もんじゅ受け皿決まらず 文科省有識者検討会※ 市民ら「戦争法は必ず廃止」 1200万の統一署名 4野党に提出 志位委員長らあいさつ ※沖縄女性遺棄:怒りと痛み抑えられぬ 女性団体

hosi@hosinoojisan

もんじゅ受け皿決まらず 文科省有識者検討会

市民ら「戦争法は必ず廃止」 1200万の統一署名 4野党に提出 志位委員長らあいさつ

沖縄女性遺棄:怒りと痛み抑えられぬ 女性団体が記者会見

舛添都知事問題:共産・志位和夫委員長「資格に関わる」と辞任要求 「見苦しい言い訳だけだ」

 

北九州出身の舛添知事の愚行、見るに堪えない。

東大出身の秀才にあるまじき言動、政治的には全く稚拙で、我田引水の言い訳は、国民感情を「逆なで」するだけで、国民の怒りを増幅させている。

潔く、辞任すべきと提言しておきたい。

こういう人物を推薦した自民党、公明党の責任も大きいと指摘しておきたい

---

戦争法廃止統一署名が、1200万筆を超えたようだ。

一億2000万人の日本国民の一割を超えているが、有権者レベルで考慮すれば、国民の半数に迫る状況である。

野党共闘も進んでおり、自民・公明党政権を瓦解させる勢いになりつつある

憲法9条を守り、国民の命と暮らしを守る政権目指して今後とも奮闘したいものである

---

沖縄での女性殺害事件、繰り返し発生しているが、根底にあるのはUSA関係者の「占領意識」が払拭されていないためであろう

最早、USAの基地を撤廃する以外、問題解決に繋がらないと言っておきたい

以上、雑感。

 

☆☆☆

もんじゅ受け皿決まらず 文科省有識者検討会

2016/5/20 20:12 共同通信

http://this.kiji.is/106308258143471097?c=39546741839462401

画像 

高速増殖炉もんじゅ=福井県敦賀市

 高速増殖炉もんじゅ(福井県)の新たな運営主体を探る文部科学省の有識者検討会(座長・有馬朗人元文相)は20日、外部専門家が参加する経営協議体の設置など、運営主体が備えるべき要件などを盛り込んだ報告書を事実上取りまとめた。月内にも最終の会合を開き、正式に了承する。具体的な運営主体を示すには至らないまま、もんじゅの延命を図る方向となり、批判が高まる可能性もある。

 文科省は今後、報告書を参考に関係省庁と協議して夏までをめどに運営主体を特定し、原子力規制委員会に回答するが、具体的な提示は参院選後になるとみられる。

☆☆☆

市民ら「戦争法は必ず廃止」 1200万の統一署名 4野党に提出 志位委員長らあいさつ

2016年5月20日(金) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-20/2016052001_03_1.html

写真

(写真)戦争法の廃止を求める署名を受け取り、あいさつする志位和夫委員長(中央)、岡田克也民進党代表(右)、吉田忠智社民党党首(左)=19日、衆院第1議員会館

 戦争法(安保法制)廃止を求める「2000万統一署名」を共同で呼びかけた29団体は19日、衆院第1議員会館で署名提出集会を開きました。会場には、これまでに集まった1200万人の署名が段ボールで積み上げられました。日本共産党の志位和夫委員長、民進党の岡田克也代表、社民党の吉田忠智党首、生活の党の代表と各党国会議員に署名の束を手渡し、「戦争法は必ず廃止」「選挙に行って政治を変えよう」と手をつないでコールしました。

 署名を呼びかけた29団体を代表して、総がかり行動実行委の福山真劫氏らが発言しました。終了後には、衆参両院の副議長に申し入れをしました。

 あいさつした福山氏は、戦争法廃止のたたかい、統一署名の取り組みについて「従来の立場の違いを超えてたたかってきた」と強調。集まった1200万の署名は「一人ひとりの平和への願いが込められています」とのべました。夏の参院選へ向けても「私たちのスローガンは『野党は共闘』『選挙に行こう』『政治を変えよう』です」と訴えました。

