加計問題を現役官僚が徹底討論!「財務省の陰謀」説も(参考資料)

加計問題を現役官僚が徹底討論!「財務省の陰謀」説も
横田由美子
バックナンバー一覧へ

印刷
A A

前文部事務次官の“暴露”まで飛び出し、炎上している加計学園問題。“政”と“官”の問題も取り沙汰される中、当の官僚たちはどのように捉えているのだろうか。当事者となった文部科学省を始め、財務省、経済産業省の現役官僚たちに集まってもらい、省内の雰囲気と、加計学園問題が及ぼす影響について聞いた。(ジャーナリスト 横田由美子)
──各省庁で、加計学園問題は話題になっていますか。
財務省 正直、メディアが話題にしているほど、官僚たちの間でこの話題は話されていない印象を受けます。もっと言えば、申し訳ないんですけど、どこか人ごとのような感じがあります。
“我が社”は、森友学園の国有地売却問題で、理財局長が大阪府への許認可要求を行ったことに対して、「忖度」があったのではと集中砲火を浴びました。また、最近では面談記録の廃棄問題ばかりか、森友学園の籠池泰典・前理事長側に立つ市民から訴訟も起こされています。でも、担当部局ではない若手なんかは本当に何も知らないから、「大変だなあ」という感じですね。
経産省 うちは、やっぱり森友問題がはじけたときから、結構、危機感がありましたね。というのも、安倍昭恵夫人付きの女性スタッフ5人の内2人が経産省からの出向者だからです。
この人選に、うち出身の今井尚哉政務秘書官が関与していたのではないかといった “飛び火”を警戒しています。省内には、「またお友達人事と批判を浴びるのではないか」「第一次安倍内閣同様に、ドミノ的に倒れるのでは」といった不安感が漂っています。

文科省は財務省のように
叩かれ慣れていない
文部科学省 今井さんは、安倍政権に骨を埋める覚悟ですからね。そのため経産省は、橋本(龍太郎)内閣以来の強大な“権力”を霞が関で握っている。しかし一方で、今井さんが飛ばされるなどの憂き目に遭ったり、政権自体が倒れたりするようなことがあったりすれば、財務省に形勢を逆転されてしまうのではないかと見られているようですね。
財務 いやいや、そんなことはないと思いますよ。ただ、菅(義偉)官房長官の記者会見は話題になっていますね。毎回、かなり険悪な雰囲気になっているだけでなく、最近では女性記者との言い合いが話題になり、ワイドショーでも取り上げられていた。この女性記者は、“女”を上げましたが。
経産 それこそ、塩崎(恭久)元官房長官の姿がデジャビュしましたよ…。
文科 でも、うらやましいですよ。文科省の場合は、正月の「天下り問題」から始まって、過去にこれほどまで話題になったことはないというぐらい連日叩かれていますからね。旧文部系と旧科学技術庁系とでは温度差があるのですが、今回は全て旧文部マターで、省内では立場が悪くなっています。ここまでくると、省内でこの問題について話すことはタブーに近い状態ですね。
財務 それにしても、「天下り問題」が発覚したとき、文科省、中でも旧文部系の体質の古さには驚きました。ここまで独特の閉鎖的な“世界”を築いていたとはあらためて驚愕しています。
経産 文科省はこれまで、財務省のように叩かれ慣れていないからじゃないんですか。申し訳ないけど、文科省ってのんびりと内輪だけでやってきて、それで許されてきた気がする。付き合う相手も学校関係者ばかりでしょう。その点、国交省など他の省庁は外の業者とも付き合わないといけないので、文科省のようにあからさまに規定に違反した天下りは絶対にないでしょう。
文科 まあ、文科省の体質は“個人プレー”に走りがちな経産省さんなどとは違いますし、目立つ人もいない。それこそ、前川さんが唯一の“大物官僚”だったぐらいですからね。
経産 その前川前次官ですが、加計学園問題は前川さんの暴露のせいで火を噴いた。せっかく天下り問題が沈静化し、森友問題も落ち着いてきたのに「なんで今?」というのが、霞が関での共通認識のように感じます。
内心、「よく言った!」と思う官僚も多いかもしれないけれど、「あの人、何なの?」と批判的に感じている人は少なくないはず。経産省出身で内閣府の藤原豊審議官のところまで火の粉が降りかかってきましたからね。

