<中間貯蔵>用地交渉支援を 地権者会要望 ※名産のホッキ貝漁が再開 福島・相馬沖で試験操業 ※共産 小池氏「消費増税再延期はアベノミクスの破綻」※ 佐賀県教委、給与訴訟に「圧力」

hosi@hosinoojisan

<中間貯蔵>用地交渉支援を 地権者会要望

名産のホッキ貝漁が再開 福島・相馬沖で試験操業

共産 小池氏「消費増税再延期はアベノミクスの破綻」

佐賀県教委、給与訴訟に「圧力」 「管理職登用にマイナス」発言

 

今日は、何故か、起きていても頭が廻らなかった。

時間になったので、今日は、記録のみに留めたい。

以上。

 

<中間貯蔵>用地交渉支援を 地権者会要望

2016年06月03日金曜日 河北新報

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201606/20160603_61001.html

 原発事故で発生した除染廃棄物の中間貯蔵施設(福島県大熊町、双葉町)を巡り、地元の地権者組織「30年中間貯蔵施設地権者会」(門馬幸治会長)は2日、用地交渉に対する支援を求める要望書を大熊町と町議会に提出した。

 環境省と計11回続けてきた団体交渉では、契約書などを巡り協議が難航。要望書では、(1)2045年までに原発事故前の状態で土地を返還することなどを盛り込んだ、地権者会提示の契約書で合意するための支援(2)建設予定地の町有地を売却せず、今後も町が所有する-ことなどを求めた。

 渡辺利綱町長は「内容を精査し、交渉が前に進むように対応したい」と話した。地権者会は同日、双葉町にも同様に要望した。

☆☆☆

名産のホッキ貝漁が再開 福島・相馬沖で試験操業

2016/6/3 11:36 共同通信

http://this.kiji.is/111286997602239989?c=39546741839462401

画像 

試験操業が始まり、水揚げされたホッキ貝=3日午前、福島県相馬市の松川浦漁港

 福島県沿岸北部の相馬市周辺の沖合で3日、名産のホッキ貝の試験操業が始まった。東京電力福島第1原発事故で自粛していたこの海域のホッキ貝漁は、2011年1月以来の再開となる。

 この日の午前8時45分ごろ、漁船が港に戻ると、20センチほどのホッキ貝がかごいっぱいに詰め込まれ水揚げ。同県新地町の漁師鈴木操さん(67)は「ホッキ漁ができる日を待ち望んでいた」と笑顔で話した。

 福島県沖では、放射性物質を取り込みにくい魚種や海域に絞って試験操業を実施。県は15年から相馬市などの沖合でホッキ貝を検査、放射性物質は検出されず、漁場の整備も終えたことから再開が決まった。

☆☆☆

共産 小池氏「消費増税再延期はアベノミクスの破綻」

6月3日 20時19分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160603/k10010545581000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_003

共産 小池氏「消費増税再延期はアベノミクスの破綻」

共産党の小池書記局長は、夏の参議院選挙に向けた党の会合であいさつし、消費税率引き上げの再延期は、アベノミクスの破綻の表明だと批判したうえで、参議院選挙では、自民・公明両党と対じして議席の上積みを目指す考えを示しました。

この中で、共産党の小池書記局長は、消費税率引き上げの再延期について、「経済失政とアベノミクス、消費税増税路線の破綻ということの表明にほかならず、本当に無責任極まる態度だ。破綻したアベノミクスのエンジンを吹かせるなんてことをやるならば、ますます日本経済は破滅の道を突き進むことになる」と批判しました。

そして小池氏は参議院選挙について「全国で32ある『1人区』すべてで野党が統一候補を立てたことで、自民・公明両党対、野党と市民の連合の一騎打ちという選挙になる。比例代表で850万票以上を獲得し、9人の当選という目標を実現させるとともに、すべての選挙区で勝つための戦いを進めていきたい」と述べました。

☆☆☆

佐賀県教委、給与訴訟に「圧力」 「管理職登用にマイナス」発言

2016/6/4 02:00 共同通信

http://this.kiji.is/111509887665897478?c=39546741839462401

 政府の要請で給与をカットしたのは違憲として、佐賀県の教職員らが県と国を相手に起こした訴訟を巡り県教育委員会の担当者が、原告が加入する職員組合に「県を訴えるのは管理職登用にマイナス」と干渉する発言をしていたことが3日、分かった。500人余の原告のうち15人が訴えを取り下げ、組合は「組合活動の自由を侵害する圧力」と反発している。

 県教育庁教職員課の福地昌平課長は取材に、発言の事実を認めた上で「裁判から下りるよう求める(直接的な)発言はしておらず、圧力には当たらない」と述べた。

当方注:

