川内原発、即時停止応じず 鹿児島知事「極めて遺憾」 ※ロ大統領「北方領土歩み寄りを」 双方に妥協必要との認識 ※野党共闘「無しにできぬ」 共産の小池氏、前原氏に

hosi@hosinoojisan

川内原発、即時停止応じず 鹿児島知事「極めて遺憾」

ロ大統領「北方領土歩み寄りを」 双方に妥協必要との認識

野党共闘「無しにできぬ」 共産の小池氏、前原氏に

九電、川内1号機の定期検査申請 10月6日から運転停止

 

G20が開催されたが、アメリカのオバマ大統領が、レームダック状況のため、成功しなかったようえある。

ただ、中国の覇権主義的な状況がますます強まってきた点が特徴と言えよう。

いよいよ、中国の破たんが強まってきたと見るべきであろう。

国内では、東京都知事の動向が強い関心で見られている。

東京都政の「出鱈目ぶり」がますます明らかになって来たと言ってよい。

この面では、前進させてほしいものである。

---

九電の川内原発問題、この問題も、大きな矛盾を露呈することとなろう。

安倍アホ政権の下で、大きな変革が起こる状況が近づいていると言っておきたい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

川内原発、即時停止応じず 鹿児島知事「極めて遺憾」

2016/9/5 13:02 共同通信

http://this.kiji.is/145354283010573815?c=39546741839462401

画像

鹿児島県の三反園訓知事(右)に、川内原発の即時一時停止に応じないとする回答文書を手渡す九州電力の瓜生道明社長=5日午前、鹿児島県庁

 九州電力の瓜生道明社長は5日、鹿児島県庁で三反園訓知事と会い、要請を受けた川内原発(薩摩川内市)の即時一時停止に応じないとする回答文書を手渡した。10月以降の定期検査で原子炉容器の安全確認など県の要請を反映した「特別点検」を実施するとしている。三反園知事は「この回答は極めて遺憾だ」とし、再度の一時停止要請を検討するとした

 九電の瓜生社長は三反園知事との面会で「県民の不安を軽減するため、新たな対策を実施する」とし、理解を求めた。また、三反園知事が遺憾の意を表明したことに関して記者団に「厳しい言葉をいただいたと思う」と話した。

☆☆☆

九電、川内1号機の定期検査申請 10月6日から運転停止

2016/9/5 19:39 共同通信

http://this.kiji.is/145452681989783556?c=39546741839462401

画像

九州電力川内原発の1号機(左)と2号機=8月、鹿児島県薩摩川内市

 九州電力は5日、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の定期検査を10月6日から実施すると原子力規制委員会に申請した。12月11日までの予定で、その間は運転を停止する。鹿児島県の三反園訓知事が要請した即時一時停止には応じず、定期検査中に安全性を再確認する。

 検査では通常の点検項目に加え、原子炉容器内に異物の混入や変形がないかを水中カメラでチェックしたり、配管を支える装置にずれがないかを確認したりするなど、県の要請を反映した「特別点検」も実施する。

 2号機については、12月16日から来年2月27日まで定期検査を実施する計画。

☆☆☆

放射性物質対策で「新部局」 環境省、中間貯蔵・早期整備へ

2016年09月05日 08時00分  福島民友

http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160905-106277.php

廃棄物・リサイクル分野も含めた組織改編

 政府は来年度、東京電力福島第1原発事故で放出された放射性物質の汚染対策の加速化を図るため、環境省に新たな部局を設置することが、関係者への取材で分かった。放射性物質の汚染対策に特化した担当参事官室などを集約、課題に一元的に対応できる部局を構築し、中間貯蔵施設の早期整備の実現などを目指す。

 新部局の設置に当たっては、水・大気環境局内の放射性物質汚染対策(主に除染対策)、中間貯蔵施設の両担当参事官室、廃棄物・リサイクル対策部内の指定廃棄物担当参事官室などを集約するとみられる。除染で出た土壌などの廃棄物の減量、再利用の推進などに対応するため、廃棄物・リサイクル分野も含めた組織改編となる見通し。

 従来、環境省は自然環境保護や地球温暖化防止などの観点から、開発行為などを規制する役割を主として担っており、中間貯蔵施設の整備に向けた用地取得などの交渉ごとは不得意とされてきた。加えて原発事故後、特措法に基づいて担当参事官室が設置されたが、既存の部局に分散された形となった。

 自民、公明両党の東日本大震災復興加速化本部は、8月に政府に提出した「第6次提言」で、現行の体制について「発災後、議員立法で成立した特別措置法を実施するために急ごしらえで整備した体制」と指摘し、汚染物処理などの加速化に向け「推進体制の一元化・充実を図り、柔軟かつ突破力に満ちた解決力の向上を目指した組織改革を検討すべきだ」と抜本的な見直しの必要性を挙げた。