3〜4月なら分かるが
なぜ今のタイミングで暴露?
──経産省の方がおっしゃったように、「前川さんはなぜこのタイミングで暴露したのか」と、霞が関の多くの官僚が疑問に思っているんでしょうね。
経産 確かにそうですね。次官を退任したのは1月。懲戒処分が下ったのは3月です。普通に考えたら、3〜4月のタイミングで暴露するはずです。しかしこのときは、森友問題が燃えさかっていたときで、文科省幹部は加計に飛び火することを恐れていたんでしょう。なぜなら、「誰かがふたを開けてしまえば、森友より大問題になる」ということは、官邸周辺では周知の事実でしたからね。
財務 さすがは経産省さん。安倍さんの情報をじかに取れる今井さんから情報が降りてくるだけあり、「情報通」ですねぇ。でも、なぜ国会が燃えさかっていた4月ではなく、通常国会が終わる寸前の「今」なのか不思議でならない。通常国会が終われば、報道も東京都議会選挙一色になって、尻すぼみになるのは目に見えていたじゃないですか。
経産 組織票がかなり都民ファーストに流れて、「自民党がトリプルスコアで負ける」なんて話も出ているぐらいですからね。しかし、ここにきて、松野博一文科相が「加計学園の調査をする」と発表したのも、「話がここで終わる」ということを見越したからなんじゃないですか。「いつまで」という時期も明確に示していないし。
文科 きちんと調査はすると信じていますが…。
──こうした状況について、財務省は「内心いい気味だ」と思っているんじゃないんですか。安倍政権になってから、アベノミクスに代表される経済政策は、全て経産省主導になっていますから。官邸でも主席秘書官を経産省に握られて、暗躍する“隙”もないほど、財務省の存在感が薄れていましたし。
経産 そんなことないと思いますけど(苦笑)。とはいえ、財務省と官邸との距離は、かつてないほど「遠いものになった」と言われていますね。安倍政権以前の財務省は“一強”でしたから。
ところで、情報をリークした前川さんの情報源は、内閣官房の職員だと疑われていますよね。しかもそれが、「実は財務省からの出向者なのではないか」と、まことしやかにささやかれています。財務省さん、そのあたりどうなんですか。
財務 そんなの、ただのうわさですよ。それより、前川リークで最初に“得”をしたのは経産省なんだし、経産省さんの方が疑わしいんじゃないんですか?
森友問題では財務省も叩かれていますが、勤務時間中に国有地払い下げの件について財務省に確認を入れ、籠池泰典前理事長に返答FAXを送っていた中小企業庁経営支援課課長補佐の谷査恵子さんや、昭恵夫人付きの重松宏美さんら経産省の連中が、「公務」として動いたことは明らかですしね。
昭恵夫人の講演などにも「休日に私人として付き添った」と苦しい言い訳をしていましたが、休日でも総理夫人の付き添いとして動くなら上司の決済は必要ですから、あり得ないですよね。それこそ、そういった文書もまるごと「廃棄文書になったのでは」などとうわさになっていました。それが、前川リークによって、すっかり忘れられた感じがありますから、経産省としてはありがたいリークでしたよね。

官邸との距離や人事権の問題から
疑われてしまう財務省
文科 まあまあ、そんなに熱くならないで(苦笑)。
財務 どこかのジャーナリストが、背景に「清和会VS二階派の構図がある」と言っていましたが、どうなんでしょう。前川さんの実妹が中曽根弘文元文科相に嫁いでいることを考えれば、中曽根派の系譜に連なるので、二階派が裏で糸を引いているというは、ちょっと違うかなという気もするんですが。
文科 前川さんの暴露は、政治的な思惑と無関係だと思いますよ。単純に官僚としての“矜持”の問題だと、僕は信じています。
経産 でも、前川さんの場合は、再就職できなくても全くお金に困らないですよね。お家柄がいいから。だから報じられているように、ボランティアでの仕事もできるわけで…。そうなると、やっぱり政治的な動きが存在したのではないかと勘ぐられても仕方ないですよねぇ。
財務省は、最近、岸田派系との距離を急速に縮めていますよね。岸田文雄外相は、リーダーシップに欠ける印象が強いと批判は浴びていますが、次の総理候補の一番手。そうした機敏な動きを見るにつけ、やっぱり財務省が、裏で操っている感じがして仕方がないんですけど(笑)。
財務 確かに、「財政健全化」という意味では、“我が社”と岸田さんとでは考えが近いでしょうが、それ以上でもそれ以下でもありませんよ。私は、政治的な動きではなくて、「何か隠さなければならない重大なことがあった」から、この時期に前川さんは暴露したのではないかと見ています。「出会い系バーへの出入り」よりもっと大きな問題が背景にある気がしてなりません。あくまで憶測ですけどね。
──政治絡みでないとすれば、「人事」が背景にあって、財務省が動いたと考えられませんか。“政”と“官”、もっと言えば“官邸”と“霞が関”との関係は、3年前に設置された「内閣人事局」によって、やはり大きく変わりましたし。
経産 確かに、“一強”だった財務省の力がそがれたのは、今井秘書官などの「人」が原因なのではなく、幹部の「人事権」を官邸に奪われてしまったことにあります。
財務 実際、そうでしょうね。その影響で、“我が社”は力を失ったわけです。うちの幹部には、「官邸の手先として働いております」などと、自嘲気味にあいさつをする人もいるぐらいですからね。
経産 財務省さんは、着々と巻き返しを図っていますよね。菅官房長官も、財務省出身の秘書官をかなり重用していると聞いていますよ。それにしても、政権が現状のままだと、文科省幹部は今期もさることながら、来年の人事が心配でならないでしょうね。
文科 うーん…、答えに困りますねぇ。
財務 今年は、前川チルドレンたちも守られているように見えるけど、実際人事が発令されれば旧科技庁系が重用される、ということも十分あり得る話だと思いますよ。恐らく安倍政権はしばらく続きますからねぇ。

──“前川の乱”は、文科省の今後の人事に憂いを残してしまったと。
文科 おっしゃるように省内のパワーバランスは変わってしまうかもしれませんね。

以上、参考資料。

妻純子の状況:

安定中。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中