県教委の発言は、「圧力」そのものである。

直接的な暴力や、制度的な強制力を回避し、相手の意思に反して「自身の意図を実現する」ために行使される力そのものである。

「労基法違反そのもの」と言っておきたい。

☆☆☆

おおさか維新から出馬 田中康夫氏の当選確率と本当の狙い

2016年6月3日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182653

下地衆院議員のパーティーで(C)日刊ゲンダイ 

下地衆院議員のパーティーで(C)日刊ゲンダイ

 作家の田中康夫氏(60)が7月10日の参院選に、東京選挙区から出馬することが分かった。おおさか維新の公認候補になる予定だ。維新の関係者がこう言う。

「昔から仲がいい維新の下地幹郎衆院議員から声をかけられたようです。リベラルな田中康夫さんと極右イメージの維新とは合わないように見えますが、橋下徹さんが引退した後、党内から強いカラーは消えている。田中さんも違和感はないのでしょう。出馬するかどうか迷っていたが、夫人に背中を押されたようです」

 長野県知事を務めた後、「新党日本」を立ち上げて2007年、参院比例区で初当選、09年衆院選では兵庫8区から出馬して当選している。それなりに政治経験と知名度はあるが、果たして当選の可能性はどのくらいあるのか。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

6人区の東京選挙区は、すでに自民の中川雅治氏、公明の竹谷とし子氏、民進の蓮舫氏、共産の山添拓氏の4人は、ほぼ当選確実です。田中康夫さんは残り2議席を、民進の小川敏夫氏と、まだ決まっていない自民の2人目と争うことになるでしょう。自民党が誰を擁立するかによりますが、当選する可能性は高いと思います。田中さんも、当選確率を計算して立候補するはずです」

■舛添知事を辞任に追い込む

 ただ、本人の最終的な狙いは都知事らしい。東京選挙区から出馬するのも、その布石とみられている。

「都民から信頼を失った舛添知事は、いつ辞任に追い込まれてもおかしくない。自民党都議団も“ポスト舛添”が見つかれば、いつでも舛添知事を切り捨てるつもりです。長野県知事をやっていた田中康夫さんは、もう一度、首長になりたいと思っている。唯我独尊の本人の性格を考えても、参院議員よりも首長の方が合っています。実は、猪瀬さんが知事に選ばれた都知事選の時も、田中康夫さんは候補者として名前が挙がり、自民党都議団が接触していた。東京選挙区から参院議員に当選したら、都知事のポストは近づく。結果的に、田中康夫さんが舛添知事を辞任に追い込む刺客になる可能性があります」(都政関係者)

 田中康夫氏が当選するかどうか、一番気にしているのは舛添知事かも知れない。

■東京選挙区有力候補者

自民 中川 雅治(69・現)
公明 竹谷とし子(46・現)
民進 蓮 舫  (48・現)
民進 小川 敏夫(68・現)
共産 山添 拓 (31・新)

☆☆☆

1人区の勝敗は? 参院選「自公vs野党」激戦14選挙区の行方

2016年6月3日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/182772

統一候補がくさびを打ち込み全勝も(写真左下から島尻、岩城両大臣)/(C)日刊ゲンダイ

統一候補がくさびを打ち込み全勝も(写真左下から島尻、岩城両大臣)/(C)日刊ゲンダイ

 いよいよ、各党とも来月10日の投開票日に向け、本格始動。参院選の「最大の注目」は、全国32の1人区で繰り広げられる「自公VS野党統一候補」の勝敗の行方だ。過去の戦いを振り返ると、与党が前回(2013年、31区)は29勝、前々回(10年、29区)も21勝で圧勝しているが、いずれも野党乱立による“自滅”が原因だった

しかし、今回は野党共闘が進み、各地でがっぷり四つ。1人区で自公にくさびを打ち込むことができれば、複数区の野党候補にとっても追い風になるのは間違いない。

■現職2閣僚が落選危機

「4月末の衆院北海道5区の補選で、野党統一候補が与党候補に約1万2000票差に迫る大健闘を見せたのが大きかった。あれで一気に統一候補への期待が高まりました。もともと参院1人区は保守系ガチガチの地盤が多い。その与党に対峙する野党共闘の受け皿ができただけでも意味は大きい」(立憲デモクラシーの会有志で上智大教授の中野晃一氏)

 こうした野党共闘の動きに対し、与党は「野合」などと批判しているが、それだけ脅威を感じている証左でもある。

「自民党が野党候補の一本化に焦っているのは間違いない。党本部は事前の世論調査で、野党に負けるかもしれない『重点区』として、青森、岩手、山形、宮城、福島、新潟、長野、山梨、滋賀、三重、大分、沖縄の12区を挙げています。さらに『準重点区』で秋田、奈良、岡山、徳島・高知、愛媛の5区を名指しし、今後、小泉進次郎といった知名度の高い議員をガンガン現地に送り込む方針を示しています」(与党担当記者)