 これを受け、環境省は2017(平成29)年度概算要求に、汚染対策の「推進体制の一元化・充実などを図るために必要な措置を講じる」と組織改革を明示。組織改革で意思決定の迅速化などを図り、中間貯蔵施設の早期整備や帰還困難区域の環境回復など新たな課題に対応する。定員については、震災復興関連で本省に4人、福島環境再生事務所に49人の増員を求めている。

☆☆☆

ロ大統領「北方領土歩み寄りを」 双方に妥協必要との認識

2016年9月6日 00時53分 東京新聞

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016090501002156.html

 【杭州共同】ロシアのプーチン大統領は5日、20カ国・地域(G20)首脳会合が開かれた中国・杭州で記者会見し、日本とロシアの懸案である北方領土問題を巡り「袋小路を探すのではなく、互いに歩み寄ろう」と呼び掛け、双方に妥協が必要だとの認識を示した。

 同時に、平和条約締結後の色丹、歯舞2島引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言について「引き渡すと書いてあるが、どのような条件で引き渡すのか、主権がどうなるのかも書かれていない」と強調した。

 プーチン氏は、安倍氏が提案した8項目の経済協力を改めて高く評価した。

プーチン

 ロシアのプーチン大統領=5日、中国・杭州(タス=共同)

☆☆☆

G20:首脳会議が閉幕 成長維持を確認 自由貿易推進も

毎日新聞毎日新聞 2016年9月5日 22時38分(最終更新 9月5日 22時47分)

http://mainichi.jp/articles/20160906/k00/00m/030/098000c

 【杭州(中国)赤間清広、河津啓介】日米欧に新興国を加えた主要20カ国・地域(G20)首脳会議は5日、世界経済の成長を促すため、各国が結束しあらゆる政策を総動員する方針を盛り込んだ首脳宣言を採択し、閉幕した。鉄鋼などの過剰生産を巡り、主要国が参加して話し合う「国際フォーラム」の設置も盛り込んだほか、保護主義の拡大に懸念を表明し、自由貿易の推進を再確認した。

 首脳宣言では、世界経済の現状について「回復が継続しているが、成長は期待より弱く下方リスクが存在している」と指摘。持続可能な成長を達成するには、金融政策、財政政策、構造改革など「すべての政策手段を個別、または総合的に活用する」ことの必要性を強調した。

 中国製の鉄鋼製品に代表される過剰生産問題については、「世界的な課題」と強い懸念を表明。主な鉄鋼生産国が参加する「国際フォーラム」を設置し、問題解決にG20が積極的に関与する姿勢を示した。中国としては、国際公約という「外圧」を利用し産業の構造改革を加速させる狙いがあるとみられる。

 貿易については「あらゆる形態の保護主義への反対を再確認する」として、世界的に高まる保護主義的な動きに危機感を表明。貿易に有利になるよう自国通貨を切り下げる「通貨安競争」の回避も確認した。

 英国の欧州連合(EU)離脱に関しては、悪影響が世界経済に波及しないよう「経済、金融上の結果に積極的に対処する」とし、「英国がEUの緊密なパートナーであることを望む」と協力関係の維持を求めた。また、テロ資金対策や国際的な課税逃れ対策の強化も確認した。

☆☆☆

野党共闘「無しにできぬ」 共産の小池氏、前原氏に反発

2016年9月5日20時46分 朝日新聞

http://www.asahi.com/articles/ASJ955K4ZJ95UTFK00W.html?iref=comtop_list_pol_n02

共産党の小池晃書記局長は5日の記者会見で、民進党代表選に立候補している前原誠司元外相(54)が共闘を「リセットすべきだ」と発言したのに対し、「公党間の約束は重い。そう簡単に無しという話にはならない」と反発した。

 小池氏は、民進党岡田克也代表ら現執行部が他の野党と交わしてきた「国政選挙でできる限りの協力を行う」との合意について「1回、2回ではない。4回ぐらい確認している。だから無しにはできない」と強調。さらに「参院選での共闘が大きな効果を上げたことは共通の認識。そういう方向で議論は進んでいくだろう」と述べた。

☆☆☆

Star Size Comparison 2 (星のサイズ比較)

morn1415

https://youtu.be/GoW8Tf7hTGA

https://www.youtube.com/watch?v=GoW8Tf7hTGA

☆☆☆

「第9惑星」日米研究グループがすばる望遠鏡で探索へ

2016年09月05日 (月) NHK

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/

K10010670951_1609051933_1609051936_01_03.jpg

ことし1月、アメリカの研究グループが存在を予測した太陽系の新たな惑星「第9惑星」について、日本とアメリカの共同研究グループが、ハワイにある日本の「すばる望遠鏡」を使って実際に存在するのか、探索に挑戦することになりました。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 September 5
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available.

Spiral Meteor through the Heart Nebula(回転流星、ハート星雲上に通過)

Image Credit & Copyright: Roger N. Clark

☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート85±10、体温36.7℃で安定中。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中