接見分し、核被害の実態を認識することは、核廃絶の闘いにとってプラスになることであろう。

いろいろな見解があるがそれはそれとして評価しておきたい。

---

パナマ文書で日本の暗部が明らかにされようとしている。

著名な経済界の人物や大企業、そして宗教団体(創価学会)等までが、軒並み名をはせているのである。

経団連をはじめ、経済界や自民党政府や民進党は、「消費税の増税」を国民に押し付けているが、彼らは、節税と称して、タックスヘーブンの国に日本が受け取るべき資金を海外に転出させて「利益を受けて」いるのである。

こんな反社会的行動は許されないと言っておきたい。

一説によると、彼らが、日本に収めるべき「税金」が、総額50兆円以上と言われており、これは、消費税25%分に当たるであろうと言われている。

現在さまざまな言い訳をしているが、日本のマスコミを牛耳っていても、海外のマスコミから暴露されることとなろう

日本のマスコミも、目を覚まして欲しいものである

是非とも、参議院選挙前に、真相を明らかにしてもらいたいものである。

---

マスコミを恫喝した高石総務大臣の政治資金規正法違反の実態が明らかになり、市民団体に告発されたようである

自分の犯罪を報道させないため、マスメディアを恫喝したと見られても仕方なかろう。

責任を取るべしと言っておきたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

放射線監視装置の数値が一時上昇 喜多方、機器不具合か

2016年05月10日 08時59分 福島民友

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160510-072329.php

 喜多方市にある放射線監視装置(モニタリングポスト)の一部で9日、一時的な数値の上昇がみられた。周辺のモニタリングポストで目立った変動がなく、数値の上昇が一時的だったことから、市は機器の不具合の可能性が高いとみている。

 市によると、正午から午後3時ごろ、市内92カ所のモニタリングポストのうち、市街地に位置する第一こども園、市厚生会館、市役所の3カ所で数値が若干上昇した。毎時0.06マイクロシーベルト前後だった市役所では、午後2時20分に同0.17マイクロシーベルトを計測。その後は同0.06マイクロシーベルト前後に落ち着いたという。

 数値の上昇は外部から市への問い合わせで分かり、業者が機器の状態を確認するなど原因を調べている。

当方注:

分散されている機器が、同時に異常を示すことは、機器の異常でなく正常な値と見るべきであろう。

何等かな原因(福島原発での工事等)で、汚染物が竜舌と見るべき。

☆☆☆

高浜原発で審尋 住民「差し止めは正当」 関電、新証拠提出なし

2016年5月10日 東京新聞 夕刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201605/CK2016051002000265.html

 高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた三月の大津地裁の仮処分決定を不服として、関西電力が申し立てた異議の第一回審尋が十日、大津地裁(山本善彦裁判長)で開かれた。関電側は「科学的、客観的ではない判断だ」として、決定の取り消しを求めていく方針。住民側は「三月の決定は正当だ」として判断を維持するよう求めている。

 審尋は非公開で実施。山本裁判長は法廷での審理を同日で終結し、双方の主張に対する書面での反論を六月十日まで受け付けると表明した。その後に内容を判断して決定を出す見通し。

 関電は「安全対策は詳細に立証済みで、決定は専門的知見に基づかず到底承服できない」として従来の主張を継続目新しい証拠は提出せず、これまでの内容をさらに細かく地裁側に説明し理解を得たい意向だ。

 また、差し止め決定に対しては「安全性そのものから議論が離れ、原発に事実上のゼロリスクを求めている」と指摘。「新規制基準の制定過程や東京電力福島第一原発事故を踏まえて原子力規制行政がどう変化したかなどまで関電に立証を求めるのは不合理で、事実誤認も多い」と批判した。