 署名を受け取った野党各党の党首が連帯のあいさつをしました。日本共産党の志位委員長は戦争法廃止、参院選勝利のために「心一つにして頑張りぬきたい」と語りました。

 夜には、総がかり実行委が毎月呼びかけている「19日行動」として「安倍内閣退陣、参院選野党勝利を」と題した国会行動が行われました。衆参両院議員会館から国会図書館前まで人の波で埋まり、参加した4800人(主催者発表)は「参院選はみんなで勝利」とコールしました。

 あいさつした総がかり行動実行委の高田健氏は「4野党と市民の連携を通じて、夏の参院選で必ず勝ちましょう」と話しました。

 国会行動には、日本共産党の山下芳生副委員長、穀田恵二国対委員長らとともに参加した志位委員長があいさつしました。社民党の吉田党首、民進党の小川敏夫参院議員があいさつ。沖縄選出の糸数慶子参院議員が、20歳の女性の遺体がみつかり、元米兵が逮捕された事件を告発しました。

☆☆☆

安保法廃止署名、市民団体が野党議員に提出 1200万筆集める

2016年5月20日 東京新聞 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201605/CK2016052002000130.html

写真

安保法の廃止を求める点字署名を提出する田中章治さん(右)=19日午後、東京・永田町で(飯田孝幸撮影)

 安全保障関連法の廃止を求めて署名を集めている市民団体のメンバーらは十九日、署名千二百万筆が集まったとして、東京・永田町の衆議院第一議員会館でこのうちの約百七十万筆を野党議員に預けた。残る署名も、逐次両院に提出する。署名集めは六月末まで続け、二千万筆を目指す。市民団体のメンバーらは夕方、国会前で安保法廃止を求めて声を上げた

 署名提出集会には百人を超える市民と野党党首ら国会議員数十人が参加した。全日本視覚障害者協議会の田中章治代表は、点字で書かれた署名用紙を手に「われわれは、一つの署名を集めるために(視覚障害者に)電話して趣旨を説明し、郵送で署名用紙を送り、それを送り返してもらった。署名のひとつひとつに視覚障害者の思いがこもっている」と述べ、玉城デニー衆院議員(生活の党)に署名を手渡した。

☆☆☆

4野党、参院全1人区で共闘へ 香川に共産初の統一候補

2016年5月20日 21時45分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016052001001939.html

 民進党など野党4党が20日、夏の参院選で32ある改選1人区全てで共闘する見通しとなった。焦点の香川選挙区で共産党候補者が初めて事実上の統一候補となり、協力関係を強化した。この日、衆院選挙制度改革を巡る改正公選法が成立。安倍晋三首相は、衆院選挙制度改革を巡る改正公選法成立を受け、衆参同日選の可否に近く結論を出す。

最高裁が「違憲状態」と指摘した「1票の格差」是正にめどが付き、解散する場合の条件整備が進んだ。消費税増税の判断にも影響する可能性がある。6月1日までの通常国会はヤマ場を迎える。

 野党4党の候補者一本化は香川を含め30選挙区で実現。(共同)

☆☆☆

舛添知事公私混同疑惑】
共産・志位和夫委員長「資格に関わる」と辞任要求 「見苦しい言い訳だけだ」

2016.5.20 15:44更新 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/160520/plt1605200028-n1.html

志位和夫委員長(斎藤良雄撮影)

志位和夫委員長(斎藤良雄撮影)

 共産党の志位和夫委員長は20日、政治資金の「公私混同」問題に揺れる東京都の舛添要一知事について、「これまでの知事の態度は見苦しい言い訳だけだ。きちんと説明できないということになれば、資格に関わるのは当然ではないか」と述べ、辞任すべきだとの考えを示した。党本部で記者団の質問に答えた

 志位氏は、舛添氏の釈明について「だれも納得しない。まったく説得力のある説明がされず、本当に見苦しい言い訳が次から次へと出てくる。都民の知事に対する不信は非常に強いものになっている」と指摘。同党として東京都議会などで「徹底的な真相究明をやっていきたい」と語った。