 別表は、政治評論家の野上忠興氏による現時点での1人区の与野党の情勢分析だ。野党優勢とみられるのが、岩手、長野、滋賀、沖縄の4選挙区。やや優勢、あるいは「五分五分」の激戦になっているのが青森、宮城、秋田、山形、福島、新潟、山梨、三重、奈良、岡山、徳島・高知、愛媛、長崎、大分の14選挙区だった。あらためて野上氏がこう言う。

「今のところ、福島の岩城光英法相と沖縄の島尻安伊子沖縄北方相は落選の黄信号がともっていると言っていい。現職閣僚の落選は安倍政権も避けたいでしょうが他でも与党が厳しい戦いを強いられている選挙区があります。例えば青森の田名部匡代氏は元衆院議員で父親も元参院議員と、地元の知名度はバツグン。愛媛の永江孝子氏も元衆院議員で後援会組織がしっかりしている。いずれも単なる野党一本化のために擁立された候補ではなく、知名度も実績もある人物。与党も相当の危機感を持っています」

 ほかの選挙区でも野党候補を支援する雰囲気が広がりつつあるという。東北地方ではTPP(環太平洋経済連携協定)に反対する農家の自民離れで野党有利の流れが加速。山梨では、輿石東参院副議長が支援し、子育て支援のNPO法人の役員を務める宮沢由佳の女性人気が高まっている。

「各選挙区とも、与党に一矢報いてやろうと、皆、盛り上がっています。こうした機運がさらに高まり、市民運動が活性化することを期待したい」(中野晃一氏)

 うまくいけば、激戦区の野党「全勝」も夢じゃない。

☆☆☆

FIFA元幹部、計86億円超の収入=ブラッター前会長ら

(2016/06/04-01:19)JIJICOM

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060400032&g=spo

 【ロンドン時事】国際サッカー連盟(FIFA)は3日、内部調査の結果として、ブラッター前会長ら元幹部3人が、昨年までの過去5年間で計7900万スイスフラン(約86億円)以上の収入を受け取っていたと発表した。残りの2人は前事務総長のバルク氏と、前事務総長代理のカットナー氏。FIFAはこの疑惑をスイス当局に通知した。
FIFAによると、ブラッター氏らは年俸を増額し、ワールドカップ(W杯)開催に伴う報酬などを不当に上げていた。ブラッター氏は不正支出の疑いで資格停止処分を受け、2月に退任。バルク、カットナー両氏は既に解雇されている。
AFP通信によると、スイス当局は3日、一連のFIFA汚職疑惑に関する捜査の一環として、2日にチューリヒにあるFIFA本部を捜索したと発表した。 

☆☆☆

貧困な発想⇒陸自エンブレム

陸上自衛隊の新エンブレムに刀 こわもてイメージに

2016年6月3日 東京新聞 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201606/CK2016060302000121.html

写真

 陸上自衛隊は初めて公式エンブレムを採用し、ホームページなどで使い始めた。日の丸を中央に配し、これを日本刀で守るこわもてのデザイン。題して「桜刀(さくらかたな)」。海外での武力行使を認めた安全保障関連法の施行に合わせたのか-。

 これまでは「守りたい人がいる陸上自衛隊」のキャッチフレーズとともに人に見立てた日本列島を手のひらで包むシンボルマークを使ってきた。人と国土を守るメッセージが込められていたが、エンブレムからは人が消え、日の丸に象徴される国家を守る印象を強めている。「手のひら」から「日本刀」への変化も象徴的だ。

 陸自のシンボル桜星を下段中央に置き、「陸自が前進する姿を国鳥であるキジの翼でイメージ化」(陸自ホームページ)したという。

 陸上幕僚監部広報室は「これまで陸上自衛隊には儀礼上、海外の軍人と交換するメダルなどエンブレム入りの贈答品がなかった。今後は陸自のシンボルとして国内外で活用していきたい」と説明する。

 一方、シンボルマークは、自衛官募集などに使い続けるため、ソフトなイメージにあこがれて採用された新隊員は入隊後、こわもてのエンブレムと向き合うことになる。 (編集委員・半田滋)

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 June 3
See Explanation.  Clicking on the picture will download
 the highest resolution version available.

NGC 4631: The Whale Galaxy (NGC4631:クジラ銀河)

Image Credit & Copyright: Martin Pugh

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート85±10、体温36.7℃で安定中。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中