伊方原発5キロ圏対象 乳幼児用ヨウ素剤配布始まる ※共産・小池晃書記局長、民進への不信感あらわ 衆院東京10区補選で ※自民議席「86減」の可能性 下村氏、次期衆院選で

hosi@hosinoojisan

伊方原発5キロ圏対象 乳幼児用ヨウ素剤配布始まる

共産・小池晃書記局長、民進への不信感あらわ 衆院東京10区補選で

自民議席「86減」の可能性 下村氏、次期衆院選で

選挙で民進3連敗 野田幹事長と連合はまるで“減票マシン”

「何をしでかすか」不安、「天皇との会見」は拒否すべきであろう

 

鳥取地震を受けて、伊方原発周辺自治体が、「ヨウ素剤」の配布を始めたようである。

今、地震学会では、伊方周辺でのマグネチュード「6」クラスの地震の危険性が指摘されており、このため、急いで、「ヨウ素剤」を支給に踏み切ったようである。

もし、鳥取地震並の揺れが発生した場合、伊方原発での電源が喪失されかねない。このため、事前に「ヨウ素剤」配布をした模様である。

この際、伊方原発の「休止」を要求すべきと主張しておきたい。

---

野党共闘拒否の「野田・連合」勢力が、国民的反発を受けている

民進党の「蓮舫・野田」戦略は、3連敗。

SNSを見る限り、彼らの戦略は、「崩壊」したものと見てよい。

民進党が、国民から支持を取り戻すためには、野田勢力や「連合」依存体質を改めない限り、明日はなかろう。

民進党の心ある人々が、「野田」勢力を「放逐」することを期待したい。

以上、雑感。

 

☆☆☆

伊方原発5キロ圏対象 乳幼児用ヨウ素剤配布始まる

2016年10月24日(月)(愛媛新聞)

https://www.ehime-np.co.jp/article/news201610243533

原発から半径5キロ圏内の乳幼児を対象に、ゼリー状の安定ヨウ素剤を事前配布した説明会=23日午前、伊方町湊浦

 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の放射性物質漏えい事故に備え、伊方町と県は23日、甲状腺被ばくを抑えるとされる安定ヨウ素剤で、乳幼児が服用できるゼリー状薬剤の事前配布を始めた。伊方原発から半径5キロ圏内に住む3歳未満児77人が対象で、説明会に出席した48人の保護者が受け取った。

 東京電力福島第1原発事故後に改定された国の原子力災害対策指針に基づくヨウ素剤の事前配布は、これまで原発半径5キロ圏内に居住する3歳以上が対象。乳幼児向けに事前配布できる薬剤はなく、事故時に薬剤師が粉末剤をシロップに溶かして服用させる計画だった。しかし、緊急時の迅速な対応に懸念があることから、今秋以降にゼリー状の薬剤を事前配布するよう国が決めていた

当方注:鳥取地震を受けて、急遽方針を変えたようである。

☆☆☆

リトアニア、反原発野党が第1党 建設困難に

2016/10/24 21:20 共同通信

http://this.kiji.is/163261024841629697?c=39546741839462401

 【モスクワ共同】バルト3国の一つリトアニアの中央選管は23日、9日と23日の議会選(定数141)の結果、反原発を掲げる野党の農民・グリーン同盟が現在の1議席から54議席に大躍進し、第1党になったと発表した。

 リトアニアには日立製作所が事実上受注したビサギナス原発建設計画がある。だが2012年の国民投票で建設反対が6割を超え、14年には液化天然ガス基地を設けるなどエネルギー事情が大きく変わり計画は進んでいない。今回の議会選を受けて一層難しくなる可能性がある。

 農民・グリーン同盟は与党、社会民主党が中心となった政府の汚職や雇用政策を批判し、支持を集めた。

☆☆☆

共産・小池晃書記局長、民進への不信感あらわ 衆院東京10区補選で

産経新聞2016.10.24 18:29更新  産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/161024/plt1610240033-n1.html

共産・小池晃書記局長、民進への不信感あらわ 衆院東京10区補選で: 共産党の小池晃書記局長(斎藤良雄撮影)

© 産経新聞 提供 共産党の小池晃書記局長(斎藤良雄撮影)

 共産党の小池晃書記局長は24日の記者会見で、23日に投開票された衆院東京10区補選をめぐる民進党の対応を厳しく批判した。

 小池氏は会見で、20日にJR池袋駅前で行われた野党4党の党首クラスがそろった街頭演説会に民進党候補が姿を見せなかったことについて「(演説会を開いた)市民団体は、民進党の候補者に演説会に来てほしいと要請したが、参加しなかった」と指摘。

 その上で「民進党は『できる限りの協力』と言っていたが、これは協力して選挙に臨む姿勢とはいえない。政党間の信義にも関わる問題だ。しっかり総括しないといけない」と強調した。

