多数の甲状腺患者発見したため、検査を縮小?「矛盾した主張」※ 福1原発事故 国と東電は責任とれ 生活奪われた 避難者訴訟 10人陳述 ※柳沢協二さんのウオッチ安保法制 犠牲出てもやめられない

hosi@hosinoojisan

多数の甲状腺患者発見したため、検査を縮小?と言う「矛盾した主張」

福島第1原発事故 国と東電は責任とれ 生活すべて奪われた 避難者訴訟 10人陳述

柳沢協二さんのウオッチ安保法制 犠牲出てもやめられない

進次郎氏、安倍総裁の任期延長論に「なぜ今か」

 

福島県、県小児科医会が奇妙な提言を行っている。

甲状腺検査で、患者が増えたから、検査を縮小しろと言う提言である。

原発事故から5年を経過し、テェリノブイリでは、甲状腺患者が増えた時期である。

当然、福島でも、同じ傾向を示すであろう。

患者家族の不安を理由にしているが、甲状腺癌発生を知らないで安心できるのであろうか? 否、逆であろう。

こんな逆立ちした主張をする医師達に医療をする資格があるのであろうか

ドイツナチスの大虐殺を黙認した事案と同じと主張しておきたい

---

南スーダンで、自衛隊員の命が危険にさらされようとしている。

柳沢氏によると、犠牲者が出ても辞められない体制だと言う事のようだ。

こんな、理不尽な関係は、無くすべきと言っておきたい

---

安倍総理の任期延長問題に対して、初めてNOと言う主張を小泉新次郎氏が発言した。

このことは、自民党内に、安倍一強体制に「矛盾」があり、マグマがたまっていると言う査証であろう。

噴火するのも時間の問題と言っておきたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

多数の甲状腺患者発見したため、検査を縮小?と言う「矛盾した主張」

甲状腺検査縮小も検討を 福島県小児科医会が要望

2016/8/25 19:28 共同通信

http://this.kiji.is/141480622388215816?c=39546741839462401

画像

要望書を提出する福島県小児科医会の太神和広会長(右)=25日午後、福島県庁

 東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べるため、福島県が県内の全ての子どもを対象に実施している甲状腺検査を巡り、県小児科医会(太神和広会長)が25日、検査規模の縮小を含め、検査の在り方を再検討するよう県に要望した。

 小児科医会は、これまでの検査で多数の甲状腺がんが発見されたことにより、検査を受けた子どもや保護者、一般の県民にも健康への不安が生じていると指摘

検査やその後の治療の進め方を巡り「一部見直しを含む再検討が必要」とし、関係機関に対応を求めた

 太神会長は、検査規模を縮小しても放射線被ばくによる影響の有無などを把握することは可能との認識を示した。

☆☆☆

もんじゅ存続、最後の機会 福井知事が文科相に要請

2016/8/25 19:50 共同通信

http://this.kiji.is/141495020200607753?c=39546741839462401

 原子力規制委員会が運営主体の変更を求めている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、同県の西川一誠知事は25日、「生かすか否かこれが最後の機会だ」と述べて、政府全体で問題解決に当たるよう求める要請書を松野博一文部科学相に提出した。

 要請書は、政府全体でもんじゅを含む核燃料サイクルに取り組むことや、原子力を学ぶ人材の減少に歯止めをかけるため研究用原子炉の整備を進めることなどを求めた。

 規制委は昨年11月、現運営主体の日本原子力研究開発機構は「もんじゅの運転を安全に行う資質がない」と判断、半年をめどに新たな受け皿を見つけるよう当時の馳浩文科相に勧告した。

☆☆☆

福島第1原発事故 国と東電は責任とれ 生活すべて奪われた 避難者訴訟 10人陳述

2016年8月25日(木) しんぶん赤旗

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-25/2016082514_01_1.html

写真

(写真)裁判所まで行進する原告団・弁護団=24日、福島市

 東京電力福島第1原発事故に伴う「ふるさとをかえせ・福島原発避難者訴訟」の第18回口頭弁論が24日、福島地裁いわき支部(島村典男裁判長)で行われました。原告本人尋問が行われ、2法廷に分かれ、10人が陳述しました。同訴訟は双葉郡8町村の586人が東電に対して起こしているもの。