☆☆☆

高市氏らの党支部が報告書不記載 寄付金に関し、市民団体が告発状

(2016/05/10 21:09カテゴリー:社会) 福島民報

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2016051001001910

 高市早苗

 自民党の高市早苗総務相ら奈良県選出の衆院議員2人が代表を務める党支部の政治資金収支報告書に、寄付金に関する一部の記載がないとして、市民団体「政治資金オンブズマン」(大阪市)が政治資金規正法違反(不記載)容疑で奈良地検に告発状を発送したことが10日、分かった。

 告発状によると、奥野信亮衆院議員が代表を務める「自民党奈良県支部連合会」(県連)の2012年分の収支報告書では、高市氏が代表の「自民党奈良県第2選挙区支部」に440万円を交付金として寄付したことになっているが、第2選挙区支部側の収支報告書には収入の記載がなかった。13年分にも同様の食い違いがあった。

☆☆☆

オバマ大統領27日広島訪問、原爆投下謝罪せず=米国政府

World | 2016年 05月 11日 02:18 JST LEUTERS

http://jp.reuters.com/article/obama-abe-hiroshima-idJPKCN0Y11QO

 5月10日、オバマ米大統領が広島を訪れる。写真は安倍晋三首相とともに記者会見場に到着するオバマ氏。ワシントンで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque/File Photo)

5月10日、オバマ米大統領が広島を訪れる。写真は安倍晋三首相とともに記者会見場に到着するオバマ氏。ワシントンで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Kevin Lamarque/File Photo)

[ワシントン/東京 10日 ロイター] – オバマ米大統領が27日、安倍晋三首相と共に、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問する。原子爆弾投下に関する謝罪は行わない。

ホワイトハウスが10日、明らかにした。両首脳は平和記念公園を訪れる。

ホワイトハウスは声明で、オバマ氏が「核兵器なき世界の平和・安全保障を求める継続的なコミットメントを強調」するとした。

ローズ大統領副補佐官(国家安全保障担当)はブログ投稿で、「オバマ氏が、第2次世界大戦末期の原爆使用決定を、再び取り上げることはない。代わりに、われわれが共有する未来に焦点を当てた、前向きなビジョンを示す」と述べた。

ケリー米国務長官が先月、広島を訪れてから、生存者らはオバマ氏訪問が実現すれば、謝罪よりも、世界の核兵器撤廃に向けた前進を望む考えを表明している。

ローズ氏によると、ケネディ駐日米大使も最近広島を訪れており、オバマ氏訪問の「適切な時期」が到来したとの認識を示した。

☆☆☆

創価学会が「パナマ文書」に「SOKA GAKKAI, INC.」の関係団体の名で

2016年05月10日 / ユダヤ人

http://blog.goo.ne.jp/aya-fs710/e/d922af266eb961064a9d423bc0ff75b7

【IWJ検証レポート】「パナマ文書」徹底追及シリーズ第2弾!創価学会が「タックスヘイブン」を使用か!? 「パナマ文書」に「SOKA GAKKAI, INC.」の関係団体の名が! 創価学会本部に直撃取材!  2016/05/10

記事公開日:2016.5.10 テキスト

(取材:IWJ翻訳チーム、記事:平山茂樹)

記事は省略。(当方)

資料:日本の主要50社のタックスヘイブン子会社

▲日本の主要50社のタックスヘイブン子会社(「しんぶん赤旗」2013年8月25日付けより)日本の主要50社のタックスヘイブン子会社(「しんぶん赤旗」2013年8月25日付けより)

☆☆☆

公明代表、増税是非判断「参院選前に」 先送り論けん制

2016/5/10 23:30  日経新聞

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H38_Q6A510C1PP8000/?dg=1

 公明党の山口那津男代表は10日の記者会見で、2017年4月の消費税率10%への引き上げの是非に関し、安倍晋三首相が7月の参院選前に判断すべきだとの考えを示した。「今後の明確な方向性を透明感をもって国民が受け止められるようにする必要がある」としたうえで「今の(上げるか上げないか分からない)不透明さを払拭してもらいたい」と語った。