☆☆☆

G7、政策協調で一致 財政一斉出動は合意至らず

2016年5月20日 22時38分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016052001001705.html

 日米欧の先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が20日、仙台市で開幕した。世界経済のリスクに対処し、金融・財政政策と構造改革を各国の事情に応じて総動員する必要性で一致。麻生太郎財務相は「為替相場の安定は極めて重要」と訴え、認識を共有したが、景気下支えへ各国が一斉に財政出動するとの合意には至らなかった

 財政出動で合意を見送った背景には欧州の根強い慎重論があり、日本が26、27両日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で経済安定に向けた政策協調を目指す上で課題を残した。2日目の21日は「パナマ文書」問題で関心が集まる課税逃れ対策を中心に協議する。(共同)

仙台市内で開幕したG7財務相・中央銀行総裁会議=20日午後

仙台市内で開幕したG7財務相・中央銀行総裁会議=20日午後

☆☆☆

沖縄女性遺棄:怒りと痛み抑えられぬ 女性団体が記者会見

毎日新聞2016年5月20日 21時14分(最終更新 5月20日 21時20分)

http://mainichi.jp/articles/20160521/k00/00m/040/076000c

 「基地の島」で再び起きた凶悪犯罪に沖縄の強い憤りの声が渦巻いている。沖縄県うるま市の会社員、島袋里奈さん(20)が遺体で見つかり、元米海兵隊員で米軍属の男(32)が逮捕された事件。女性団体の代表らが20日、県庁で記者会見し、戦後繰り返されてきた米軍関係者による残虐な事件に涙し、怒りの声を上げた。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の全面返還合意につながった約20年前の少女暴行事件の時のように、沖縄の反基地感情が爆発している。

 「怒りが痛みを持ってわき上がるのを抑えることができない。沖縄に暮らす私たちはみな、自分にも起こり得たことだと言葉を失い、痛み苦しみを共にしている。真に安全な社会を実現するため、沖縄から全ての基地・軍隊の撤退を求める

 沖縄で女性の人権を守る活動を続けている「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の高里鈴代共同代表(76)は会見の冒頭、オバマ米大統領や安倍晋三首相に送ることを決めた要求書を厳しい表情で読み上げた。また、22日に米軍キャンプ瑞慶覧(北中城村など)前で抗議集会を開くことを明らかにした。

 会見に参加したのは約20人。横一列に座り、次々と強い抗議の意思を示しながら、時折涙ぐむ人もいた。

沖縄県うるま市の女性が遺体で発見された事件を受け、怒りの声を上げる女性団体の代表者たち=那覇市の沖縄県庁で2016年5月20日午後1時17分、佐藤敬一撮影

 沖縄県うるま市の女性が遺体で発見された事件を受け、怒りの声を上げる女性団体の代表者たち=那覇市の沖縄県庁で2016年5月20日午後1時17分、佐藤敬一撮影

 沖縄では1995年9月に少女が米兵3人に暴行される事件が発生し、県民の反基地感情が爆発した。あの忌まわしい事件から約20年。今回の会見に臨んだメンバーの多くが、当時も実施された抗議活動に参加していた。高里さんもその一人。「20年、本当に変わっていない。このようなことが起こり続けて20年ですよ。もう嫌になります。なぜこういうことを言い続けなければいけないのか

 今回の事件は、政府が進める普天間飛行場の県内移設への反対を含め、沖縄での基地撤去の動きを加速させている。会見に参加した女性たちは口々に語気を強め、「米軍基地がある限りこのような事件は繰り返される。沖縄の女性や子供の命を守るためには基地の即時撤退しかない」などと主張した。

 学生団体「シールズ琉球」のメンバーで同県名護市の名桜大4年、玉城愛さん(21)は、遺体で見つかった島袋さんと同年代である自身を重ね、涙ながらに訴えた。「私も(被害者と同じように)夜に歩きに行ったりする。被害者はもしかしたら私だったかもしれない。これから沖縄で生きていく女性として、自分たちの人権がないがしろにされ続けて生きていくのは嫌だ、と声を上げてほしい」【佐藤敬一】