 楢葉町の男性(81)は原発事故後2カ月、避難先を転々とする中で、体が弱って車いす生活となり、家族と別の介護付き住宅での1人暮らしとなり「毎日希望がない。東電は健康と生活を返してほしい」と訴えました。

 双葉町の男性(59)は賠償をめぐり避難指示区域とそれ以外の人との間に「壁」ができてしまったと指摘。「妻は職場がなくなり、娘は双葉町で看護師になるという夢がなくなり、家は朽ち果て、家族の生活すべてが奪われた」と告発しました。

 南相馬市の男性(48)は事故当時、小学校2年と4年だった娘が、避難と転校を重ねた苦しい生活について「覚えていない」と話していることについて「記憶が飛んでいるのか、忘れようとしているのか。精神的な影響が不安だ」と話し、富岡町の男性(72)は農業をし、つつましく暮らすという人生後半になってつかんだおちついた生活を壊されたことについて「国と東電は一刻も早く救済を」と述べました。

 楢葉町の女性(66)は、両親と苦労して開拓した地での自給自足生活について「あの生活がなくなってしまったと思うとつらくて…」と絶句。「あの人たちは(賠償金をもらっている)避難地域の人たちと言われなくなるようにならないと、避難は終わったとはいえない」と涙ながらに話しました

☆☆☆

進次郎氏、安倍総裁の任期延長論に「なぜ今か」

2016年08月25日 19時11分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160825-OYT1T50116.html?from=ytop_main2

 自民党の小泉進次郎農林部会長は25日の東京都内での講演で、安倍首相の党総裁任期の延長論について「なぜ今なのか分からない。急いで議論するべきことがそれか」と疑問を呈した。

 さらに、総裁任期は2018年9月まで残っていることを指摘し、「(政治状況が)2年後どうなっているか分からないではないか」と語った。自民党の二階幹事長は、総裁任期を連続2期6年までとしている党則を改正し、連続3期9年までとする方向で調整に入る意向を示している。

 小泉氏は、全国農業協同組合連合会(JA全農)が担っている生産資材の購入事業について「構造にしっかりとメスを入れなければならない」として、今秋にも全農改革に取り組む強い意欲を示した。

☆☆☆

柳沢協二さんのウオッチ安保法制 犠牲出てもやめられない

2016年8月25日 東京新聞 朝刊

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016082502000127.html

 安全保障関連法に基づく訓練開始の決定を受け、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)への派遣部隊が二十五日から訓練を始める。駆け付け警護が新たな任務として付与された場合の安全性について、柳沢協二さんに聞いた。

 ◇ 

 駆け付け警護は、自衛隊が武器を使って国連職員らを救出する場合、何が起きるのか誰にも想像できない。自衛隊はPKOの派遣先で、交戦状態に入った経験がないからだ。

 最悪の事態も想定しなければならない反撃されて隊員に犠牲が出たとき、それでも活動を続けるのか。「死んだからもうやめます」とは言えない。現地の状況が変わらない限り、永遠に関与していくことになる

 駆け付け警護で人に危害を加えることができるのは、自身の正当防衛や、警護対象の国連職員らが殺されようとしているのを防ぐ場合。実際問題として相手より先に攻撃することが必要だが、自衛隊は(本来的に)先制攻撃はできない。そういう部隊が駆け付け警護という任務をもって展開することが、現地の人や国連にとって迷惑でないのかも考えないといけない。

 私が小泉内閣の官房副長官補だった二〇〇四年に始まった自衛隊のイラク派遣の際、官邸や与党の幹部は「隊員には何とか銃弾を撃たずに戻ってきてほしい」と思っていた。

 駆け付け警護で命を懸けることの意味が問われている。「こういう国益がかかっている」という説明が政府からあり、それを国民が納得したのでなければ、犠牲者が出た場合に国民から大きな反応があると思う。 (聞き手・新開浩)