☆☆☆

補選惨敗で共闘練り直し=蓮舫氏、求心力に課題-民進・共産

(2016/10/24-19:58)JIJICOM

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102400751&g=pol

 民進、共産両党は24日、衆院東京10区と福岡6区両補欠選挙で一本化した野党候補の惨敗を踏まえ、それぞれ幹部会合を開いて野党共闘の練り直しに取り組むことを決めた。しかし、具体的な協力の在り方や個別政策をめぐっては、両党の間になお溝がある。また、民進党では初戦黒星となった蓮舫代表が求心力を維持できるかも焦点で、共闘の調整に影響が出る可能性がある。

 民進党の野田佳彦幹事長は24日の執行役員会で、「選挙の戦略は改めて議論し直す」と述べ、野党共闘の強化に向けて改善策を検討する意向を表明した。

 民進党内では、今回の補選で共産党が求めていた政策協定を結ばなかったことから、「中途半端な共闘だった」と反省する声が出ている。一方、共産党との連携強化には保守系議員を中心に慎重論が根強く、執行部も衆院選での共通公約策定に消極的だ。

 一方、共産党の同日の常任幹部会では、東京10区の民進公認候補が野党合同演説会に参加しなかったことなどから、民進党の共闘への取り組みは不十分とする意見が相次いだ。小池晃書記局長は記者会見で「政党間の信義に関わる」と述べ、民進党側に積極的な対応を促す考えを示した。

☆☆☆

民進、中途半端な共産との共闘見直し不可避 衆院補選「ステルス型」不発

2016.10.24 22:55更新 産経新聞

http://www.sankei.com/politics/news/161024/plt1610240046-n1.html

会見する民進党の野田佳彦幹事長=24日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

会見する民進党の野田佳彦幹事長=24日午後、国会内(斎藤良雄撮影)

 民進党が衆院東京10区、福岡6区の補欠選挙敗北を受け、共産党との共闘のあり方の見直しを迫られている。候補を一本化しながら保守層への浸透を狙い、政策協定の締結や推薦を断った「ステルス型共闘」の戦略が裏目に出たためだ共産党は「信義に関わる」(小池晃書記局長)と怒り心頭だが、次期衆院選まで残された時間は限られている。

 「候補を一本化した効果はあったが、(野党4党で合意した)『できる限りの協力』を改善する余地があるかは今後、検討する」

 民進党の野田佳彦幹事長は24日の記者会見で、補選での共闘を評価する一方、次期衆院選での選挙協力のあり方には言葉を濁した

 民進党候補は東京10区で今回約4万7千票を獲得し、民主党時代の平成26年から3千票増やした。ただ、投票率が下がったとはいえ、前回約2万8千票を得た共産党は候補を降ろしており、一本化が奏功したとは言えない。(当方:民進党が僅か一万九千しか取れなかったと言う事⇒蓮舫効果、全くなし

 不満を募らせるのが共産党だ。小池氏は24日の記者会見で「野党が本当の意味で心を一つに戦っているか。そこが有権者に伝われば、全く違う結果が出た可能性も大いにある」と述べ、民進党主導の共闘に異議を唱えた。

 さらに野党4党が補選の旗印にすることで合意した「安全保障関連法の廃止」などを民進党候補が訴えなかったことにも「確認したこととやったことがかなり違う」とかみつき、4党の幹事長・書記局長会談で真意をただす意向を示した。

 次期衆院選に向け、民進党は公認候補がいない85選挙区の対応を月内に決め、共産党との候補者調整に臨む考え。だが政策協定の締結や相互推薦を求める共産党は補選の敗北を受け、さらに態度を硬化させており、協議の難航は必至だ。 (清宮真一)

当方注:

野田のアホは、「県連」が言う事を「聞かなかった」と責任転嫁しているが、事実とは違う

連合と野田が、企んだ結果と言えよう。

確かに、だれが見てもアホとしか言いようのない「松原」なる人物もいるが、自民党、あるいは、連合や野田の『入れ知恵』無くしては、彼の頭では、このような「高等戦術」は考えきらないであろう

野田と言う男、バカを通り越した「アホ」と断定しておきたい。

共産党も、「候補者」が、努力しても改善が見られない場合、「新潟方式」に舵を切るべきかもしれないね。

☆☆☆

自民議席「86減」の可能性 下村氏、次期衆院選で

(2016/10/24 17:13カテゴリー:政治) 福島民報

http://www.minpo.jp/globalnews/detail/2016102401001740

 自民党の下村博文幹事長代行は24日、次期衆院選の小選挙区で自民党の獲得議席が、前回より86減る可能性があるとの見方を示した。党所属の若手衆院議員を対象に国会内で開いた研修会で、野党が候補者を一本化した場合の分析として明らかにした

 夏の参院選で各党候補者が得た票数を衆院選に当てはめて単純比較したと説明。その結果、2014年12月の衆院選小選挙区で自民党が得た223議席(追加公認を含む)が「137になる可能性もある」と指摘し、「地道に今からしっかり準備をしておく必要がある」と引き締めた。前回、全国11ブロックの比例代表議席は計68だった。

当方注:

これは、あくまで、新潟型「野党共闘」が成立した場合である。

言っておくが、野田や連合が主張する「ステルス型共闘」は、一切、認められないであろう

野党共闘を否定する「民進党候補者」はすべて落選することとなろう。

ステルス型よりも、「野党共闘」を前面に出すこと以外、民主党の未来がないことは、東響補選や福岡補選の結果が証明していると言っておきたい。

☆☆☆

選挙で民進3連敗 野田幹事長と連合はまるで“減票マシン”