☆☆☆

国会サボリの甘利氏も真っ青 地元で“落選させる会”が発足

2016年5月20日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181638

逃げ切れない(C)日刊ゲンダイ 

逃げ切れない(C)日刊ゲンダイ

「衆参同日選の相談か」─―。新聞・テレビの政治部記者らに緊張が走った18日の安倍首相と公明党の山口那津男代表の会談。山口代表は会談後、同日選について「話題は出なかった」とトボけていたが、永田町では額面通りに受け取る国会議員は、ほとんどいない。

 すでに衆参の議員会館では、メディアが候補者の選挙資料に使う「経歴確認書」を配り始めている。囁かれているのは、安倍首相が消費税増税の再延期を公表→野党が「アベノミクスは失敗」と内閣不信任案を提出→安倍首相が解散、同日選に打って出る――というシナリオだ。そこであらためて動向が注目されているのが、国会をサボりながら、選挙運動をしている甘利明・前経済再生担当相だ。

■同日選に向けて挨拶回り

「甘利さんは同日選を予想し今、選挙区内の支援者らに釈明文をせっせと送っています。地元秘書も『選挙になればよろしく』なんて挨拶回りを始めています」(神奈川・大和市市民)

☆☆☆

身内企業へ193億円 自民党の“血税還流”は舛添氏も顔負け

2016年5月20日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/181753

野党は参院選の争点に(左から麻生財務相と安倍首相、谷垣幹事長)/(C)日刊ゲンダイ 

野党は参院選の争点に(左から麻生財務相と安倍首相、谷垣幹事長)/(C)日刊ゲンダイ

「猛省が必要だ。首都のトップにはそれなりの居住まいがなければいけない」――。自民党の谷垣幹事長が舛添都知事の政治資金の私的流用をエラソーに叱っていたが、よくぞ言えたものだ。政治資金のデタラメは自民党の方が一枚も二枚も上手だ。

■谷垣幹事長に「8億円」つかみガネ

 2014年分の自民党本部の収支報告書をみると、谷垣氏が幹事長に就任した同年9月3日以降、計17回に分けて総額8億5950万円を谷垣氏個人に支払っていた。
支出名目は「政策活動費」――。受け取った議員は個人の領収書一枚を渡せば、あとは何に使おうがウヤムヤ。詳細な使途報告の義務もない。政治資金の専門家も「厳しく言えば脱法的な裏金のようなもの」(神戸学院大教授・上脇博之氏)と指摘する“政党版機密費”。要はつかみ金である。

 同年11月21日に安倍首相が衆院解散を宣言してからは谷垣幹事長への支出がエスカレート。解散当日の1億円を皮切りに、投開票日の12月14日まで1日当たり2500万~1億円が計6回、ポンと4億7500万円を気前よく支払っていた。
恐らく選挙活動の工作資金に消えたのだろう。谷垣幹事長も舛添知事を批判するなら、自ら襟を正し、不透明なカネの使い道を公開すべきだ。
この年の自民党本部の総収入は約234億円。うち税金がもとの「政党交付金」と「立法事務費」が約185億円を占める。収入の8割近くを国民の血税に頼りながら、億単位のカネが“闇から闇”とは許しがたい。

■役員の「身内企業」に交付金

 自民党本部はかつて「政策活動費の原資には交付金などの税金は含まれていない」(経理局)と本紙に言い訳したが、その交付金の使い道もデタラメだ。党関係者が役員の「身内企業」に交付金から巨額の支出を続けている

 問題の2社は、宣伝広告代行業の「自由企画社」と、調査会社の「日本情報調査」。いずれも所在地は東京・平河町の自民党本部の近く。
自由企画の代表取締役は自民党職員OBで、日本情報調査の代表取締役は自民党の山本有二衆院議員が務めている。