 自民党の二階俊博総務会長も10日夜、都内で記者団に「国民の決断の機会…

☆☆☆

“パナマ文書”完全公開 実名さらされた創業者たちの言い分

2016年5月10日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/180999

セレブがズラリ(右は楽天の三木谷氏)/(C)日刊ゲンダイ

セレブがズラリ(右は楽天の三木谷氏)/(C)日刊ゲンダイ

 パナマ文書が“完全公開”され、実名がさらされることで、ネット上の風評被害はさらに燃え広がりそうだ。

 個人名ではこれまでにセコム創業者の飯田亮氏楽天の三木谷浩史氏UCC上島珈琲グループ最高経営責任者の上島豪太氏などが挙がっているが、セコムは「税務当局に詳細な情報開示を行って、適正な税金を納めている」。楽天によると、三木谷氏は楽天を起業する以前の投資で、「まったくやましいところはない」などと話しているという。

 UCCも「純粋なビジネスであり、個人も会社も合法的に納税を行っている」と回答。本紙の取材にいずれも租税回避目的を否定している。

 ほかにも、都市経済評論家で内閣官房参与の加藤康子氏の名前も挙がったが、加藤氏は「心当たりがない」。タックスヘイブンを利用すること自体は合法とはいえ、それで国民が納得するかといえば、話は別だ。

セコムの飯田氏は92年に、すでに亡くなった共同創業者と英領バージン諸島に設立した法人で、当時の時価にして約700億円の株式を管理していたとされる。それで贈与税や相続税が圧縮されたと多くの専門家はみています。それでなくても租税回避地は脱税や粉飾決算、資金洗浄の温床と指摘されているだけに、利用しているというだけで色眼鏡で見られてしまう。実際、ネット上ではUCC製品の不買運動をあおる動きも出てきています」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

〈別表〉は、ICIJに参加している共同通信の分析を基に、パナマ文書に載っている個人を都道府県別にリストアップしたもの。これはまだ一部だ。金沢医科大の名誉教授など“セレブ”の他に、指定暴力団「稲川会」に近いとされる企業代表者や、悪質な出会い系業者が課税逃れで利用したとみられるケースもあるという。

 当然、日本の国税当局は、記載された日本のものとみられる法人や個人について適正に納税しているか確認を進め、条約に基づいて各国と情報交換、必要に応じて税務調査も行うという。

「(パナマ文書の)報道を関心を持って見ているし、課税上問題が認められれば、税務調査を行うことになると思う」

 先月26日の衆院財務金融委員会で、星野次彦国税庁次長はそう答弁。別の同庁幹部は取材に、一連の動きを注視していることを認め、「当然興味はあるし、調べる」と意気込むが、どこまで切り込めるかには疑問符が付く。

 パナマ文書でセレブの課税逃れに対する世界中の批判が高まったのを機に、米政府は新たな規制強化案を発表するなど対策に乗り出しているが、安倍政権は具体的な対策を打ち出すでもなく、まるで他人事だからだ。

 パナマ文書を提供したジョン・ドウ(仮名)なる人物は、富裕層の腐敗が資本主義を崩壊させ、デジタルによる革命を引き起こす可能性があるなどと論じていた。せっせと納税している日本の庶民の怒りが爆発したとしてもおかしくない

☆☆☆

中国が「漁船団」に軍事訓練、南シナ海へ派遣

News | 2016年 05月 3日 11:07 JST LEUTERS

http://jp.reuters.com/article/angle-china-fishing-boats-idJPKCN0XT0FB?sp=true

 5月1日、中国は、領有権を争う南シナ海へ送り込む漁船団の「高性能化」を進めており、海南島の漁船団は、軍事訓練や助成金はもちろん燃料や氷に至るまで、あらゆる支援を受けている。写真は、同島潭門鎮で4月撮影(2016年 ロイター/Megha Rajagopalan)