2016年10月24日 日刊ゲンダイ

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/192436

責任は重い(左から民進党の野田幹事長、連合の神津会長)/(C)日刊ゲンダイ 

責任は重い(左から民進党の野田幹事長、連合の神津会長)/(C)日刊ゲンダイ

 新潟県知事選の不戦敗に続き、衆院東京10区・福岡6区補選でも惨敗─―。蓮舫代表以下、新執行部体制になってから「3連敗」を喫した民進党。

相変わらず国民からの信頼回復にはホド遠い状況と言わざるを得ないが、あらためてハッキリしたことがある。「特A級戦犯」は、幹事長の野田佳彦元首相と、裏で揺さぶる「連合」(日本労働組合総連合会)という事実だ。

 党の要石である「幹事長」は、選挙時の候補者調整から支援体制の指示、資金面のバックアップ――と全てを取り仕切る「番頭」だ。

ところが、野田氏は東京10区、福岡6区でも“アリバイ程度”の演説に立っただけ。しかも、この期に及んでも、「これからも民進党は独自候補を出し闘う。現在、共産党との共闘は考えていない」とか寝言を言っていた。

新潟県知事選で「自主投票」となった民進以外の野党がタッグを組み、圧勝とみられていた自公を破った現実からナ~ンも学んでいなかったのだ

 これじゃあ、「大人の対応」をしてきた共産党が怒るのもムリはない。志位和夫委員長は都内で開かれた講演で、「国民の切実な願いに応えて一致点を見つけ、協力するのが政党間協力の当たり前の姿だ」と苦言を呈していたが、これがまっとうな政治家の見識だ。

■連合の地方組織は“開店休業”状態

 野田氏のケツをせっついているのが「連合」だ。神津里季生会長は、新潟県知事選で最終日に蓮舫氏が野党候補の応援に入ったことについて、「(自公候補を支援した)連合新潟にとっては、火に油を注ぐようなものだった」と批判。その上で、「国の原子力規制委員会で安全が確認され、地元住民の同意があるものは再稼働すべきだというのが基本的な流れ」と言っていた。まるで安倍政権の主張と同じだ。野田氏はそんな自公の“別動隊”と一緒に野党共闘を阻むことに力を注いでいるのだ

 だが、連合の「集票力」なんて幻想だ。地方組織は「開店休業」状態で、神津会長など一部の大企業に所属する幹部が「目先のカネ」に目がくらんで政権に擦り寄っているのが実態だ。新潟県知事選と、衆院補選を密着取材したジャーナリストの横田一氏がこう言う。

知事選で野党が勝利を収めた教訓は、うまく共闘できれば連合の支援は不要ということ。補選でもその流れを引き継ぐべきだったのに、民進が連合に配慮して野党そろい踏みとはなりませんでした。野田幹事長が単独で応援演説していましたが、有権者の反応は冷めていて、まるで『動く減票マシン』でしたね」

 民進党が安倍政権を倒すには、野田氏のクビを切り、連合と決別することが不可欠だ。

☆☆☆

「何をしでかすか」不安、「天皇との会見」は拒否すべきであろう

比ドゥテルテ大統領 「南シナ海めぐる問題で日本と協力」

10月24日 22時04分 NHK

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161024/k10010742771000.html?utm_int=news_contents_news-main_005

比ドゥテルテ大統領 「南シナ海めぐる問題で日本と協力」

動画を再生する

25日から日本を訪問するフィリピンのドゥテルテ大統領は、24日、NHKとのインタビューに応じ、「国際的な問題で日本の判断を尊重する」と述べて、南シナ海をめぐる問題で日本と協力していく考えを示しました。

フィリピンのドゥテルテ大統領は25日から3日間の予定で日本を訪問するのを前に、24日、首都マニラの大統領府にあるマラカニアン宮殿でNHKの単独インタビューに応じました。

このなかでドゥテルテ大統領は、今回の訪問について「2国間の結びつきを強めるため日本に行く。これからもあたたかい兄弟のような関係を続けていきたい」と述べ、日本との関係構築に強い意欲をみせました。

また、南シナ海の問題については、「国際的な問題で日本の判断を尊重する。あらゆる問題で協力を続けたい」と述べ、日本と協力して平和的な解決を目指す考えを示しました。

当方注:

天皇と会見の際、チュウインガムを噛んだら、日本を侮辱する意図として、全ての契約を反故にすべし。

☆☆☆

Astronomy Picture of the Day

Discover the cosmos!

2016 October 24
See Explanation. Clicking on the picture will download the highest resolution version available. 

HI4PI: The Hydrogen Sky (HI4PI:水素の空) 
Image Credit:
Benjamin Winkel & the HI4PI Collaboration☆☆☆

妻純子の状況:

サチレーション100、ハートレート80±10、体温37.0で安定中。

他は、変化なし。

・・・・・本日は、これまで・・・・・

 

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中