 自民党本部の「政党交付金使途等報告書」によると、14年には自由企画に「筆耕翻訳料」の名目で年間約6137万円、日本情報調査には「調査研究費」の名目で年間約2億円が交付金から支払われた。驚くのは13年分の自由企画への支出だ。たった一日(2月28日)だけで約15億3192万円が交付金から「宣伝広報費」の名目によって支払われていた。

 自民党はこんなムチャな支出を政党助成制度が始まった1995年から延々と続けてきた。14年までの20年間で身内2社への交付金の投入額は、計193億円以上に達する。断っておくが、これらの原資は全て国民の税金だ。

 身内企業に巨額の税金が流れている実態について、自民党幹事長室は本紙の取材に「信頼ある専門会社と業務提携している。『身内企業に税金を還流』との指摘は全く当たらない」とコメント。

 安倍首相の政治団体は過去に政治資金からキャバクラに支出。麻生財務相は「元愛人」と報じられた女性経営者の店に政治資金で夜な夜な入り浸っている。政権のツートップがデタラメだけに、自民党に自浄能力を求めるだけムダ。国会の会期末まで残りわずかとはいえ、野党もこの問題が参院選の争点になるように徹底追及すべきだ。

☆☆☆

トヨタは平均1.2億円 大手企業役員“配当金長者”最新20人

2016年5月20日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/181643/1

(右上から)ソフトバンク孫社長、ファーストリテイリング柳井社長、トヨタ豊田社長(C)日刊ゲンダイ

(右上から)ソフトバンク孫社長、ファーストリテイリング柳井社長、トヨタ豊田社長(C)日刊ゲンダイ

 サラリーマンにはうらやましい限りだ。トヨタ自動車が2016年3月期に支払う役員賞与(ボーナス)は総額11億558万円で、1人平均は1億2300万円になるという。

 トヨタの純利益は2兆3126億円と3年連続で過去最高益を更新した。空前の決算だけに、ボーナスも超高額なのだろう。

 トヨタをはじめ、大手企業の決算発表がほぼ出そろい、同時に株主へ支払う配当金が明らかになった。たとえば、トヨタは1株当たり年間210円(中間100円、期末110円)だ。豊田章男社長はトヨタ株を465万275株保有する。受け取る配当金は9億7655万円とベラボーだ。

 とはいえ、上には上がいる。ソフトバンクの孫社長は93億4800万円、ファーストリテイリングの柳井社長は80億4300万円、ミクシィの笠原会長は53億6109万円、タレントの紗栄子と熱愛が報じられたスタートトゥデイの前澤社長は24億4165万円の配当金を手にする。

 主な経営者(元社長など含む)を対象とした配当金トップ20は別表の通りだ。

「配当金は少なくとも約20%の税金を取られますが、毎年、数億円を得られます。配当金長者は創業家が中心でしょう」(市場関係者)

 確かに日本電産の永守社長や京セラの稲盛元会長、楽天の三木谷社長など創業者がズラリと並んでいる。

■「パナマ文書」に名前あったセコム・飯田最高顧問は5億円超

 トップ20にはランクインしなかったが、「パナマ文書」に名前があったとされるセコムの飯田最高顧問も創業者で、配当金は5億8320万円。お家騒動で世間を騒がせたクックパッドの創業者・佐野氏も4億6580万円の配当金だ。

 引退の決まったセブン&アイのカリスマ・鈴木会長は4億5110万円、創業者(伊藤雅俊氏=配当金は14億円以上)の次男・順朗氏は2億6970万円だ。

 日産ゴーン社長の配当金は1億円台と地味だが、役員報酬は毎年10億円を超す。

 サラリーマンの生涯賃金は2億~3億円。その数倍を配当金という“打ち出の小槌”で、たった1年で得られるとは……。タメ息しか出てこない。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 May 20
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

3D Mercury Transit (3D 水星の太陽面通過)

Image Credit & Copyright: Stefan Seip (TWAN)

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート85±10、体温35.8℃で安定中。

他は変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中