5月1日、中国は、領有権を争う南シナ海へ送り込む漁船団の「高性能化」を進めており、海南島の漁船団は、軍事訓練や助成金はもちろん燃料や氷に至るまで、あらゆる支援を受けている。写真は、同島潭門鎮で4月撮影(2016年 ロイター/Megha Rajagopalan)

[白馬井(中国) 1日 ロイター] – 中国は、領有権を争う南シナ海へ送り込む漁船団の「高性能化」を進めており、海南島にある小さな港町、白馬井の漁船団は、軍事訓練や助成金はもちろん燃料や氷に至るまで、あらゆる支援を受けている。

そうした訓練や支援には、海上演習や外国船舶に関する情報収集などが含まれていると、海南省当局者や同地域の外交筋、水産会社幹部らが最近行ったインタビューで明らかにした。

海上で活動する民兵組織は拡大している。国がそれを必要としているからだ。また、国益を守り、国家への奉仕に携わりたいという漁師の気持ちもその一因だろう」と、同省政府の顧問は匿名で語った。

しかしこのような漁船団は、年間5兆ドル(約532兆5000億円)の貿易を支える戦略的輸送路となっている同海域で、外国の海軍と対立するリスクも高めていると、外交官や海軍専門家らは指摘する。

南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が人工島を建設している付近では、米軍が海空から哨戒活動を行っており、昨年11月にはB52戦略爆撃機2機を飛行させている。米国政府は2月、南シナ海周辺での「航行の自由」作戦を増やす意向を明らかにした

<基礎的な軍事訓練>

人民武装部の支部が漁師に基本的な軍事訓練を提供していると、この海南省政府顧問は話す。このような支部は、中国人民解放軍(PLA)と共産党の地方当局の監督下に置かれている。

訓練の内容には、捜索・救助活動や海上災害対策、そして「中国の主権を守ること」が含まれると、南シナ海を専門とするこの顧問は明らかにした。

海上演習も行う訓練は5─8月に実施され、政府は漁師に「参加費」を支払うという。

また政府は漁師に助成金を出すことで、木製ではなく、鋼鉄製でより重量のある船舶を使用するよう奨励している。

中国政府は少なくとも5万隻に全地球測位システム(GPS)装置も提供、外国船籍の船との遭遇など緊急時には海警局と連絡が取れるようになっていると、業界幹部は語る。

複数の海南島の漁師や外交官はロイターに対し、一部の漁船には小型の武器が搭載されていると述べた。

「主権を守る特別任務」が生じた際には、政府当局が漁船団と連携し、外国船舶の活動について情報収集させると、前出の顧問は明らかにした。

<インドネシアとの対立>

政府当局と漁船団の連携は、3月に南シナ海にあるインドネシア領ナトゥナ諸島で中国の漁船が拿捕(だほ)されそうになったとき顕著に現れた。

中国の沿岸警備艇は、漁船を連行しようとするインドネシア海軍を阻止するためにすぐさま介入、外交問題にまで発展した。中国政府はナトゥナ諸島の領有権を主張していないものの、漁船は「中国の従来の漁場」にいたとしている。

中国国有の水産会社は、スプラトリー諸島へ定期的に運航し、軍事訓練や助成金の多くを受ける漁船団を支配していると、業界筋は話す。

中国の水産業が世界最大であるのは間違いないが、同国沿岸地域の水産資源が激減しており、領有権を争う海域で漁をする経済的必要性に迫られていると、漁師や業界幹部は口をそろえる。

国有企業である「Hainan South China Sea Modern Fishery GroupCompany」のウェブサイトには「軍民両方」とあり、目的の一つはスプラトリー諸島に「中国の国旗を掲げる」ことだとしている。