☆☆☆

「つまらない男」発言に批判、蓮舫氏本人も猛省

2016年08月25日 23時06分 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20160825-OYT1T50115.html?from=ytop_main3

 民進党の蓮舫代表代行が岡田代表を「本当につまらない男」と評した発言の波紋が広がっている。

 党内から「礼を欠く」などと批判が上がっており、代表選への影響を懸念する声も出てきた

 同党リベラル系の阿部知子衆院議員は自身のツイッターに「とても残念。人を揶揄(やゆ)したり、おとしめたりする言葉を代表選に出ようとする人が口に出すべきではない」と書き込み、蓮舫氏を批判した。

 蓮舫氏自身も発言を後悔しているようで、ツイッターに「言い方も含め本当にダメだと猛省してます」と記した。「つまらない」と名指しされた岡田氏は25日の記者会見で、蓮舫氏から電話で謝罪されたことを明らかにした上で、「妻に言われればショックだろうが、(蓮舫氏の)性格はよく分かっているのでショックはない」と擁護した。ただ、蓮舫氏を支持する議員からは「失点になった」(ベテラン)との声が出ている。

☆☆☆

さながら決起集会…“都議会のドン”一晩で3000万円集金か

2016年8月25日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/188476

パーティーで石原経済再生相と握手をする内田茂都議(C)日刊ゲンダイ 

パーティーで石原経済再生相と握手をする内田茂都議(C)日刊ゲンダイ 拡大する

 “都議会のドン”こと内田茂都議(77)が24日夜、千代田区のパレスホテルで「政治活動40年を祝い励ます会」と銘打った大規模な政治資金パーティーを開催した。参加者によると、マスコミを締め出した取材NGの“秘密のパーティー”は、まるで「決起集会」みたいだったらしい

 高さ7メートル、幅22メートルの巨大なガラス窓がある収容人数1500人のホールに集まった参加者は約2000人。パー券は1枚1万~2万円。わずか1日にして3000万円近くのカネを集めた可能性がある。

それだけ、ドンの祝福を欠かすわけにはいかないと考えた人がいたということだろう。

 “陰の総理”と呼ばれる菅義偉官房長官もそのひとり。来賓挨拶でトップバッターを務め、「内田さんとは10年来のお付き合い。地方選挙のイロハを教わりました」とヨイショ。続いて壇上に立った二階俊博幹事長は、ひとしきり小笠原空港建設の必要性を訴えてから、「人を助けるのが政治です。それを実践しているのが内田さん」と持ち上げた。

 他の主だった参加者は、石原伸晃経済再生相、丸川珠代五輪相、石破茂前地方創生相、細田博之総務会長、下村博文幹事長代行、片山さつき参院議員や平沢勝栄衆院議員……。

「そうそうたる顔ぶれが集まり、内田都議は終始ご満悦の様子でした。来賓から『ドンもいろいろありますが、ドンドン頑張って下さい』とダジャレを入れた祝辞があると、爆笑していました。もっとも、さすがはドン。自分の挨拶になると、顔を引き締め、『幼い時、弟が事故で知的障害になってね。政治の原点は人助けです』と熱弁を振るいました」(ある参加者) 

かえって不自然だったのが、小池都知事のストレートな話題がひとつも出なかったこと。ドンの祝宴当日、小池知事はちょうど、リオ五輪の閉会式から帰国した。

「パーティーには自民党都議や区議など、東京都連関係者と都庁幹部が勢揃いしました。冗談交じりに、小池都知事の悪口のひとつでも出てよさそうなのに、小池知事のコの字も出なかったのです」(前出の参加者)

 “ドン”が小池知事を意識し過ぎて、周囲が名前を口にすることすらタブーになっているのかもしれない。写真のようなご機嫌ヅラも、来月下旬に始まる都議会で鬼の形相に変わるのだろうか。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 August 25
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

Closest Star has Potentially Habitable Planet(最も近い星が居住可能な惑星の可能性⇒プロキシマ bは、4.25光年の距離)

Image Credit & License: Y. Beletsky (LCO), ESO, Pale Red Dot Team

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート70±10、体温36.9℃で安定中。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中