「主権を守ることは、政府の主な懸念事項だ」と、同社のゼネラルマネジャーであるYe Ning氏は、海南省の省都、海口市にあるオフィスで説明。「だが言うまでもなく、自国の海域で普通の人々が漁をできることは当たり前であるべきだ。それもわれわれの目的の一つだ」と同氏は語った。

ロイターが入手した同社の会社案内によると、スプラトリー諸島に出航する漁師に燃料や水や氷を提供し、彼らが得た魚を買い取っているという

<危険がいっぱい>

「さまざまな外国船があるなかで漁をするのは、以前にもまして危険だ」と語るのは、閑散とした港町、白馬井の漁師であるHuang Jingさんだ。白馬井の港には見渡す限り、鋼鉄製の大きなトロール漁船が並んでいる。

「でも、中国は強くなった。私たちを守ってくれると、政府を信頼している」とHuangさんは語る。

また、私企業だが国から助成を受けている「Hainan Jianghai Group Co. Ltd」の会長を務めるChen Rishen氏は、大規模な鋼鉄製トロール漁船団をスプラトリー諸島付近に送り込み、その漁獲量は何百トンにも上ると語る。一度の漁はたいてい数カ月に及ぶが、主に商業的な理由だとしている。

外国の漁船がわれわれの領海に侵入して妨害しようとするなら、われわれは主権を守るという役目を果たす」と、Chen氏は海口市で行われたインタビューのなかで答えた。

一方、中国政府は、南シナ海における領有権問題で漁船は使っていないとし、外務省の陸慷報道官は「このような状況は存在しない」と語った。

中国は漁船団が合法的に操業するよう措置を講じていると、同報道官は先月にも定例記者会見で語った。

<活動ルール>

Chen氏はまた、同氏の会社に属する漁師たちが、燃料補給や中国沿岸警備艇との連絡のために西沙諸島(同パラセル諸島)の永興島(同ウッディー島)に立ち寄っていることを明らかにした。中国は2月、同島に地対空ミサイルを配備している。

漁師たちは、中国がスプラトリー諸島でも建設中の同様の施設を利用することを心待ちにしていると、Chen氏は言う。これまでのところ中国は、同諸島に滑走路1本を完成。そのほか2本の滑走路と補給施設などが建設中である。

こうしたことは全て、同海域で活動する各国の民間船と警備艇の間で効果的なコミュニケーションを取るための協定合意が必要なことを示している」と、人道対話センターのアジアディレクターを務めるマイケル・バティキオティス氏は指摘する。同センターは、領有権を主張する国々がそのような信頼を構築するための措置を講じる手助けを行っている。

連絡や手続きに関する地域的な協定は、敵対する海軍同士の艦船や他の軍艦にのみ適用されていると、同氏は指摘した。

(Megha Rajagopalan記者 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 May 10
See Explanation. Moving the cursor over the image will bring up an annotated version. Clicking on the image will bring up the highest resolution version available.

Saturn and Mars visit Milky Way Star Clouds (土星と火星は天の川スター雲をご覧ください。)
Image Credit & Copyright:
Carlos Eduardo Fairbairn ; Rollover Annotation: Judy Schmidt

説明:惑星、星、星雲や銀河 – この印象的なイメージはそれらすべてを持っています。最も近い2つの惑星火星(右)と土星(中央)は、機能を備えた画像の上半分の2明るいオレンジ色の斑点として表示されます。中心右の上に、火星の下に一列に並べられる明るいオレンジ星アンタレスを特徴としているカラフルなロ-蛇遣座恒星集団は、あります。
これらの恒星間の雲は、赤い放出星雲と青い反射星雲を含みます。
イメージの右上に、青い馬頭反射星雲があります。
これらの星間雲は赤色発光星雲と青い反射星雲の両方を含みます。画像の右上に青い馬頭の反射星雲です。左下に私たちの天の川銀河の中心バンドから延びる多くの暗い吸収星雲があります。

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート85±10、体温36.4℃で安定中。

今日は入浴、ストマ交換。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中